2019年06月27日

奈良4 平城京跡朱雀門

平城京跡朱雀門

 大極殿を見て、南に行く。

IMG_3363.JPG
 大極殿院南門
 工事中の様子をこの台の上から見ることができる。

IMG_3365.JPG
 朝堂院跡
 近鉄の電車が通る。その向こうに朱雀門が見える。
 朝堂院は、役人の仕事場である。両脇に建物があり、真ん中は広場であった。朱雀大路の延長のようなものである。

IMG_3378.JPG
 振り返ると、南門の覆いと大極殿が続いて見える。

IMG_3379.JPG
 朝堂院地域への門の位置。

IMG_3380.JPG
 この絵の一番手前にいる。

IMG_3381.JPG  サムネイル
 第一次と第二次は、位置はこのように並んでいる。第二次の時には、第一次の地域には建物はなかったと思われる。

IMG_3382.JPG
 朱雀門も近い。

IMG_3388.JPG
 今回は朱雀門を見ようと思って平城京跡へ行った。
 広い野原の中にぽつんと朱雀門がある姿を想像していたが、人気観光地になっていた。

IMG_3393.JPG
 朱雀門の外側は広場になっている。朱雀大路である。幅は「約70m」、と説明にある。約74メートルだったようだ。
 なお、門前の広場は、大路を含めて、東西約260メートル、南北約140メートルとみられる。

IMG_3394.JPG   サムネイル
 この絵は何だろう。古い絵があったのかな。現代の絵だろうな。
 門前広場の使い方である。記録には「天皇まで見に来た」とあるらしい。

 門前の「平城京いざない館」は充実している。
 https://www.heijo-park.go.jp/area/suzakumon/izanaikan/

「天平うまし館」で食事をした。カフェもある。

 VRシアターがある。見たと思うが記憶がない。

IMG_3396.JPG
 遣唐使船に乗る。二本の帆柱、甲板上には三室ある。後が遣唐大使の部屋で個室。中が賄い部屋、火も使えた可能性がある。前は雑居部屋。甲板下が荷物だが、多くの乗組員は荷物の間などにごろ寝したようだ。

IMG_3402.JPG
 こうしてたっぷりスペースをとっている。
 この芝生のさらに左が朱雀大路だ。

IMG_3404.JPG
 朱雀門を朱雀大路側から。

IMG_3405.JPG
 朱雀門の中側の東に、兵部省や式部省の建物跡がある。部屋のしきりと柱の跡が示されている。小さな建物であることよ。


 余談だが、「約70m」の表記にはいつも気になる。約なので70メートル前後だが、考えられる範囲は、69.5メートル以上、70.5メートル未満である。これより大きければ「約71メートル」となる。これが数字「0」の力だ。
 これが「約七十メートル」なら許容範囲は、65メートル以上〜75メートル未満で考えられる。
 実際にそこまで厳密に考えて書いたか疑問だが、新しく約74メートルと数字が出たので、訂正してほしい。
posted by たくせん(謫仙) at 06:59| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

奈良3 平城京跡大極殿

平城京跡大極殿

 電車で西大寺まで行く。そこから平城京跡まで歩く。
 わたしの知っている知識では、広い野原のなかに、区画の目印があり、近鉄奈良線が横切り、その南に朱雀門ができた。
 その朱雀門を見たいと思ったのだ。
 平城京跡の北西の外れまで来たら平城京跡資料館がある。そして平城京跡の地図があった。

IMG_3325.JPG  IMG_3327.JPG  サムネイル
 これを見ると朱雀門ばかりでなく、いろいろなものができている。
 まずは平城京跡資料館に行く。

IMG_3323.JPG
 まだ時間前でもあって誰もいない。

IMG_3328.JPG
 左が入り口だが閉まっている。

IMG_3330.JPG
 辺りを三十分ほど散歩して、資料館に戻る。

「まだ時間前ですが、入って構いませんよ」と言われ入った。
「よかったらご案内します。ボランティアのガイドがいますから」
 ガイドをお願いして、二人で話しながら館内を歩く。
 暫くすると、二人の先生と小学生の団体が入ってきた。そちらも別なガイドが説明している。

 奈良時代は70年と言われるが、はじめは第一次大極殿(だいごくでん)で、一度遷都するも戻って来て、第二次大極殿を第一次大極殿跡の東側に建てた。
 この遷都の時、柱や屋根はもちろん、敷石まで運んで組み立てたという。
 戻って来たときも同じだ。建築の材料は簡単には手には入らないということだ。
平城京遷都 710年
   平城京(第一次)     〜740年
   恭仁 (くに) 京    740〜744年
   紫香楽 (しがらき) 京 744年
   難波京       744〜745年
平城京遷都 745年
   平城京(第二次)     〜784年
   長岡京       784〜794年
平安京遷都 794年

平安京遷都まで84年間を総称して奈良時代という。
平城京にしたところで、まず大極殿ができて、それから徐々に形か整ったであろう。京として計画通り完成したのかどうか。
 だから紫香楽 (しがらき) 京などは、大極殿だけ引っ越しして、街ができないうちに次に引っ越しただろう。約5年である。結局大極殿を建てる材料とともに平城京に帰ってきた。
 そんな話を聞いて、資料館を出た。

IMG_3333.JPG
 第一次の大極殿(だいごくでん)が見えてきた。

 復元事業情報館に入って、説明を見る。釘を使わず、材木を組み合わせる具体的な模型なども展示されている。手に取って組み合わせてみる。これだからこそ、簡単に引っ越しができるのだ。

IMG_3336.JPG
 仮の塀、この塀の内側が大極殿院。左の灰色の覆いは、工事中の大極殿院南門。

IMG_3340.JPG
 大極殿(だいごくでん)はこのアングルの写真が多い。
 最重要な建物で、国家的儀式などを行う。
 2010年(平成22年)に復元した。

IMG_3344.JPG
 脇から。入り口はこの面の左の方。
 屋根の二層部分は意外に小さいと思った。

IMG_3345.JPG
 入り口指示。

IMG_3347.JPG
 濡れ縁から。遠くに見える丸い植木は、ここに建物があって、その柱の位置の印。北側つまり裏側なので、内裏などがあったようだ。

IMG_3348.JPG
 大極殿の前の写真はこれしかない。

IMG_3352.JPG
 高御座(たかみくら)

IMG_3355.JPG
 屋根の上の真ん中にある飾り。
 屋根の左右は定番の鴟尾である。靴を横にしたような形だ。

IMG_3358.JPG
 天井

IMG_3359.JPG
 部屋の敷石

IMG_3360.JPG
 柱や壁は礎石の上

IMG_3361.JPG
 
 昔のまま復元したのでは、建築構造上の安全性を満たせない。基壇内部に免震装置が導入されている。

 
 余談だが、資料館には碁を打っている姿があった。奈良時代には碁は盛んに打たれていた。その盤面はよくできているが、よく見るとなんだかおかしい。イメージで言えばヌキ跡ような形なのに閉じていない。では何でそこに石がきたのか。(^_^)
 そうはいうものの、こういう展示にしては形がよくできている。よくできているから違和感が生じたのだ。
posted by たくせん(謫仙) at 06:50| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

奈良2 興福寺

興福寺

 博物館のとなりの興福寺に行ってみた。
 中金堂の建設で賑わっていた。しかしとても見学の雰囲気ではなく、宝物殿は見ずに退散した。阿修羅に会いたかったが、この雰囲気では見る気が失せた。雰囲気に飲まれて、国宝館を忘れてしまったのだ。

IMG_3273.JPG  サムネイル
 案内する地図がHPにもないので、南円堂の近くにあった地図を示す。
 なんと2010年の案内図らしい。
 寺全体を作り直ししているようで、地図が間に合わないのか。
現在、中金堂は完成したが、回廊は工事中で南大門はなかった。北円堂は見なかったが、回廊が計画されている。

IMG_3256.JPG
 東金堂は覚えている。

IMG_3257.JPG
 これは何度見ても良い。

IMG_3272.JPG
 東金堂と五重塔。
 この前は広い土地だったが今は中金堂回廊の工事中。

IMG_3264.JPG
 中金堂は完成した。中はピカピカの仏像など。他の大寺でも創建当時はこんな雰囲気だったのかな。

IMG_3261.JPG
 回廊の基礎工事中。
 すでに基壇は整い、礎石も埋め込まれている。
 基も礎もできていた。

IMG_3271.JPG
 中金堂正面、わたしの背後に中門の基礎があり、その先に南大門ができるはず。

IMG_3262.JPG
 南円堂もとなりの建物は記憶にない。
 整備図では西金堂があるはずだが、地図では興福寺興善院がある。塔頭かな。どうも西金堂の雰囲気ではない。
 見る気力がなくなって、あちこちの大事なところを見ないで引き上げた。

posted by たくせん(謫仙) at 07:59| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

奈良1 奈良国立博物館庭園

奈良国立博物館庭園 茶室八窓庵

 奈良国立博物館は久しぶりだ。新館ができたことも知らなかった。
 今回は「曜変天目茶碗」が展示されるので見に行った。
 曜変天目茶碗は中国からの輸入品だが、中国にはなく、日本に3点あるのみ。「曜変」も「天目」も日本で作られた言葉。5月の連休前後に、3点ともそれぞれの場所で展示されるので話題となった。
 この博物館で見られるのは、大阪の藤田美術館所蔵の曜変天目茶碗だ。
 中国では完全な品はないが、破片が見つかっているという。
 見学者は行列となり、二十分ぐらい並んだ。

3232-2.jpg
 わたしの知っているのは、「なら仏像館」の部分だけだった。

IMG_3234.JPG
 新館の南側に茶室八窓庵を中心にした、庭園がある。新館の見学が終わり、庭園に行く。

IMG_3235.JPG
 この飛び石を通り、庭園内へ行く。
 新館はこうして浅い水に囲まれている。

IMG_3236.JPG
 ちょうど躑躅が咲いていた。右端に八窓庵の一部が見える。

IMG_3237.JPG
 庭園に入ると左手にこの古木がある。

IMG_3239.JPG
 説明は覚えていない。

IMG_3240.JPG
 「奈良の八重桜」もしくは「奈良八重桜」という栽培品種。遅咲きであるとはいえ、5月9日では遅すぎた。「奈良の八重桜」といえば次の歌を思い浮かぶ。

  いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほいぬるかな(伊勢大輔)

IMG_3242.JPG
 茶室は池の向こう側であり、池を半周する。

IMG_3243.JPG
 ここを通れば、近道なんだが(^_^)

IMG_3244.JPG
 腰掛待合かな。橋を渡る前に一休みして服装など整え、亭主の迎えを待つ。

IMG_3245.JPG
 八窓庵
 静かな落ち着きのある建物だ。
 曜変天目茶碗を見るために並んでいた人たちは、どこに行ったのだろう。わたし一人で庭園内を歩く。

IMG_3246.JPG
 わたしの好きな道だ。池の突端に来た。

IMG_3248.JPG
 八窓庵は竹垣で囲われている。

IMG_3250.JPG
 ここが八窓庵の中門か。

IMG_3252.JPG
 八窓庵を外側から。

IMG_3254.JPG
 八窓庵から離れる。この石塔、いわれはあるのだが、記録を撮り損ねた。

IMG_3253.JPG
 館内に戻る。
 地下回廊のレストランで昼食とし、なら仏像館へ行く。
 となりの青銅器館も充実していた。青銅器館のガイドと話し込んだ。

 昔、台湾では、商(殷)の時代のきれいな青銅器が1個あれば、それだけで一品展が開けた。天目茶碗1個で、これだけの人が集まるようなものだ。
 しかし、ほとんどは偽物であった。骨董品のプロには製作来歴が判っている品が多い。そんな時青銅器を見たプロは「眼福であった」と言って去る。決して偽物とは言わない。
 台北故宮博物院の毛公鼎のような、中国最高の宝といわれている品まで偽物説がある。鑑定は難しい。それでも今は進歩した。
 こんな話をして、博物館を後にした。
posted by たくせん(謫仙) at 08:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

京都9 二尊院・祇王寺・化野念仏寺・清涼寺

二尊院・祇王寺・化野念仏寺・清涼寺

 二尊院
 嵐山の近くは名所旧跡が多い。二尊院は大きな寺である。

IMG_2844.JPG
 総門
 小倉山の下を歩いて、二尊院に行く。

IMG_2845.JPG
 紅葉の馬場
 総門を入れば、伽藍のある地域まで、まっすぐな道がのびでいる。
 新緑が輝いている。紅葉も映えるであろう。

IMG_2848.JPG
 紅葉とは異なり、新緑は毎年輝く。
 本堂の裏ではタゴガエルの声が響いていた。
 普賢像桜があった。初めて聞く名だ。八重だが、花びらが百五十〜百六十枚もあるという。

IMG_2852.JPG
 本堂の前の勅使門
 簡素で優雅である。総門も簡素だった。

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 祇王寺

 平家物語の祇王が出家した寺である。明治初年に廃寺となったが、再建した。
 今は大覚寺の塔頭(たっちゅう)となっている。
 今回の旅行で「塔頭とは」と聞かれ、答えに窮したが、「会社でいえば子会社」で理解してもらえるだろうか。境内にあることが多いが、こうして遠く離れた所にもある。
 囲碁でなじみの本因坊も、寂光寺の境内の塔頭であった。今はない。

IMG_3143.JPG
 小さな寺で住職もいないが、苔の庭は手入れが行き届いている。

IMG_3144.JPG
 小さな庵に入ると、仏壇には、祇王や清盛などの像が安置されている。

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 化野(あだしの)念仏寺

IMG_3153.JPG
 賽の河原
 明るい光の下では、かわいさが先に立つ。
 前に来たときは、鬼哭啾々として、身が引き締まった記憶がある。
 この落差に戸惑った。
    一重積んでは父のため 二重積んでは母のため

   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 清涼寺

 五台山清凉寺という。
 五台山清凉寺といえば、清朝の三代目順治帝が出家した寺として知られている。本当は病死だが、出家したという俗説があるのだ。その寺と関わりがあるのかな。
 ここは光源氏のモデルといわれる源融ゆかりの寺だ。
 霊宝館が春期特別公開されていた。二ヶ月間である。写真はないが、見てよかった。
 寺は嵯峨釈迦堂といわれるように釈迦像が高名である。

IMG_3157.JPG
 仁王門
 塔のような門に圧倒される。

IMG_3160.JPG
 庭の不思議な形の樹木。わたしには禅寺を思わせる。

IMG_3176.JPG
 本堂(釈迦堂)はかなり大きい。
 清凉寺の前身である棲霞寺の寺域は嵯峨天皇の仙洞「嵯峨院」の一部であった。その大覚寺まで直線距離で五百メートル弱である。
posted by たくせん(謫仙) at 08:06| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

京都8 大覚寺

大覚寺(旧嵯峨御所)

 弘法大師空海を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の本山である。正式には旧嵯峨御所大本山大覚寺と称する。
 嵯峨天皇(在位809−823)が離宮を建立した。離宮嵯峨院である。その離宮が貞観18年(876年)に大覚寺となった。
 代々天皇もしくは皇統の方が門跡(もんぜき=住職に相当)を務めた格式高い門跡寺院(もんぜきじいん)である。
 嵯峨天皇は、平安遷都した桓武天皇の息子であり、兄の平城天皇の次の天皇である。
 いけばな発祥の花の寺であり「嵯峨御流」の総司所(家元)である、というが、その方面に疎いわたしには、説明できない。

IMG_3183.JPG
 大覚寺門跡の総門の跡。現在はここから門までかなり歩く。400メートルくらいか。

IMG_3185.JPG
 大覚寺に着いた。 

IMG_3187.JPG
 宸殿(しんでん)まえの庭

IMG_3188.JPG
 宸殿牡丹の間、絵は近寄って見たいほど。
 正面
 以下の絵も宸殿の絵である。


IMG_3189.JPG

IMG_3190.JPG

IMG_3191.JPG

IMG_3192.JPG

IMG_3193.JPG

IMG_3194.JPG
 左側はいま歩いてきた廊下。


IMG_3195.JPG
 村雨の廊下辺り、建物は心経前殿(しんぎょうぜんでん)であろう。記憶が曖昧。

IMG_3197.JPG
 心経前殿(御影堂)の西側。向こうに見える小さな建物が、勅封心経殿(ちょくふうしんぎょうでん)で、
大正14年に法隆寺の夢殿を模して再建。

IMG_3198.JPG
 この写真は、具体的位置を特定できない。

IMG_3199.JPG
 心経前殿前の庭。心経前殿は大正14年建造。
 正面の勅使門は修繕中。
 
IMG_3201.JPG
 五大堂(本堂)は堀をまたぐ。大沢池がよく見えるようにベランダが出ている。
 四角く、四方がこのような堀で囲まれている。
 この塀の右(外側)が大沢池である。

IMG_3204.JPG
 観光客が少ないためか、このような庭を落ち着いて見られる。

IMG_3205.JPG
 静かで熱い日差しも涼しく感じる。

IMG_3207.JPG
 この辺りであったか、渡り廊下を歩くとかすかに音がする。鶯張りのようだ。
 通りかかった若い僧に訊いてみたが、「たまたま今この寺にいるので知りません」、と言われた。末寺の修行僧らしい。

 一度入り口に戻り、大沢池に行く。

000001.jpg
 大沢池は境内にあり、人工の林泉である。時計回りに歩く。

IMG_3212.JPG
 放生池であるが、大沢池とは細い土手で隔てられているのみ。一部つながっている。

IMG_3215.JPG
 心経宝塔。1967年建立というから新しい。
 嵯峨天皇心経写経1150年を記念して建立される。

IMG_3217.JPG
 護摩堂は池の脇、火の心配はない。

IMG_3218.JPG
 庭湖石、この池の別名を庭湖という。中国の洞庭湖を模して造られた。しかし、どうだろう。当時の洞庭湖に似ているか。心象風景なんだろうな。
 わたしなどは、洞庭湖は江湖者という言葉の元になった湖、ということを思う。

IMG_3225.JPG
 右の大きな建物が五大堂。

IMG_3226.JPG
 これで大覚寺と分かれる。

参考 大覚寺境内ご案内
posted by たくせん(謫仙) at 07:52| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

京都7 天龍寺

天龍寺

 天龍寺は後醍醐天皇の菩提を弔うため暦応2年(1339)に創建された。
 寺号は正しくは霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざんてんりゅうしせいぜんじ)と称する。

IMG_3030.JPG
 京福電気鉄道嵐山本線で嵐山に行く。
 始発の四条大宮駅から終点嵐山まで7.2kmの、市街電車である。

IMG_3032.JPG
 天竜寺の門前には躑躅が咲いていた。ちょうど遅咲き躑躅の時期であった。
 ここから入ると、両側に多数の塔頭が並ぶ。

IMG_2861.JPG
 少し歩いて中門を振り返る。これは前日夕刻の写真である。
 この写真だと境内のイメージだが、その他は参道のイメージだ。

IMG_3036.JPG
 法堂(はっとう)
 まだ時間前なので寄らずに進んだ。公開日は限定である。

IMG_3037.JPG
 庫裏に向かう。わたしが二番目のようだ。

IMG_3038.JPG
 庫裏で拝観受け付け。
 ちょうど参拝時間となった。この庫裏をはじめ、多くの建物は新しい。明治以降である。例外的に、塔頭の中には古い建物もあるので、そういう興味をお持ちの方は、塔頭を訪ねるとよい。ただし公開しているかどうか。

IMG_3039.JPG
 庫裏前にも、ミニ庭園。左奥が大方丈。
 左手前(写真では見えない)に庭園入り口がある。参拝券は諸堂屋内と庭園の二枚になる。

IMG_3046.JPG
 中に入って大方丈を見る。
 廊下を右回りに裏に向かう。

IMG_3047.JPG
 広大な庭園が広がる。曹源池(そうげんち)庭園である。方丈の裏庭でもある。
 この辺りに来ると、西洋人に囲まれてしまった。日本語のガイド付きの団体である。

IMG_3051.JPG
 大方丈を回り書院に行く。書院は小方丈ともいう。床の間には「莫妄想」。この右にもう一カ所床の間があり、達磨の絵が画ある。

IMG_3054.JPG
 屋内の様子。見ると縦横に区切られていて、その襖を取り払っているのが判る。
 二カ所の床の間は襖で区切られた、別の部屋である。

IMG_3055.JPG
 屋内から見た曹源池。

IMG_3053.JPG
 書院から多宝殿に行く渡り廊下。茣蓙が敷いてある。

IMG_3058.JPG
 ここは後に通る道。この先に多宝殿がある。

IMG_3059.JPG
 渡り廊下の右側は、参拝コースではない。

IMG_3065.JPG
 多宝殿の内部正面。

IMG_3067.JPG
 多宝殿の内部左側。

IMG_3069.JPG
 蔀戸(しとみど)をあげてある。いにしえの雰囲気。

IMG_3072.JPG
 渡り廊下を戻る。

IMG_3074.JPG
 一度外に出て、庭園に入り直す。
 大方丈の前庭、枯山水庭園。この左側に門があるが、開けることはあるのだろうか。

IMG_3076-0.jpg
 曹源池はこの庭園の中心である。二枚の写真を合成した。
 開山である夢窓国師の作庭であり、1994年に世界文化遺産に認定されている。
 池の向こうは京都盆地の西の断層崖である。

00002.jpg
 池の向こう側の石組みにも、禅寺(臨済宗)ならではの解釈があるのだが、わたしでは理解出来ない。

IMG_3079.JPG
 少し進む。

IMG_3080.JPG
 正面が書院(小方丈)、右が大方丈。

IMG_3081.JPG
 書院の前から振り返る。

IMG_3087.JPG
 池の向こう側にも拝観コースがある。苔のびっしり覆った一画もある。
 前に来たときは、「猿に注意」の立て札があったが、今は見当たらないようだ。
 小倉山の亀山公園付近に猿が今でもいるのかな。亀山公園も渡月橋も昔は天龍寺境内だった。

IMG_3095.JPG
 赤花蝋梅というが、とても蝋梅には見えない。

IMG_3098.JPG
 北門から出て、竹林を歩く。

IMG_3107.JPG
 竹林を抜けると、すぐに大河内山荘庭園だ。
posted by たくせん(謫仙) at 08:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

京都6 大河内山荘庭園

大河内山荘庭園

 鎌倉時代の歌人藤原定家が、小倉山荘(時雨亭)で小倉百人一首をまとめたとされるが、場所は特定されていない。
 その小倉山の南部に大河内山荘庭園があった。亀山公園(嵐山公園の一部)のとなりである。

IMG_3109.JPG
 突然、大河内山荘庭園の門に出会う。
 大河内とは往年の映画俳優、大河内傳次郎のことだった。こんなこともいままで知らなかった。
 造園家でもあった大河内傳次郎が、30年かけて作り上げた庭園である。

IMG_3108.JPG  サムネイル
 不鮮明だが、おおよその位置が判る。

IMG_3111.JPG
 緩やかな坂道を上ると開けた。右へ行くと、お抹茶席がある。入園料には「お抹茶」も含まれている。

IMG_3113.JPG
 庭園は山の斜面であり、ほとんどの道は、こうして石畳となっている。

IMG_3114.JPG
 中門

IMG_3116.JPG
 大乗閣
 ここが、生活の中心だったか。

IMG_3117.JPG
 大乗閣前の庭、ここでは珍しい芝生の広場だ。

IMG_3118.JPG
 嵐山を借景として広大な雰囲気がある。

IMG_3119.JPG

IMG_3120.JPG
 大乗閣も新緑の中にある。

IMG_3125.JPG
 石畳の道を登っていくと、小さな堂の前に出た。
 形は大乗閣に似ているが、大きさは茶室より小さい。こもって思考したという。

IMG_3127.JPG
 周囲に展望はないが、植木は小さく明るい空間である。

IMG_3128.JPG
 少し暗い道を歩いて滴水庵に行く。

IMG_3129.JPG
 滴水庵
 茶室であるが、常識的な茶室よりかなり広い。

IMG_3133.JPG
 嵐峡展望台
 滴水庵のすぐ近くに嵐峡展望台があった。
 向かいは嵐山で、すぐ下の小枝の間から、亀山公園の道が見える。手に取るほど近い。

IMG_3134.JPG
 大悲閣の月見台はここより少し高そうだ。

IMG_3135.JPG
 嵐峡展望台から市内展望台まで、この山荘の一番高いところである。

IMG_3138.JPG
 市内や東山が一望できる。
 左にひときわ高いのが比叡山、緩やかなカーブを描いて、中央右に高くなっているのが大文字山。
 付け焼き刃の知識だが、両山ともホルンフェルスの山だ。熱による変成(接触変成作用)によって生じる接触変成岩。堅い。
 間の低い曲線は花崗岩。風化しやすくここまで低くなった。花崗岩は全体的に白く見え、これが真砂化して、黒い雲母は薄く剥がれて流れ、白い部分が砂となって残った。例えば白川の河底だ。
 東山のこの稜線から流された白い砂が、枯山水の庭に使われ、京文化を形づくった。
posted by たくせん(謫仙) at 06:39| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする