2008年06月22日

堀切菖蒲園4

 堀切菖蒲園は花菖蒲ばかりではない。それ以外に見つけた花を紹介。

P6130529.JPG
 入り口を入ると正面は日本庭園の定石。黒松・石灯籠
P6130531.JPG
 入って左に曲がると、サボテンの花が咲いていた。いつもながら、あでやかな花であることよ。

P6130614.JPG
 フェイジョア。原産地は南米。日本には昭和5年入る。
 花の形も異国的だが華やかな感じはしない。

P6130618.JPG
 なんだろう。風のせいかピントが甘い。
注:美央柳(ビヨウヤナギ)と判りました。

P6130641.JPG
 フランネル草。和名は酔仙翁(スイセンノウ)
小さな花の群れ。次々に咲くが、それも終わりが近いようだ。これも南米原産。江戸時代に日本に来たという。あちこちの庭で見たように思う。
 江戸時代は鎖国だったが、それでもけっこう外国と取引があり、いろいろな草花が入って来ている。

P6130649-2.JPG
 みそはぎ。
 金子みすゞの詩、「みそはぎ」を思う。

   ながれの岸のみそはぎは、
   誰も知らない花でした。

   ながれの水ははるばると、
   とおくの海へゆきました。

   大きな、大きな、大海で、
   小さな、小さな、一しづく、
   誰も、知らないみそはぎを、
   いつもおもって居りました。

   それは、さみしいみそはぎの、
   花からこぼれた露でした。


  P6130528.JPG

開園時間:通常午前9時〜午後4時30分
     菖蒲まつり期間中(6月)は午前8時から午後6時。
休園日 :年末年始
料金  :入園無料
最寄り駅:京成線堀切菖蒲園、歩いて10〜15分くらい。
 荒川の向こう側に堀切という東武伊勢崎線の駅がある。少し遠い。20分くらいか。
 わたしは小菅から歩くので、40分以上。
posted by たくせん(謫仙) at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう、みそはぎが書いているんですね。

菖蒲園という名前はあちこちにありますね。
どこも花菖蒲園なのですが、菖蒲は端午の節句の菖蒲湯に
入れる植物で、蒲(ガマ)のような花菖蒲とは似ても似つかない
花が咲きます。
菖蒲と書いて、アヤメとも書きます。
この辺は面倒ですね。

ここまで書いて気がついたのですが、明日のアップする
花のアヤメの内容とほとんど同じになってしまいました。
折角書いたので、このまま、送信します。

金子みすゞの詩はすてきですね。
一滴・・・
広い海に出ても故郷を日忘れない

与謝野晶子にみそはぎの歌がありましたね。
こちらは、淡々とした、歌、それも悪くはありません。

   後ろより蔵塗りながら物云ひし
      叔父など見ゆるみそはぎの花
Posted by オコジョ at 2008年06月23日 17:44
このみそはぎ、咲いたばかりのようでした。ほとんどはこれから蕾になるという程度です。10日以上たつので、今頃咲いているのかな。
アヤメ・イチハツ・ハナショウブ・カキツバタ、なかなか区別が付きません。それていながら菖蒲と言ったりして、菖蒲と混乱する。
わたしなど、こうして写真を撮って、いろいろ調べてようやく判ることが多すぎます。
与謝野晶子は知りませんでした。龍之介さんなら知っているかな。
Posted by 謫仙 at 2008年06月24日 19:33
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
花菖蒲が見頃ですね。
常陸太田の西山荘の花菖蒲は満開を過ぎかけていました。

あの黄色の花は「美央柳(ビヨウヤナギ)」です。
この時期、マイガーデンは紫陽花に美央柳の黄色が彩を添えて賑やかですよ。
Posted by みなのや at 2008年06月24日 20:50
美央柳(ビヨウヤナギ)でしたか。ありがとうございますさっそく本文に追加。
花びらが細くて、おしべが長いこと。蝶は近寄れそうもない(^_^)。
この花の数は少なかったのですが、明るい花でした。
この時、アジサイも見ましたよ。今日アップします。よろしく。
Posted by 謫仙 at 2008年06月25日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック