2009年04月13日

碁神の孤独

 ヒカルの碁 余聞
 碁神は一柱だろうか。そもそも神は何柱いるか。キリスト教や回教では神は一柱だから碁神は存在しないか。
 碁はライバルがいてこそ楽しい。孤高の存在というのは酷く寂しいのではないか。
「碁の神様って孤独だな」
「だって自分と対等の相手いねェじゃん」
というヒカルの科白がある。この科白は新鮮だった。そんなこと思ったことなかったな。
 江戸時代、名人碁所になると勝負が禁じられた。公式手合いを打たないだけで、それなりに打っているのだが、この状態はヒカルの科白にちかい。そう言えば名人は九段であり、別称「入神」。
 「韓国の棋士が“秀策は過去の人、学ぶことはない”と言っている。」
 WWGoの掲示板で誰かが「韓国人の言いそうなことだ」と言って物議をかもしたことがある。もちろんその人はヒカルの碁を読んでいて、ヒカルの碁の話として言ったのである。
 わたしは、もともとSF小説もマンガも読み、虚構世界を楽しむことを知っているので、なんとも思わなかった。
 しかし、ヒカルの碁を読んでいないらしい人が「その発言は……」と噛みついた。思いもよらぬ抗議に不用意に言い訳したため、却って反発された。
 わたしは週刊誌は読まず、単行本になってようやくそのシーンを読んだ。物語としてなんの問題も感じない。虚構世界を楽しむことを知らない人が大勢いる。つまり、そういう前提を知らないで読むと、確かに問題発言であったのだ。
 わたしもそのようなことのないよう、自戒せねばならぬ。

 それから、碁はお互いが「誤魔化しをしない」という、性善説に依って成り立つゲームでもある。打ち方はともかく、整地作業は相手の作業を信頼する。もし誤魔化されたら、アマでは高段者でない限り見破れないだろう。
 ルールの悪用もある。

 インターネット碁なら誤魔化しようがないが、負けそうになると逃げる人がいる。逃げたって時間切れで負けになるのだが、相手が時間を待ちきれず切ってしまえば、無勝負になる。そんなことをして碁が面白いのか不思議だ。わたしには理解のできない人がいるものだ。
posted by たくせん(謫仙) at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117383187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック