2009年10月29日

みんなそうしていますよ

02.4.10記
 こんな話もあった。各国の国民性をあらわすジョークである。正確には覚えていないので、主旨だけを読みとってほしい。
 例えば、タイタニック号の難の時なら、救命ボートが足りない。ボートに乗るのを諦めてもらうための説得方法である。
 イギリスには「紳士ならば遠慮すべき」
 ドイツ人なら「法律により優先権は……」
 アメリカ人には「強い男は女やこどもを先に…」
 ……
 最後に日本人には「みんながそうしていますよ」
 このジョークには日本人も笑ってしまうが、それは日本人も心に余裕ができたからではないか。判りやすくドイツ人を例にすると、ドイツ人はみんなが法に従うという前提がある。特定の個人だけではこの話は成り立たない。つまり、ドイツでは法に従うことを「みんながそうしている」のだ。
 同じくイギリス人ならば、「紳士ならば、…」ということが、「みんながそうしている」のである。
 結局は、どこの国の人も、みんながそうしている事に従っている。その理由が、法であったり、宗教であったり、マナーであったりする。
 日本にはそのような画一的なものはない。そのため、人によっては、みんながやるというと、なぜやるかという理由が判らずに従う人がいる。わたしもそんなときがある。
 ここまで、瞬間的に心に浮かび笑いとなる。
posted by たくせん(謫仙) at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もそう思います。
「みんながそうしてる」って変な説得力ありますね(笑)
Posted by karinkarin3 at 2013年12月03日 12:50
karinkarin3さん
説得力がありますね(^。^))。
ここで、考えることがあります。
本当にみんながしているのかと考える判断力。
それが正しいことかと考える注意力。

本当にみんながしているかは疑う人が多いと思いますが、みんながしているとして、それは正しいかどうかと考える人は排除されてしまうようですね。
個性を伸ばすといいながら、個性が抹殺されてしまうように。

けっこう考えさせられました。
Posted by 謫仙 at 2013年12月03日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131381708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック