2017年10月21日

建長寺

臨済宗建長寺派 大本山
巨福山建長興国禅寺(こふくさんけんちょうこうこくぜんじ)

 本尊が地蔵菩薩であるのは珍しい。
 建長5年(1253年)の創建で、鎌倉五山の第一位。

IMG_1213.JPG 案内図
 最初の門(外門)を通ると駐車場であった。この案内図は駐車場にあった。
 右側に赤い点線で囲まれて地域がある。修行道場で立ち入りは禁止である。
 
IMG_1214.JPG
 駐車場から総門を入る。

IMG_1221.JPG
 山門(三門)、円覚寺では山門を通るとき、中央に高い敷居があった。ここではそれを削って平らにし、通りやすくしてあった。

IMG_1222.JPG
 国宝の梵鐘、山門の脇にある。

IMG_1224.JPG
 この寺も柏槇(ビャクシン)の巨木が多い。

IMG_1225.JPG
 この崇山門内は立ち入り禁止、案内図の赤い点線で囲まれた地域である。

IMG_1231.JPG
 仏殿前の柏槇
 開山禅師のお手植えという。樹齢は約七百六十年。

IMG_1235.JPG
 仏殿
 この前で僧侶が団体の参拝者に、説明をしていた。わたしが聞いたときは徳川将軍家との関係など話していた。
 仏殿は1647年に芝の増上寺から移築した。

IMG_1244.JPG
 仏殿に入る。
 本尊の地蔵菩薩坐像。

IMG_1245.JPG
 天井や周りの絵はかなり傷んでいるようだ。

IMG_1250.JPG
 法堂(はっとう)
 他宗派では講堂という。修行の中心の建物であったが、現在は修行道場は案内図の赤い点線内の地域になっている。まあ寺全体が修行場ではあるが。

IMG_1254.JPG
 法堂に入る。
 手前の釈迦苦行像(レプリカ)は2005年にパキスタンから寄贈されたもの。
 付け加えれば、釈迦は、苦行は正しい修行方法ではないと苦行をやめ、中道を進むことになる。

IMG_1256.JPG
 天井画は新しい。小泉淳作筆の雲龍図。

IMG_1262.JPG
金ピカの唐門、この奥が方丈である。
禅寺にふさわしくないのは、芝の徳川秀忠夫人崇源院霊屋から移築したものだから。

IMG_1266.JPG
 法堂を横から。

IMG_1271.JPG
 方丈庭園

IMG_1279.JPG
 少し戻って、案内図の左側の道をさらに奥へ行く。
 図の外になる。突き当たりから山登りになる。

IMG_1283.JPG
 寒山拾得(かんざんじっとく)
 山登りの前に、少し広いところがある。そこにある碑の一つ。

IMG_1288.JPG
 半僧坊
 階段の道を登ると、半僧坊大権現にいたる。建長寺の鎮守である。1890年勧請という。建長寺は何度かの火災で創建当時の建物を失っている。徳川時代に徳川家の援助で再建した。そんな歴史を思わせる。
 左上に天狗、その他あちこちに烏天狗の像がある。
 このあたりが建長寺の最上部か。

IMG_1297.JPG
 半僧坊からさらに登る。勝上献、海抜145メートル。

IMG_1295.JPG
 建長寺を見下ろす。右上の四角い建物は鎌倉学園。
posted by たくせん(謫仙) at 08:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

円覚寺

鎌倉 円覚寺
瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)

 久しぶりの鎌倉、何十年ぶりだろうか。
 今更紹介するのも無用の有名観光地だが、歩いた記録だ。
 北鎌倉の駅で躓いた。前の人に続いて出たらなんと臨時改札口。地図ではそのまま右に行けば円覚寺だが、仕切りがあって行かれない。そのため駅をほぼ一周してしまった。

IMG_1135.JPG
 いよいよ円覚寺、臨済宗円覚寺派総本山。そうは言っても臨済宗の特徴などは一切知らない。
 鉄道が境内を横切る。ここまで来てようやく思い出す。

IMG_1139.JPG
 入り口から総門へ

IMG_1141.JPG
 山門(三門とも)
 この山門が一番知られているか。

IMG_1143.JPG
 仏殿
 中心の建物である。関東大震災で倒壊し、昭和39年(1964)に再建された。

IMG_1146.JPG
 仏殿に入る。まずは敬意を表して合掌する。

IMG_1147.JPG
 天井には見事な龍の絵がある。

IMG_1150.JPG
 仏殿で金澤翔子さんの書に出会う。若い女性ながら豪快な字を書く。一度お会いしたことがある。藤沢秀行先生の書展を見に行ったとき、別室で個展を開いていたのだ。

IMG_1152.JPG
 境内では、柏槇(ビャクシン)の巨木が多い。仏殿の前にも並んであった。おそらく開山時に植えられたもの。

IMG_1180.JPG
 この階段を上ると方丈。門は唐門(からもん)。

IMG_1176.JPG
 唐門の門扉

IMG_1166.JPG
 方丈前の柏槇(ビャクシン)。

IMG_1170.JPG
 方丈に入る。本来住職の住まいだが、多目的に使われている。

IMG_1173.JPG
 方丈庭園の一部。

IMG_1158.JPG
 方丈の外に出て、脇を通り上に行く。方丈庭園を脇から。右が方丈で、そちらから見るように設計されているはず。

IMG_1156.JPG
 妙香池(みょうこうち)
 2000年に、江戸時代初期の形に復元した。放生池(ほうじょうち)である。
 わたしは放生池を見る度に、そのために生き物を捕まえるのは目的に反するのではないかと愚考してしまう。

IMG_1163.JPG
 リスを見つけた。台湾リスかもしれない。

IMG_1183.JPG
 最後に高みにある鐘堂に登る。洪鐘といい国宝である。
 隣の弁天堂の脇で抹茶を頂く。

IMG_1192.JPG
 古い道、この左に新しい道がある。

 塔頭は十九ある。さすが大寺院。原則的に非公開である。
 今回は一眼レフカメラを持たずに行った。写真は全てiPadのカメラである。
posted by たくせん(謫仙) at 08:05| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

草津白根山から芳ヶ平

1997年10月。草津白根山から芳ヶ平方向へ下った。
フィルムを整理していて見つけた。
スキャナーにかけてみたら、案外はっきりしていて、当時を思い出した。
バスで白根山の峠まで行く。

1997.10.01.jpg
小さく見える建物は芳ヶ平ヒュッテ

1997.10.03.jpg

1997.10.04.jpg

1997.10.05.jpg
 芳ヶ平は湿原である。
 山は草津白根山

1997.10.06.jpg
 草津白根山は火山で、上部は植物が少なく荒れている。
 裾野はまばらな紅葉樹

1997.10.07.jpg
 これらの写真はポジフィルム、当時人気のあったフィルムだが、赤が濃く出やすい。
posted by たくせん(謫仙) at 16:31| Comment(0) | 登山・ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

賢帝と逆臣と

賢帝と逆臣と  小説・三藩の乱
小前 亮   講談社   2014.9
     2017.9.23.1.jpg
 康煕帝が八歳で即位し十五歳にして親政し、三藩の乱を押さえて三藩を取りつぶす話と、雲南の呉三桂が反乱せざるを得なくなる過程が、この小説の二つの軸である。
 それを李基信という架空の人物の視点で描く。
 わたしは鹿鼎記などで、この小説の舞台(時代)を知っているので、結論が先に見えてしまう。

 本書では康煕帝を中国史上最高の名君と評価する。康煕帝が権力を計画的に取り戻す話と、三藩を取りつぶす決断。それに税金を上げないことは評価できるが、それで史上最高の名君といえるかどうか。
 清朝は建国の荒事はその前のドルゴンの時代にほとんど済ましているので、それに乗った面もあるのだ。残ったのが三藩だった。
 明朝最大の実力者でありながら、雲南で滅ぶことになる呉三桂。この呉三桂を、明から清に寝返った将軍と見ている。だがその視線は冷たくはない。
 この呉三桂は決して明から清に寝返ったわけではない。
 李自成が明を滅ぼし、清と対峙している呉三桂を後ろから攻撃した。呉三桂は明を滅ぼした李自成に下るわけにはいかず、やむを得ず清に投降した。今回の反乱も、康煕帝の三藩取りつぶしの意思を知って、仕方なく反乱している。
 この中で、庶民は異民族支配を受け入れているのが興味深い。決して漢民族王朝でなければ、などとは思っていないのだ。そう思うようになるのは、異民族支配が非道になった時。
 そのことを理解している呉三桂は、長江から北上出来ない。漢民族というだけでは庶民はついてこない事を知っていた。
 呉三桂は異民族支配に反対しても、一般の人たちは、異民族支配を助けたのが他ならぬ呉三桂、ということを知っている。異民族支配に反対なら李自成に投降すべきだったのだ。

 呉三桂が先に三藩の協力をと思っているうちに、勝機を逃してしまう。
 結局滅ぶことになる。
posted by たくせん(謫仙) at 10:42| Comment(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

月に捧ぐは清き酒

月に捧ぐは清き酒 鴻池流事始(こうのいけりゅうことはじめ)
小前 亮   文藝春秋   2014.3
     2017.8.26.1.jpg
 山中新右衛門幸元。鴻池といえば大坂(大阪)の財閥だが、その始まりが、この人物である。なんと尼子一族の再興に生涯を捧げた山中鹿之助の息子とか。
 戦国の世に、山中新右衛門が武士をやめ、商人として生きていく感動の物語である。
 はじめ上質の木炭の販売を手がけ、それを横取りされると、酒の製造を始める。
 落語で、こんな話がある。
 不満を持った従業員が酒樽に灰を投入して逃げていった。それがなんと濁りが下にかたまり、清酒となっていた。これが清酒の始まりだ。
 この小説でも、途中で似た話が噂となった。だが山中新右衛門は放っておく。競争相手がそんな話を信じているようではうまくいかないと。

 徳川家が江戸を開発している。そこで、大坂で造った酒を江戸に運ぶ。ところが普通に運んでは痛んでしまう。その輸送にも苦心を重ねる。
 大坂では他の蔵と五分の味でも、江戸に持っていくと圧倒的な人気を得る。
 清酒造りの改革に成功し、物流の工夫も成功し、息子たちを分家したりして、大坂の財閥となる。
 特に幼なじみである妻のはなと、仲睦まじく協力していく様子は心が温まる。
 物を運ぶことは幸せを運ぶことだ。商人のこころである。
posted by たくせん(謫仙) at 11:55| Comment(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする