2009年05月25日

薄妃の恋

僕僕先生−薄妃の恋   新潮社   08.9
        hakuhinokoi.jpg

「僕僕先生」の五年後である。王弁は薬の知識を得て、薬師としてそれなりの名を得ていたが、再び王弁の前に現れた美女仙人僕僕先生と、旅をすることになる。
 前回は僕僕先生に振り回されてばかりだったが、今回は多少王弁も活躍する。
 料理の真似をしたり、長沙の長雨を止めたあと、薄妃の恋に付きあわされる。
 前回読みやすい文体と言ったが、もちろん今回も同じ。言葉が現代的なのだ。たとえば「……い、いたいです」と、形容詞+「です」を使う。わたしは今でもこの文は「間違い」という文字かちらちらする。それで、痛くて思わず間違った言い方をしてしまった感じになる。さらに「いたい」とひらがなであるとか。
 頷くときは「そうなんだ」。これなど二十年にも満たない言葉であろう。子供言葉のイメージだ。わたしは今でも使えず、そんな時は「そうですか」と言ってしまう。
 また関西弁を使ったりして雰囲気を表す。
 僕僕先生と王弁の間も少し近づいたようだ。
 こうして続編ではあるが、新鮮な感じがして読み飽きない。
posted by たくせん(謫仙) at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120166323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック