2009年06月27日

堀切菖蒲園09・その3

 今回は花菖蒲以外の花にも目を向けよう。

P6121972.JPG
 静観亭の壁際にサボテンの花が咲いている。今年はうまく撮れなかったが、咲いていたという証拠のために。
 
P6121978.JPG
 ヘメロカリスと名札がある。別名「ノカンゾウ(野萓草)」。名前からして外来種のイメージだが、ユリ科ワスレグサ属の総称とあるので、外来種というわけではなさそう。わたしには野萓草という方が判りやすい。その園芸種か。
 ニッコウキスゲ(日光黄萓),ユウスゲ(夕萓),ヤブカンゾウ(薮萓草),などの仲間。種類は多そう。

P6121983.JPG
 野萓草のアップ。一本突き出ているのがおしべかな。

P6122018.jpg
  花菖蒲かがやく雨の走るなり  汀女
 中村汀女(なかむら ていじょ1900〜1988)は熊本出身の俳人。
わたしは戦前のイメージでいたが、戦後も長く活動していたようだ。詳しいことは知らない。以下はネットで調べたもの。
 熊本県出身。昭和9年(1934年)ホトトギス同人となりり。最初の句集『春雪』を発表。戦後の昭和22年(1947年)には俳誌『風花』を創刊した。
1980年文化功労者、84年日本芸術院賞受賞。

P6122023.jpg
 一際鮮やかに浮かび上がる。
 今回は露を含む風情が見られなかったが、風もなく人もいない静かな様子がよかった。あと一時間もすれば人が溢れるほどになるだろう。

P6122030.jpg
 今年もみそはぎが咲いていた。
 去年は金子みすゞの詩も添えて紹介した。
posted by たくせん(謫仙) at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきな花菖蒲を堪能させていただきました。
それ空の個性的な花がありますね。
でも、個人的には、余りたくさんあると、シンプルなものがいいなと(笑)
野のノカンゾウはもっとオレンジが濃くて形もニッコウキスゲに近いですね。
最もこちらはノカンゾウは少なくて、ヤブカンゾウばかりです。
ヤブカンゾウはたくさんあるので、春にはつんで、三杯酢のお浸しにしました。
春の味です。
もちろんノカンゾウも食べられますが、ヘメロカリスは食べる気になれそうもないです。
Posted by オコジョ at 2009年06月27日 12:58
あまり豪華な花はまるで造化のようで、魚なら金魚を見るようで、一輪ならまだしも群生しているのは、魅力が薄くなりますね。
今回の下から二番目の写真は、余計な飾りがなく、孤立している感じで、カメラを向ける気になりました。
実際にはいろいろと撮っているのですが、これ一枚に代表させました。

このノカンゾウは園芸種でしょうか。わたしも検索してみましたが、見られる花はもっとオレンジ色が強い感じでした。
名前からして食べる気になりませんね。
食べるのは春の新芽なんでしょうか。
Posted by 謫仙 at 2009年06月27日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122329835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック