2009年04月11日

ヒカルの碁

 ほったゆみ   絵 小畑健   集英社
 今更紹介するのもおかしいほど知れ渡っているが、わが書庫に載せないのも手落ち。
 プロ棋士の梅沢由香里が監修しており、囲碁にまつわる諸々を正確に書いている。
 インチキ碁盤や碁石の話など、囲碁ファン(プレイヤー)には特に知っていてもらいたい話だ。騙されないために。
 前半の準主人公である藤原佐為(ふじわらのさい)は、ヒカルにだけ見える幽霊であるが、読んでいるときは、幽体であることを忘れるほど現実感がある。佐為のきりりとした真面目な顔と、漫画チックなとぼけた顔の、二種類の顔の使い分けが秀逸。
 週刊誌に発表していたが、わたしは単行本を読んだ。
 念のため。佐為は男です。そうそう塔谷アキラも(^_^)。
        hikarunogo.jpg

 今では、韓国語をはじめ中国語・英語・ドイツ語・フランス語などで出版され、世界中で読まれている漫画である。麻生首相の言うように劇画は日本の顔になっている。ヒカルの碁はその代表ではないか。
 この本は囲碁普及にも強力で、日本ばかりではなく、欧米の多くの少年を碁に誘った。数年でアマ高段になる人もいる。これにはインターネットの発達が補助している。碁を知っても相手がいない。そこでインターネット棋院で対局して腕を磨く。囲碁人口数百人の国からプロを目指して日本くる少年がいる(オンドラ君など)。日本棋院も財政難のおり、受け入れ態勢は万全とは言えないらしい。
 後半ではヒカルのたくましい成長と、韓国や中国の躍進ぶりが書かれていて、迫力がある。
「囲碁界の真相」に書いてあったが、プロを目指す少年の数が、韓国では20万もいて、そのトップはプロでも高段の域にある。それが日本の院生は100人にも満たない。制度の違いもあるが、もはやおどろくこともできないほどの差がある。
 そんな様子をはっきり示してくれた劇画であった。
主人公は「ヒカル」、ヒロインは「あかり」、ライバルが「アキラ」。
男でカタカナ名は珍しい。

 残念ながら次に位置する囲碁漫画がない。日本棋院では漫画の原作を懸賞募集した。第一回目は優れたものが無く、空振りとなったらしい。二回目の締め切りは今年の1月。どうなったのだろう。
 第一回に優れたものがなくでも、その中の一番に賞金をはずむべきだったと思う。
「隗より始めよ」というではないか。愚作でも隗として賞を出せば、次回からは、「あれで賞をもらえるなら、わたしでも貰えるぞ」ともっといいアイディアが出てくるであろう。そして応募が多くなれば、その中から使える優れたものも出てくるはず(必ずとはいえないが)。
 とにかく最初から、「ヒカルの碁」なみを期待しては無理だろう。たとえば新井素子さんの「サルスベリがとまらない」などどうだろう。あるいは江崎誠致の小説とか。

 ちょっとした不自然を。
 碁石を持って打つ場面だが、肘を横に上げて、肩・肘・手首が水平になっている。実際にはそのような打ち方はしない。絵を書いている小畑健さんが碁を知らなかったことを表している(かな)。
posted by たくせん(謫仙) at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117261387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック