2009年01月02日

山口13 吉香公園

 錦帯橋を渡ると、佐々木屋小次郎商店がある。前回書いたが、佐々木小次郎と錦帯橋は吉川英治が仲人。

PB141487.JPG
 ここで団子を食べて、吉香(きっこう)公園に行く。吉香公園は吉川氏の陣屋の跡である。吉川氏は毛利氏の一族であった。
 毛利藩と吉川藩は親子のような藩であるが微妙な関係にある。関ヶ原の合戦は西軍が毛利を総大将とした。吉川は東軍についた。戦後毛利はお取り潰しのはずであったが、吉川氏の尽力で二国を維持することができた。しかし毛利氏は、吉川氏を裏切り者扱い。
「俺たちのお陰で国が保てたのに」
「お前らが裏切ったから、こんなに小さな藩になってしまった」
 どちらの言い分が正しいかは永遠の謎。

PB141512.JPG
 カイノキ
 公園には見事に紅葉している樹があった。中国名は「楷樹」。中国原産のウルシ科の樹である。孔子廟に植えられて、学問の聖樹とされている。

PB141494.JPG
 見るからに赤い。普通の紅葉は遠くから見て赤くても、近くで見ると茶色の葉が多いが、この葉は文字通りの紅葉。
 大正時代に岡山県の閑谷(しずたに)学校に中国から入った。この木は雌雄の区別がある。種が採れて、各地に配られている。同じ木から採った種でも紅葉と黄葉がある。
 ウルシ科だがかぶれることはないようだ。

PB141498.JPG
 数カ所このような噴水がある。この石組みは陣屋の跡だろうか。新しく作ったのか。

PB141513.JPG
 サイカチ
 この公園はこのような大木があちこちにある。歩いていて真っ先に目に入る。

PB141517.JPG
 徴古館は錦帯橋の説明が詳しい。係員もいなくて見学者もわたしひとり。もったいない気もする。休日には見学者来るのかな。

PB141519.JPG
 小高いところが庭園になっている。大勢の人が整備していた。この場所にこの庭園か。

PB141525.JPG
 神社の脇の大木。これから黄葉するのか。この程度の大きさでは目立たない。

PB141527.JPG
 紅葉をもう一枚。パソコンで明るくした。

 白蛇観察所というのもある。この付近では白い蛇が多い。本来はアルビノだが種として固定されたようだ。
 岩国美術館・吉川資料館・旧目加田家住宅・吉香神社など、見るところは多い。
 岩国美術館は充実している。
 ロープウェイを利用して山上に行き、岩国城を訪れたが、それは次回にする。

PB141537.JPG
 錦帯橋の上から上流を見る。

PB141540.JPG
 こちらは下流側、夕刻の趣。
posted by たくせん(謫仙) at 08:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
 どこにご挨拶しようかと思いましたが、一番上の記事で。
 この錦帯橋、実は元カノさんの家のすぐそばで、何度か行く行くという話をしつつ一度もいかないままに終ったところです。なるほどこうしたところだったのだなぁ、、、としみじみいたしました。
 ともあれ、本年もよろしくお願い致します。
Posted by 樽井 at 2009年01月02日 16:55
樽井さん、今年もよろしくお願います。
錦帯橋。周知の所ですが、実際に見た迫力とでもいうのでしょうか、木を組み合わせてこのアーチを作る技術が江戸の初期にあったことに驚きます。
単純な円弧ではなく、数学的に見ても高度なアーチだそうです。
いま、十二国記のアニメを見ていますよ。
Posted by 謫仙 at 2009年01月03日 10:01
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

素敵な朱ですね。
時計が反対に回ったようです。

毛利はお取り潰しにならなかったは、吉川氏のお陰、
吉川氏がいなかったら幕末はどうなっていたのか・・・
歴史は永遠の謎ばかりかも知れませんね。
Posted by オコジョ at 2009年01月03日 17:47
たくせんさん、ここまで一気に読ませていただきました(^^ゞ
関門海峡あたりも素敵な所ですね。
レトロな雰囲気、門司港駅にも惹かれます。
港街って趣があって好きです。港にレンガ造りの建物が良くマッチしてますね♪

ある程度は下調べしながら足の向くまま気の向くまま、紳士の一人旅はまだまだ続くのでしょうね〜萩・津和野から始まって何泊なさったのですか?
Posted by 千春 at 2009年01月03日 19:57
オコジョさん。
新年おめでとうございます。
写真を整理して記事を書くまで1ヶ月半もかかってしまいました。
正月になってから紅葉のニュース(^。^)。貧乏人の節句働きですねえ。
歴史はすべてIFワールド、人生と同じで、もしあそこでこうしていたらの連続ですね。どう選択しても「それも一局の碁」それなりに喜怒哀楽があることでしょう。
Posted by 謫仙 at 2009年01月04日 07:22
千春さん。
そう、ある程度下調べしますが、詳しくは行ってからです。そのために見逃すことの数々。同時に新しい発見もあるので、ある程度は余裕を持たせたいですね。
一応あと1回、岩国城で終わります。それはこれから載せます。
その後、京都編があるのですが、それは別立てにして短い予定。本来の目的は京都だったのですが…。
京都で2泊併せて10泊になりました。それで正月は出かける気になりませんでした。
Posted by 謫仙 at 2009年01月04日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック