2008年07月09日

謫仙楼対局 なんで本気に!!

黒 小東邪 三子
白 謫仙

 小東邪は前に五子局を紹介したが、すでに五子は卒業している。今回三子局での初めての対局となった。
 三子局では空きスミからとなる。白は小目に打った。黒は一間ガカリ。それをケイマにはさむ。
go15-2.jpg
 黒のワリコミに白は下から受けた。この受け方は白不利として、現在の定石書にはないらしい。わたしの好みだ。ここは白A黒▲となるのが普通の定石。
 小東邪は知らない旧定石の白▲を見て、迷い出したようだ。しばらく考えて黒Aとついだ。しかし、ここはAを打たずに黒Bが定石。わたしは白Bとのびる。この形は黒ハマリに近いと言う人もいる。
 こう打ってしまったら、後は参考図1のようになるのが普通。次善の手であろうか。
 go15-3.jpg
 参考図1
 黒1白2を打つと、その後は白6までで後手になる。黒も折を見てシチョウを抜くことになる。

 小東邪は中で生きようとした。
 go15-4.jpg
 しかし、このスミの黒に活きはない。黒1白2を交換しては、参考図1のシチョウ取りの手をなくしてしまう。わたしが白6を打つと小東邪はジロリと睨んだ。

「なんで本気になるの!!」

 このスミは死活の基本形である。あまりに基本過ぎて、上級者でも忘れてしまい間違うことがあるのだ。
 小東邪も覚えているはずなので、冷静ならスミに活きはないと判ったはず。それなのに、最初の白の下受けで迷いが生じついでしまい、白がノビて「しまった」と思ったのだろう。それが尾を引いてスミを読み誤ったようだ。

 go15-1.jpg
 参考図2
 左下A これは黒先でも活きがない。おそらく最初に覚える死活であろう。これを確認しておけば、この形になるまでを読んで、この先の読みを省略できる。
 右下B これは白先でも死なない。つまり黒は活きているので手を抜いてよい。
 AとBの中間の形、左上Cと右上Dは、白先ならハネてAの形になる。つまり黒死だ。逆に黒先なら活きる。

 続いて、小東邪と小東邪の同級生阿九との対局である。
黒 阿九  6目半コミだし
白 小東邪
 go15-5.jpg
 黒1に7の右に白2とハネて、死の形の基本形だ。続いて左側へ。

go15-6.jpg
 白5黒6白7と活きる。小東邪はこのように、この形のスミの死活は判っているのだ。この碁は中央の黒の大きさが勝負になる。最終的にはコミがかりとなった。
posted by たくせん(謫仙) at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 謫仙楼対局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102481063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック