2009年03月09日

虫のゐどころ

   奥本大三郎   新潮社   1992.7
 著者はファーブル昆虫記の翻訳者である。ただし、この当時は翻訳中であった。それで「虫のゐどころ」という題名になる。わたしがファーブル昆虫記を読んだのは大分前なので、この著者の翻訳したものではない。
 もちろん虫の本ではなく、虫のゐどころが悪い著者の洒落た随筆である。フランス語の大学教授であったが、やめて文筆稼業に切り替えた、その前後の心境と言えようか。
 第一章「大学教授三日やれば辞めたくなる」で大学の講義の(学生の)酷さを説き、物書きが忙しくなったので辞めることになるのであるが、でもねえ、教授になるまではどうだったのかしら。教授なら三日で辞めたくなっても、助教授や助手は辞めたくならなかったのかな。

 実際、読んでいるときは、面白い含蓄に富んだ随筆だと思っていたが、読み終わると、ほとんど忘れていて、どんなことを書いてあったのか思い出せない。
 上品な文章で身近な問題を取りあげでいる。問題点の指摘が適切なので、そのまま同感しそう。
 読むために時間を割くだけの価値があったと思える。
posted by たくせん(謫仙) at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は誰の訳だったか。
私はシートンの動物記の方が面白かったのは
幼さのせいでしょうか。

「虫のゐどころ」ですか、ファーブル昆虫記の訳者なら
虫の本かと、思いますね。

もちろん、訳するのは専門家ならそれに越したことが
無いのですが、でも専門家でなくてもいいわけですね。

でも、こんな、本を訳すのだから虫が好きなんでしょうね。

共感できる本はよほどでないと、心に残りませんね。
むしろ反発を感じる本が心に残る。
人間がなかなかできません。
Posted by オコジョ at 2009年03月09日 21:18
子供のころは虫の多いところで遊んでいたので、虫にも詳しいのでしょうね。
苦労したのは、たとえば「角の形が◯◯に似ている」と書いてあっても、日本の農機具に◯◯というものが存在しない。それをどう説明するか。
そもそも農作業を知らない日本の読者にどう説明するか。
そんなところに苦労したと書いています。

おかしなもので、反発する本の方が良く覚えていますね。
それから全く知らないことを書いた本。
そして面白い本。
すんなり心の中に入った本は残りにくいですねえ。
Posted by 謫仙 at 2009年03月10日 06:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115356571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック