2008年11月26日

山口3 秋芳洞

 二日目、雨模様の中を新山口駅からバスで秋吉台に行く。朝一便だけの特急バスなので、途中にはとまらない。それでも40分ほどかかったか。
 秋芳洞バスセンターにつく。そこは観光センターにもなっていて、あたりの観光地図をもらった。
 観光案内書には、ここから先は平日にはバスの便がないとか、カルストタクシーがあるとか、展望台への行き方など説明しているが、行ってみたらわたしには不要の話だった。
 バスセンターから秋芳洞入り口まではすぐ。そして秋芳洞を見学して、秋吉台に出る。秋吉台散策。そして秋芳洞を通って帰ってきたのでバスは要らなかったのだ。
 ただし他の鍾乳洞も見たい人はバスに乗る必要がある。大正洞・景清洞が地図にある。

 真っ直ぐ商店街を抜けると秋芳洞入り口に着く。

PB081078.JPG
 入場券を買って、進むといよいよ秋芳洞の入り口。入場券は帰りに必要なので無くさないように財布に入れた。下にはきれいな水が流れていた。
   PB081080.JPG
 入り口。まだ明るい。

PB081083.JPG
 中にはいると、広いところに出た。
 カメラの設定の問題があって、うまく撮影できなかった。
 カメラを首にぶら下げて歩いているうちに釦を押しているらしく、設定が変わってしまっていたのだ。以下の写真は帰りに撮ったもの。

PB081177.JPG
 上の方に手すりがある。冒険コースといい、懐中電灯を持って通る。一応有料。箱の中に200円だったかな、入れて、崖を登ってここに出る。滑りやすく危険。

PB081172.JPG
 ここを抜けるともっとも広いところに出る。

PB081169.JPG
 遠いところは田圃のような形になっていて、水が張っている。この地底の流れには独特な蝦がいるという。

PB081168.JPG
 これ以外にも見所はいっぱいある。百枚皿・黄金柱など。写真がないのが残念。

 出口の近くまで行ってから少し戻って、脇の道を行く。そこからエレベーターで地上に出る。少し歩くとカルスト展望台。すぐ近くに秋吉台科学博物館がある。それらの写真を撮ってない。莫迦だな。
 秋吉台科学博物館は洞窟蝦がいるとあるので、行ってみたが見られなかった。
 鍾乳洞は四百五十ほど確認されているが、公開されているのはわずか。わたしは秋芳洞だけで終わりにした。秋吉台を歩き、帰りはまた秋芳洞を通って帰った。
posted by たくせん(謫仙) at 19:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋芳洞、入口の所は紅葉はまだだったのですね。

冒険コースは行ったことないですが、通常コースだけでも結構歩く所がありますよね。
Posted by 阿吉 at 2008年11月26日 23:26
紅葉はまだ早かった。一本だけ紅葉していました。紅葉の時期は結構長く、早い木は真っ赤でも遅い木は青々としていますね。
時間は気にしていなかったので、判りませんが距離は一キロ以上あるのでしょうか。
漓江下りの途中で見た冠岩の鍾乳洞から見ると小さい。しかし、あそこはやたらにイルミネーションで飾り立て、なんか違和感があったのですが、それに比べて自然の感じがするように思います。
ここを見学するのは長い間の夢でした。
Posted by 謫仙 at 2008年11月27日 19:52
いちど見て見たいところですが、いけるかどうか・・・
退職してから、100キロ以上遠くへ行ったのは
同級会で東京、息子の結婚式で神奈川、息子のいた秋田へ一回・・・(笑)1年のうち、100日は仕事で、旅の日々が嘘みたいです。

鍾乳洞は幻想の世界ですね。
太古の夢が味わえますね。
長野県にはなぜか鍾乳洞がありません。
石灰岩の山がないということのようですね。
Posted by オコジョ at 2008年11月28日 10:34
オコジョさん。
このseesaaブログは反応が遅いのが悩みの種です。
特にコメントカウンターは実数を示していませんね。
レイアウトが自由で、メモリーが大きいのが、特徴かな。

鍾乳洞は昔海だったところ。長野は海底になったことがないのでしょう。
中国では天坑が有名ですね。

わたしはなぜか、寅さんのように旅に出たくなることがあります。年に1回程度かな。
オコジョさんの場合は、仕事で旅をしたので、もうしたくないというところなんでしょうか。
Posted by 謫仙 at 2008年11月28日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック