2017年04月24日

薀蓄好きのための格闘噺

夢枕 漠   毎日新聞社   2007.9
     2017.04.21.jpg

 格闘技好きの著者による格闘技の蘊蓄である。
 たとえば、当麻蹶速と野見宿禰の戦いは相撲の始まりといわれているが、戦いの様子を見ると、日本の総合格闘技の始まりではないか。
 古代オリンピックの格闘技は現代格闘技と同じではないか。柔術対柔道、グレイシー柔術、あるいは力道山対木村戦の徹底解説、プロレス、K‐1、PRIDE、さらにはルパン対シャーロック・ホームズの柔道対決など分析している。
「プロレスには八百長なし」こう言われて多くの人は「えっ」と思うのではないか。つまりプロレスは事前にどうするのか話し合われていて、そのストーリーによって動く(フェイクという)。つまり試合ではないので八百長は有り得ない。
 八百長とは建前は真剣勝負である試合にのみ存在する。だから、格闘技でフェイクをしたら、八百長である。
 力道山対木村の試合は、プロレスのはずが(つまりフェイクのはずが)、途中で力道山が格闘技を放ったので、木村が戸惑っているうちに、あのような結末になったとか。
 あるいは格闘技全盛時代の様子など。
 今では格闘技の地上波放送がほとんどない。無くなったのかな。わたしは見るのが好きだったので、残念ではあるが、試合を見に行くほどのファンではない。
posted by たくせん(謫仙) at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

醍醐寺2004年

醍醐寺(だいごじ)
 醍醐寺は世界文化遺産である。桜の名所でもあり、豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地として知られている。
 応仁の乱でほぼ全焼しているが、秀吉の頃から再建されている。
 東山のさらに東にあり、京都駅からは山科で乗り換えて、南北に走る地下鉄東西線で醍醐駅まで行き、東に向かって、800メートルほど歩く。まっすぐな道ではない。
 大きく上醍醐と下醍醐に分かれる。
 総門から入った辺りは三宝院などある地域。まずは上醍醐を目指す。

2004.1.1.01.jpg
 場所は特定できないが、枝垂れ桜である。もちろん秀吉の時代の桜ではない。
 総門を入った辺りは桜並木でもある。

2004.1.1.02.jpg
 場所は判らない。
 まず奥へと行った。三宝院の前を通り、仁王門を通ると下醍醐。金堂や五重塔を過ぎる。

2004.1.1.03.jpg
 上醍醐登山口とある。門の名はないようだ。図には載っていない。
 
2004.1.1.04.jpg
 弁天堂
 弁天堂を過ぎると、上醍醐への山道。

2004.1.1.06.jpg
 山道を登る。案内図ではとなりのようだが、説明では一時間とある。直線距離で1.3キロほど。

2004.1.1.07.jpg
 上醍醐不動の滝

2004.1.1.08.jpg
 登山といっても過言ではないだろう。文字通りの入山である。(^_^)

2004.1.1.09.jpg
 整備された歩きやすい道だ。

2004.1.1.10.jpg
 如意輪堂 1613年再建(重文)

2004.1.1.11.jpg
 開山堂 1606年再建
 醍醐寺は874年に、上醍醐に始まる。907年に上醍醐の伽藍が完成した。

2004.1.1.12.jpg
 薬師堂

2004.1.1.13.jpg
 准胝堂(じゅんていどう)
 1968年に再建した建物。2008年8月24日落雷の火災により焼失した。今はない。

   2004.1.1.14.jpg
 下醍醐に下る。

2004.1.1.16.jpg
 観音堂、昭和5年の建立なので、この地域では新しい。元は講堂であった。

2004.1.1.17.jpg
 伝法学院、修行道場である。
 仁王門では、10人を越える修行僧の群れに出会った。

2004.1.1.20.jpg
 五重塔
 951年建立、京都最古の木造建造物という。その頃下醍醐の伽藍が完成した。
 応仁の乱でも、この塔だけは火災を免れた。

2004.1.1.21.jpg
 金堂 1600年建立(紀州湯浅から移築) 国宝である。

2004.1.1.25.jpg
 三宝院は1115年の建立。
 唐門 国宝 2010年7月に修復されている。これは修復前の姿である。

2004.1.1.28.jpg
 襖絵、夜桜か。

 三宝院は庭園が良い。一人でゆっくり見ることができた。しばらくしたら係の女性が、「説明いたしましょうか」と言うのでお願いした。

 雨月茶屋で一休み、食事もしたかな。その近くで、初めて水琴窟の音を聞いた。

醍醐寺は真言宗醍醐派総本山
上醍醐のある醍醐山頂は標高450m
境内面積は7.27平方キロメートル以上という。
posted by たくせん(謫仙) at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

八ヶ岳1989年冬

八ヶ岳1989年冬

1989.3.11〜12
 冬に弱いわたしは、冬山の経験は3回しかない。これが3回目で、しかも山には登らず、麓を歩いたのみだ。
 美濃戸口から歩き、美濃戸山荘の前から北沢の道を歩き赤岳鉱泉に行った。翌日は行者小屋に行き、南沢を美濃戸に下った。登山というよりハイキングといった方が正しい。
参考地図
http://www.naganogakuren.net/tozanMap/saniki/05yastugatake/03akadake

 以下、写真を撮った位置はおぼろなので、細かい説明は省く。

 登山道ははっきりしている。

1989.03.10.jpg
 北沢を何度か横切った。

1989.03.14.jpg
 枯れ木の根元は氷が着いていた。水は流れている。
 赤岳鉱泉に泊まった。次の日も晴れていた。南へ行者小屋へ向かう。

1989.03.15.jpg
 赤岳。この連峰の主峰である。
 朝早く零下18度を体感した。登山靴の中まで冷え込んで靴を脱ぎたくなるほど。

1989.03.21.jpg
 硫黄岳。横岳の北。歩いている背中の方向になる。

1989.03.22.jpg
 大同心。このコースでは目立つ。

1989.03.26.jpg
 阿弥陀岳。縦走路から外れた位置、赤岳の西になる。

1989.04.02.jpg

1989.04.05.jpg
 大同心とはどんな意味だろう。

1989.04.07.jpg
 横岳。のこぎりの歯のような峰の形は判りやすい。

1989.04.10.jpg
 赤岳は見上げるだけで済ます。

1989.04.15.jpg
 南沢のコースを下る。

1989.04.16.jpg
 風のない穏やかな日であった。
posted by たくせん(謫仙) at 06:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 登山・ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

姫路城1984年

姫路城1984年
 姫路城は、別名の白鷺城で親しまれている。1993年にユネスコの世界遺産に登録されている。
 江戸時代初期に建てられた天守や櫓などの主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。建て直したものではない。
 現在の規模になったのは、関ヶ原の戦いの後に城主となった池田輝政による。
「姫路城跡」として国の特別史跡にも指定されている。
 2009年6月〜2015年3月にかけて、大天守保存修理工事が行われた。
 この写真はその修理の前である。といっても変わるわけではない。

1984-001.jpg
 ここから姫路城に入る。

1984-002.jpg
 大手門、戦の備えというより、権威を示す門構えだ。

1984-003.jpg
 三の丸跡、三の丸広場。

1984-004.jpg
 三の丸広場にはほとんど人がいない。

1984-005.jpg
 天守に近づく。姫路城は大天守と小天守3棟を四角く連ねた連立天守である。

1984-006.jpg
 姫路城の縄張りは複雑。天守閣までかなり距離がある。
 この日は天守閣に登ることができなかったので、内堀の外側を左回りに一周した。
 裏側は石垣ではなかった。

1984-008.jpg

1984-009.jpg
 五位鷺のようだ。昔から鷺が多かったらしい。

1984-012.jpg
 一周して、ホテルに引き上げる。

1984-015.jpg
 元日の朝、天守閣を目指す。

1984-016.jpg
 左の方から、ジグザクに登っていく。天守閣に背を向けることもある。

1984-017.jpg
 鉄砲狭間の階段。

1984-018.jpg
天守閣の下を回り込む。

1984-019.jpg
 天守閣の下を一周して出入り口に至る。

1984-020.jpg
 天守閣の西側西の丸跡など。

1984-021.jpg
 南側。三の丸広場と、その向こうの大通りは姫路駅の方角。

1984-022.jpg
 東南の方向。下の広場は備前丸跡。備前丸は姫路城の本丸にあたる。

1984-023.jpg
 三国堀は写っていないが、その向こうに天守閣。

 こう見てみると、天守閣に至る道は複雑で、攻めにくい。しかし、三の丸や西の丸に敵兵が満ちて、天守閣で守るようでは、負け戦で籠城戦にもならない。援軍が来るまでの時間稼ぎくらいか。
 現実的には、敵軍が山陽道を通るのを防ぐのが目的。常に大軍を擁したので、藩の経済的負担は大変だったらしい。
posted by たくせん(謫仙) at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする