2018年04月15日

御衣黄

御衣黄(桜)
中川公園B地区4月10日
4.15一部訂正

 中川公園B地区へは、亀有駅から歩く。入り口まで600メートルくらいか。

IMG_2032.JPG
 この像は亀有駅の南側だが、公園は北側である。

P4109659.JPG
 A地区とB地区は少し離れている。
 御衣黄はまだ若木であり、目立たないので、そのつもりで探さないと見逃しがち。

P410967-1.JPG
 植物では、緑色の花は珍しい。御衣黄も咲き始めは緑だが、次第に花の中心付近が赤くなる。
 御衣黄という名前の由来は、貴族の衣服の萌黄色に近いため。

P4109670-1.JPG
 珍しい桜ではあるが、沖縄県を除く日本各地の100ヶ所以上で見ることができる。
 ということは、その程度の数しかない、珍しい桜だ。

P4109672-1.JPG
 判りにくいが八重咲きである。

P4109673-1.JPG
 ソメイヨシノより1〜2週間遅く咲くので、見るのは今からである。

 似た桜に鬱金(ウコン)がある。この公園にあるらしいが見つからなかった。
 鬱金は淡い緑の桜である。
 前に 東綾瀬公園の御衣黄(ギョイコウ) を紹介したことがあるが、あのときは、近くで見ることができず、残念な想いをした。今回は近くで見られたのでアップ写真ばかりとなり、全体像を写すのを忘れてしまった。
posted by たくせん(謫仙) at 11:06| Comment(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

足立区生物園5 テリムクドリ

2007年4月8日記
2014.4.14加筆訂正

足立区生物園の放鳥園には珍しい鳥がいた。
このテリムクドリはもちろん日本の鳥ではない。少し前に屋外でツキノワテリムクドリが見つかり話題になったが、それと同類らしい。検索してもツキノワテリムクドリばかりで、テリムクドリの話が見つからない。
terimukudori1.jpg
 目のまわりの黄色いリンクが目立つ。羽はカワセミのように輝いている。

terimukudori2.jpg
 このように木の枝に留まるのが普通だろうが、生態を知らない。

terimukudori3.jpg

 足立区生物園で週末の午後2時に、来館者が直接餌をやることができる。もちろん館員の用意した生きた虫である。こんなことも、こどものうちから慣れていると、抵抗感がなくなるだろう。わたしはどうも手が出ないが、触れないわけではない。
 場合によっては、手の上の虫を小鳥が直接啄む。こどもたちには結構人気がある。興味のある方試してみてください(^_^)。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 2018.4.14記
 鳥の寿命は短い。今では熱帯系の鳥は絶滅してしまった。
 放鳥園もなくなってしまった。
posted by たくせん(謫仙) at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立区生物園4 番外

2012年5月7日記
2012.4.14追記

 建物には、生物園のHPの説明にはない地下飼育室がある。
61P4104765.JPG
 エレベーターを使って降りる。一応説明文もあるので、入っていけないわけではない。今まで何回か降りたが、飼育員以外誰もいない。いつもわたし一人だ。もっとも入れるのはこれだけなので、興味がないと面白いところではない。

   …………………………
 以下はオージードームが放鳥園だったときに、多くの小鳥がいたころの写真、当時の小鳥は今はいない。
 それほど広いわけでもないのに、なかなか姿を見ることができなかった。今では小鳥が隠れていた樹がなくなって味気ない場所だ。オーストラリアの砂漠的。
 ちょうど餌の時間にぶつかり、こどもたちの手から直接餌をとる小鳥を見た。餌は生きている虫である。

 大部分は名を知らない。
 
80-31.jpg
 …   
81-37.jpg
 …
82-38.jpg

83-42.jpg  83-48.jpg

84-44.jpg

85-47.jpg

71-07.4.1 054.jpg  86-50.jpg
 ホオジロエボシドリ

 これでもかなり数が減っていた。鳥は一般に寿命が短い。

63-07.4.1 068.jpg
 テリムクドリ   雲外の峰−テリムクドリ 参照

87-60.jpg
 虫を食う花といわれる花カマキリ

27-057.jpg
posted by たくせん(謫仙) at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立区生物園3 屋外展示

2012年5月3日記
2018.4.14追加(下の方) 
屋外展示
 蝶の温室から出ると本館の2階で、荒川などの生物展示、そして売店もあり飲食して休むこともできる。目の前には一階から見上げた蝶のステンドグラスが横から見られる。

 二階の屋外(屋上デッキ)には人がいなかった。
30P4104740.JPG
 向こうの建物は最近openしたオージードーム、元の放鳥園を改造したもの。

31P4104739.JPG
 ほっとする空間。

40P4104746.JPG
 一階に下りて、外へ出る。トンボ池を中心とした多自然型庭園。
 手前を右手に行くと、オージードームがある。
  
41P4104747.JPG
 羊の毛を刈る職員。
 オージードームの手前にミニ牧場。野生の羊と違って、家畜化した羊は一年中毛が伸び続ける。何回かこうして毛を刈ってやる。

42P4104750.JPG
 オージードームの黒鳥や小鳥。

43P4104754.JPG
 パルマワラビー

 オージードームを出ると、人工の小川が流れていて、トンボ池に注ぐ。

50-kouen.jpg
 夏の小川 かなり前に撮ったもの。

51P4104758.JPG
 四月の小川 最近撮ったもの。遠くに見える、蝶の温室の青い柱で、同じ位置の写真と判る。

52-07.4.1.29.jpg
 春先のトンボ池、池にはオタマジャクシがいっぱいいる。

53P4104762.JPG
 虫が冬を越すための場所(夏でもいるだろう)。
 右手は枯れ草を積み上げて堆肥を作る小屋。

54P4104763.JPG
 昆虫ドームとなっている。前は蛍ドームだった。
 出会いの広場の脇の部屋で、夏に蛍を見られる。

 さて、出会いの広場に戻る。入ったときは監察展示室に入ったが、広場の反対側には、蛍の飼育を解説する部屋がある。

P4104698.JPG
 蛍を飼育しているので、蛍の時期を少しずらしたりして見ることができる。
 今は幼虫。
 前回見たときは、2メートルくらいの水辺の槽に暗幕をかけてあり、7分くらいかけて部屋を暗くして暗幕を開けた。

P4104700.JPG
 ホタルを育てるにはエサを育てよ!

P4104701.JPG
 日本の蛍三種

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2018.4.14追記

 梟は比較的新顔である。
P3279590.JPG
 2018年4月、初めて写真を撮れた。

P3279593.JPG
 見にくいが、ここが蛍の飼育場。

P3279591.JPG
 これはなにか。  
posted by たくせん(謫仙) at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立区生物園2 蝶の温室

2012年4月28日記
2018.4.14追加(下の方)
蝶の温室
 蝶の温室は、いつでも花が咲き蝶がいる。

19-uo.jpg
 蝶の温室でまず見るのは、滝壺を泳ぐ魚たち。

21tefutefu1.jpg
 オオゴマダラ
 この蝶が一番多かった。
  
22trfutefu2.jpg

20-07.4.1 049.jpg
 リュウキュウアサギマダラ

23-07.4.1 038.jpg
ツマベニチョウ

24-07.4.1 041.jpg
 リュウキュウムラサキ

24-063.jpg
 キチョウ

24-07.4.1 042.jpg
 これは不明。

29P4104736.JPG 横1000ピクセル
この表のおかげで蝶の名前が判った。どの蝶が見られるかは運次第(^_^)。

 花にも疎いので名を付けず並べていく。
25sandanka.jpg
 咲きはじめ

26-foa1.jpg
 真ん中の白いものが花で、ピンクの花びらのようなのは苞

27-066.jpg

27-069.jpg

27-070.jpg

28-07.4.1 043.jpg
花屋でおなじみ。
28-07.2.12.jpg
蕾の方が強烈な印象があった。

29P4104734.JPG
温室は一部は二階になっていて、階段で上へ行く。

28P4104737.JPG
2階から下を見る。

29P4104735.JPG
 ここは二階、温室内は南方の植物が多い。新木場の熱帯植物園とは比べられないが、入門にはなろう。
 わたしの場合、檳榔に引きつけられた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2018.4.14追加
P3279584.JPG
 この蝶の名は判らない。蝶は羽根の裏と表では模様が異なるので、一覧にある蝶かもしれない。

P3279582.JPG
 木の葉蝶
 枯れ葉に似せた擬態として知られている。しかし、そうではないという説もある。羽根を広げたときの模様は全く違うからだ。  
posted by たくせん(謫仙) at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立区生物園1 出会いの広場

2012年4月19日記
2018年4月14日一部訂正追加。

 足立区生物園は竹ノ塚駅から歩いて20分ほど。元淵江公園の一部である。
竹ノ塚駅からバスに乗ると、保木間仲通りでおりて、5分ほど歩く。ただしわたしはバスに乗ることは考えたことはなく、実際にどの程度の頻度でバスが通っているか知らない。
  生物園の入園料
個人 大人300円  子供 150円
団体 大人200円  子供 100円
このほか年間パスポートがある。大人1200円  子供600円
未就学児は無料
  開園時間
(2月〜10月)午前9時30分〜午後5時
(11月〜1月)午前9時30分〜午後4時30分
休園日、月曜日(祝日のときは翌日)年末年始(12/28〜1/4)
夏休み中は月曜日も開園
 生物園のHP 足立区生物園

 今まではHPで紹介していたが、ようやく加筆してブログに移すことになった。
 以下の記事は、今まで何度か足を運んだのをまとめたのであり、一度にこれだけ見られるわけではない。
 そのときそのときで、小さいながらイベントが行われていて、そのとき以外見られないものも多い。

1kouen.jpg
 元淵江公園の入り口
 あちこちから入れるので、ここは建前上の入り口ということに(^_^)。本来噴水のある浅い池であるが東日本大震災以後は水が涸れている。
 この付近ではいつも縁台将棋や碁を楽しむ人がいる。

2P4104126.jpg
 公園案内図
右端が入り口になり、左上が生物園。左下の広場のまわりには桜が多い。駅の方からでは公園の一番奥に生物園がある。
  
3P4104693.JPG
 生物館の外観

4P4104697.JPG
 入り口

 館内に入ると「出会いの広場」
 正面に大水槽。
 右手奥は、蝶の温室や屋外展示の出入り口。
 左手奥に監察展示室。左手手前に蝶の標本。

6P4104745.JPG
 天上を見上げると巨大な蝶のステンドグラス。つり下げてある。

5P4104712.JPG
 大水槽の一部
 大水槽の左側から奥に入ると監察展示室。

11simarisu.jpg
 シマリス
 手のひらにのるくらいの大きさ。

12kurione.jpg
 クリオネがいた。こどもたちに人気があり、人だかりがしていた。

12P4104723.JPG

13P4104724.JPG

12-07.4.1 026.jpg
 水槽が多くなり、カブトガニや熱帯の小魚も。

14P4104727.JPG
 今回のイベントはこのゾウガメ。

 奥に蝶の飼育室があり、毎日孵化した蝶を温室に放している。
 もちろん孵化する前は蛹、その前はいわゆる芋虫毛虫で、訊けば若い飼育員が手にとって説明してくれる。わたしには手がでない。見渡したところ毛虫はいなかった。

15-07.4.1.aro.jpg
 出会いの広場に戻って、蝶の温室にいく出口の前に、前回は巨大なアロワナが悠々と泳いでいた。そのときによって展示方法が変わるので、今はここにははない。
 ここから出て、蝶の温室へ。
posted by たくせん(謫仙) at 05:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする