2021年05月25日

心をつなぐ囲碁 〜コロナに負けない!

5月24日追記
 来週、5月31日(月)から、「心をつなぐ囲碁〜コロナに負けない! 第一回イベント『脳』」を開催します。
 準備は順調に進み、素晴らしいイベントになりつつあります。
 緊急事態宣言延長の有無にかかわらず、次の対応により実施する予定です。
https://miracletv.site/?page_id=9523

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

木谷正道さんから、こんな連絡が来ました。
興味のある方は、是非ご来場ください。

木谷正道さんは、囲碁界の巨人木谷實先生の三男です。防災など様々な方面で活躍しています。

5月31日〜6月6日 日本棋院一階での普及活動。
6月5日(土)日本棋院二階で茂木健一郎氏の記念講演。 その魅力と謎 
その他

入場は無料ですが、細かいことは次のチラシをご覧下さい。
チラシ2(A面).pdf

posted by たくせん(謫仙) at 07:10| Comment(0) | 囲碁雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

サピエンス全史  ホモ・デウス

 初めて読み終えてない本の紹介をする。
 間違いがあるかもしれない。非難する人がいるかもしれない。

 わたしは宗教を信じない。しかし、バカにはしない。
 漱石の草枕。
 人の世を作ったのは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣にちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
 そう、この世を作ったのは神ではない。これは十代の頃から思っていたが、わたしの考えをはっきりさせたのは、宮本武蔵の五輪書である。
 神仏を尊びて、神仏を頼らず
 そうだった。宗教には頼らない。しかし他人の信仰心は尊重する。静かに、宗教規律を守って生活している人に対しては、尊敬心もある。ただ他人を攻撃したり、しつこく勧誘する人には怒りを覚える。だから、宗教による戦いは理解出来ない。

  2021.5.10.2.jpg 2021.5.10.1.jpg
 先日、ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史−文明の構造と人類の幸福」と、その続編とも言える「ホモ・デウス−テクノロジーとサピエンスの未来」を途中まで読んだ。そして投げ出した。
 まわりくどく、何を言っているかさっぱり判らないのだ。整理して、この十分の一くらいにまとめたら、つまり全部で四冊を百ページほどにしたら、少しは判るかもしれない。
 「サピエンス全史」が人類の過去、「ホモ・デウス」が人類の未来を語る。
 ネットで、その要約や、書評などを読んで、ようやく大意をつかんだ。

 現人類が、架空の話を作ることができることが、他の人類を滅ぼし勝ち残った理由だという。
 他の人類が架空の話を作ることができないと、どうして知ったのかは判らないが、架空の話、たとえば神を偽造したり、言語だけでも意味を伝え、噂話を確かめもせず信じる。貨幣制度など、虚構に類する実態のない概念を理解できる。
 その架空の力で大人数をまとめた。そして国家を作った。
 確かに国家を作ったのは現人類だけだ。他の生き物で、言語を持つと言われる生物も国家は作れない。
 生物は、階層化される。
   神
   支配者層
   一般の人
   家畜(一部の人も含まれる)
   他の生命

 そして、将来は、次のように分類されると予想する。
   アルゴリズムと、アルゴリズムを操る神となる支配者層
   家畜(ほとんどの人はここに分類される)
   他の生命

 支配者層以外のほとんどの人は家畜に分類されるのだ。
 現在でもAIに支配されている人が多い。さらに進むと、衣食住からさらには恋人や結婚相手までAIに支配されるだろう。インターネットがないと何もできない。アルゴリズムの奴隷になるのだ。
 神とは、AIやAIなどの情報を支配する人たちだ。

 もはや、この状態は宗教ではないか。ここで最初の述懐か出てくることになる。

参考 https://note.com/nogacchi/n/n0a09f10fa38e
ホモデウス図解 神になろうとするサルたち

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
以下ほとんど不要の駄文

 翻訳物は、回りくどくて意味が判りにくいという話。わたしの頭が足りないだけではないだろう。

ひとりの男が…
 前後の文を見て、あれ、この文脈だと、一人でなくでも、女性でも当てはまる話ではなかろうか。と考え込んでしまう。
 
「…誰だか知りませんが、一人、または複数の人間と連絡していたのを見つけたんです!」ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団p504
一人、または複数の人間、これ以外の状況はあるのか。

 この本では、
 1943年にドイツのある男の子が父親にきいた。
 1943年でないといけないのか、女の子や母親では該当しないのか。
 男の子に限定した意味は何か。
 これが伏線だと思って気をつけていると、何の関係もない。だったらなぜ男の子と限定したのか。

 このような本は、結論ばかりでなく、結論にいたる道筋も大切だが、それでも十分の一にしてほしいと思う。
posted by たくせん(謫仙) at 09:41| Comment(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする