2018年11月19日

亀戸天神

 亀戸天神に初めて行った。藤の花で有名だが、天神社なので梅もあるはず。
 わたしが行ったのは神無月、当然だが藤の花も梅の花もない。一ヶ月以上たって写真を整理したとき、わたしの誕生日だったことに気づいた。
 菊まつりもあるので、今ならギリギリ間に合うか。行く気が沸かないが。
 天神社といえば九州太宰府天満宮だが、亀戸天神は東宰府天満宮といわれていた。現在は亀戸天神社が正式な名称である。

IMG_20181016_1.jpg
 亀戸駅から、亀戸梅屋敷まで行き、左に折れて亀戸天神通りを亀戸天神入り口まで、七百メートルくらいか。そこからすぐ前にこの鳥居がある。

IMG_20181016_2.jpg
 この朱塗りの太鼓橋は江戸時代から変わらず。浮世絵にもある。
 こちらは男橋。社殿の手前にもあって、そちらは女橋。

IMG_20181016_120620.jpg
 橋の向こうは池に囲まれた島になっていて、藤棚多い。

IMG_20181016_120804.jpg
 社殿は思っていたより大きかった。

IMG_20181016_121155.jpg
 境内には中江兆民の碑もある。
 中江兆民を調べてみたが、亀戸天神との縁は不明。

IMG_20181016_121401.jpg
 紅梅殿、天神様なので、梅は必須だ。

IMG_20181016_121700.jpg
 入り口近くの灯籠、中途半端な位置だ。棚のせいかな。
 ここからはスカイツリーも遠くない。
posted by たくせん(謫仙) at 08:16| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

金庸さん死去

 10月30日に、金庸老師が亡くなった。享年九十五、九十四歳であった。
 もう二週間もたってから知った。このことから判るように、わたしは生のニュースに疎い。
 二十年ほど前に金庸(本名:査良縺jの武侠小説を読み、のめり込んだ。その後も繰り返し読んでいる。現在、書剣恩仇録を読んでいるが、5度目である。金庸ドラマのDVDも集めた。
 杭州に近い海寧が生地であり、香港で活躍した。
 私たちは岡崎由美先生と一緒に、海寧の生家に行ったこともある。
 執筆の期間は意外に短い。1955年に『書剣恩仇録』を発表し、1972年に『鹿鼎記』を書いて断筆した。いろいろな人物や恋愛を書き切って、重複させないという。
 他の武侠作家は、架空の王朝で架空の話を書く。金庸は史実を巧みに取り入れて、歴史小説のように書く。
 長編12、中編2、短編1。全部で15編の小説を書いた。
 日本では岡崎由美先生を中心に翻訳し、全55冊になる。このブログでも書庫で紹介している。

 残り1冊分の翻訳原稿があるが、発表される機会はなさそうである。それは鹿鼎記の前章であり、金庸先生の祖先が「文字の獄」にあって、壊滅的な打撃を受けた話である。
 清の雍正帝の時代、科挙の試験に「詩経」から「維民所止」が出された。これが雍正帝を呪っているという。「雍正」という二文字の頭である「亠」と「一」切っているというのだが。
 小説の執筆以外にも、いろいろと活躍した。
 ご冥福を祈る。

 わたしは武侠ファンと思うが、金庸を離れると、好きというわけではない。思い入れはない。だからわたしは金庸ファンであって、武侠ファンではないのかもしれない。
posted by たくせん(謫仙) at 10:55| Comment(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする