2017年11月18日

瑞泉寺

錦屏山瑞泉寺(きんぺいざんずいせんじ)

 永福寺跡をみて、瑞泉寺へ。開山は夢窓国師と伝わる。
 花の寺として有名らしい。

IMG_1530.JPG
 永福寺跡から少し歩くとこの道に出る。突き当たりが瑞泉寺の前門である。
 紅葉ヶ谷(もみじがやつ)と呼ばれる谷戸(やと)にある。

IMG_1531.JPG
 ここで拝観受付。
 正面が登り口になる。
 この寺は見たことがあるはずだが、全く思い出せない。

IMG_1536.JPG
 ここから登り始める。

IMG_1537.JPG
 ピントが合わず判りにくいが、左が古い参道、右が新しい参道。

IMG_1538.JPG
 山門 かなり高みにある。

IMG_1541.JPG
 門前に「吉田松陰留跡碑」がある。
 吉田松陰はここに住んだことがあるのか。

IMG_1544.JPG
 植え込みなど、どこか纏まりがない。

IMG_1545.JPG
 周りが整っていると、侘び住まい、と言う言葉を思い出す。

IMG_1554.JPG
 本堂の裏手。

IMG_1552.JPG
この左が、この寺象徴の岩庭。

IMG_1556.JPG
 岩庭 鎌倉に残る鎌倉時代唯一の庭園

IMG_1553.JPG
 岩庭 水はかなり汚れているように見えた。

IMG_1557.JPG
 この岩庭は夢窓国師の作として、国の名勝に指定されている。昭和45年に発掘復元した。
 これがわたしの記憶に合致しない。
 記憶では、花など全くなく、水も苔もなく、まるで月の世界を思わせるような、厳しいイメージであった。夢窓国師の作ということは覚えている。
 今では見る影もない。花もしろうとが適当に植えたようで、庭園のイメージではない。
 おそらく時間の経過で、記憶が変わってしまったのだろう。自分に興味の無い部分は忘れてしまい、印象深かったところだけを覚えているのだと思う。

IMG_1560.JPG
 このように所狭しと花木が植えられている。
 普通にある本堂の前の広大な空き地がこの寺にはない。寺というより庵のイメージがする。適度に市街地から離れ、修行するのにふさわしいのではないか。

IMG_1547.JPG
 この寺の住職は歌人という。
posted by たくせん(謫仙) at 15:51| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

明月院

福源山明月院(ふくげんざんめいげついん)

 紫陽花で知られた明月院である。
 1160年に前身の明月庵が創建されたと伝わる。史実は明らかでないが、1380年に禅興寺が創建され、その塔頭となるのでその前である。そのとき名前も明月院と改めた。
 山内上杉家の祖、関東管領・上杉憲方(1335−1394)は密室守厳を開山として、明月院を創建した。
 本体の禅興寺は明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っている。

IMG_1194.JPG
 入り口から入ると、この橋を通って参道にいく。脇に総門がる。

IMG_1197.JPG
 紫陽花の木が多く、花の時期の見事さが想像できる。
 突き当たりは山門である。

IMG_1198.JPG
 小さな山門を通る。

IMG_1200.JPG
 悟りの窓
 方丈の裏手が、丸窓に見える。裏の庭園は菖蒲の時季など、特定の時季しか見ることはできない。

IMG_1201.JPG
 方丈の前は枯山水の庭園になっている。なぜかマッチしない。
 紫陽花の時、菖蒲の時など、この寺の時季は、梅雨時とはいわないまでも、水の豊富な時季であることが心の中にあり、ここだけ枯山水に違和感を感じてしまう。
 枯山水は、水が無い所で水を表現する様式と考えているので、水の豊富な所だと無理しているような感じなのだ。

IMG_1206.JPG
 明月院やぐら
 かなり大きい。上杉慶方の墓と言われる宝篋印塔が祀られている。

IMG_1207.JPG
 開山堂(守厳堂)
 開山の密室守厳像が祀られている。
posted by たくせん(謫仙) at 09:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

報国寺

功臣山報国寺(こうしんざんほうこくじ)

 臨済宗建長寺派の寺院。境内に竹林があり、「竹の寺」ともいわれている。
 竹林があまりに有名だが、小庭園も劣るものではない。

IMG_1561.JPG
 報国寺への道は気持ちのいい歩道がついている。まもなく右に曲がり細い道を山門に至る。

IMG_1562.JPG
 山門は質素で趣がある。山門前から庭園が始まる。

IMG_1564.JPG
 山門を入ると庭園の中を歩く。見過ごしがちだが、この枯山水の庭もいい。

IMG_1565.JPG
 右側の石段は帰り道にした。

IMG_1566.JPG
 この階段を上がると、本堂前に出る。

IMG_1616.JPG
 本堂で合掌し、本堂裏の竹の庭へ行く。

IMG_1568.JPG
 ミニ庭園

IMG_1569.JPG
 わずかに石段を登る。

IMG_1570.JPG
 孟宗竹の竹林が広がる。
 この日はどういうわけか着物姿が多かった。駅近くで着物を貸し出ししているので、そこで着替えて来たのか。

IMG_1578.JPG

IMG_1579.JPG

IMG_1585.JPG
 ここで茶を頂く。茶の申し込みは庭園入り口で。

IMG_1598.JPG
 竹林を一周すると、右手奥に狭いながら普通の庭園がある。

IMG_1601.JPG

IMG_1603.JPG
「やぐら」といわれる横穴がある。やぐらの多くは墓である。報国寺の開基である足利家時や永享の乱で自刃した足利義久のものだと考えられている。やぐらの中には多数の五輪塔が置かれている。ここは立ち入り禁止。

IMG_1612.JPG
 山茱萸と黄色の彼岸花かな(?)。小さいながら美しい庭園である。

IMG_1613.JPG
 着物姿のふたりはいつも同時に自撮り棒を構えていた。

IMG_1620.JPG
 帰りはこの石段を下った。
posted by たくせん(謫仙) at 10:12| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

永福寺跡

浄土庭園の永福寺跡(ようふくじあと)

 永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂ともいわれた。
 源義経や藤原泰衡をはじめ、奥州合戦の戦没者の慰霊の為に建てられた寺で、建久3年(1192年)に本堂が完成した。応永12年(1405年)の火災ののち廃絶した。

IMG_1528.JPG
 南に(左)阿弥陀堂、中央に二階大堂、北に薬師堂。回廊で結ばれ、南北に翼廊があり、先端は釣殿となっている。
 浄土庭園である。中央が狭くなったひょうたん型の池があり、池の中央の狭い部分には橋がある。庭石があっても樹木はない。
 2017年6月つまり今年、整備が完了し公開された。
   http://www.bukenokoto-kamakura.com/yofuku-ji/cg.html にCGにより復元された永福寺の姿がある。

 十円銅貨の図である宇治の平等院も浄土庭園である。両翼のある鳳凰堂の前に池、そして前庭には樹木はない。
  http://www.byodoin.or.jp/ja/guide.html 平等院

 他には平泉の毛越寺(もうつうじ)も浄土庭園だった。

 鎌倉宮から少し歩く。

IMG_1507.JPG
 この道を行くと、「永福寺跡へ近道」の表示がある。

IMG_1508.JPG
 この道を通る。

IMG_1509.JPG
 狭くなってきた。右はテニスコート。この一部も永福寺の池の一部であると思われるが、調査は済んでいない。
 近道といってもほとんど変わらない。

IMG_1510.JPG
 敷地であり、建物の跡は基壇を設けて判りやすくしている。
 右手が池である。

IMG_1511.JPG
 水草が繁茂しているが、浄土庭園の特徴である池がある。

IMG_1512.JPG
 近道をせずに来るとこの先に出る。むしろそちらの方が近いか。地図では遠そうだが。
 この右がテニスコートで、池はそこまで広がっていたかもしれない。(未調査)

IMG_1516.JPG
 中央の二階堂の跡である。この名から地域名も二階堂となった。

IMG_1518.JPG
 ここが池のくびれているところで橋があった。

IMG_1519.JPG
 堂と池の間には樹木はない。

IMG_1520.JPG
 壇の隙間の向こうが北の釣殿の跡である。

IMG_1521.JPG
 ここから池に水が流れ込む。昔は遙かに水量が多かったという。

IMG_1526.JPG
 西北の高みから。

IMG_1527.JPG
 池の反対側から。堂は南北に連なり、東に池がある。東から西に向かって遙拝することになる。

 浄土庭園は、いわゆる日本庭園とは異なり、独特の雰囲気や表情をもつ。枯山水とも異なる。余計な飾りはないようでいながら、かなり手をかけている。
 浄土式庭園は、極楽浄土(西方)の阿弥陀が中心となるのが普通。ここでは南の堂が阿弥陀堂である。
posted by たくせん(謫仙) at 09:24| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

佐助稲荷神社

佐助稲荷

 源頼朝が挙兵の際に、翁姿に身を変じた神霊が夢枕に立ち、平家討伐をすすめたと言われる。佐助とは頼朝のこと。この故事から出世稲荷とも。

2017.10.31.jpg
 大仏の見学後、佐助稲荷へ向かう。

IMG_1429.JPG
 大仏トンネル脇の階段を上る。この上もしばらく急な階段を上るので、途中で立ち止まってしまう。
 ここから大仏ハイキングコースに入る。

IMG_1430.JPG
 上に上がれば、こんな穏やかな道だ。

IMG_1432.JPG
 佐助稲荷への分岐からまもなく、この下りになる。かなりの急坂である。

IMG_1433.JPG
 わずかな距離とはいえ、滑りやすく登山道の鎖場のようだ。手すりにつかまって三点確保でゆっくり下る。

IMG_1434.JPG
 佐助稲荷の本殿の前に出る。鳥居から中には入れない。

IMG_1435.JPG
 たくさんの狐と絵馬が並んでいた。

IMG_1436.JPG
 ここからは石段の道だ。下の建物は拝殿である。

IMG_1441.JPG
 グルーブの参拝者に出会う。

IMG_1440.JPG
 霊狐泉
 一瞬、令狐冲と読んでしまった。(^_^)

IMG_1446.JPG
 さらに参道を下る。

IMG_1447.JPG
 下社の前にこの表示がある。

IMG_1448.JPG
 下社
失礼ながら、わざわざ見に行くほどのところでない。その近所に行ったら立ち寄りたい。
posted by たくせん(謫仙) at 07:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

鎌倉大仏

大異山高徳院清浄泉寺(だいいざんこうとくいんしょうじょうせんじ)

 大仏の製作は、1252年に始まったという。何年かかったか。
 当初は大仏殿があった。大風と地震と津波で何度か倒壊している。1486年には露座であったことが判っている。というように、初期のいきさつはかなり曖昧である。
 関東大震災で基壇が1メートルも沈下した。近年基壇を免震構造にして、大仏も補強している。

IMG_1398.JPG
 こうして観光客が多い。

IMG_1400.JPG
 仁王門には大異山とある。地図には高徳院、清浄泉寺の名は知らなかった。 

IMG_1402.JPG
 仁王像、向かって左側。

IMG_1404.JPG
 阿弥陀如来座像(国宝)

IMG_1407.JPG
 像高約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)

IMG_1417.JPG
 横から見ると、頭部がかなり前に出て、少し下に向いている事が判る。
 また、数本の横線が見える。重ねていったのか。

IMG_1418.JPG
 大仏の前方。

IMG_1425.JPG
 胎内に入ることができる。そのための窓か。わたしは胎内には入らなかった。

IMG_1426.JPG


IMG_1428.JPG

IMG_1424.JPG
 観月堂
 大仏の後ろの塀の外側にある。この堂は2012年に寄贈され移築された。

IMG_1422.JPG
 与謝野晶子歌碑
歌碑も大仏の後ろの塀の外側にある。ほとんど人がいない。あれほどの人数が大仏を見ているのに。

IMG_1423.JPG
 与謝野晶子歌碑は見にくいので、その説明。

 かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな

 なお、「釈迦牟尼」とあるが、上にも書いたように鎌倉大仏は「阿弥陀如来」である。阿弥陀は「量りしれない寿命を持つ」の意味で、西方極楽浄土に住む。ついでにいうと、東方は浄瑠璃浄土(浄瑠璃世界)で、薬師如来が住む。
posted by たくせん(謫仙) at 13:41| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする