2009年10月31日

千寿さんの帰国

02.5.18記
 健二先生の指導を受けたが持碁(引き分け)だった。
「まさか、数えていたのでは?」
「いえいえ偶然ですよ、三面打ちの指導碁では、とてもそこまではできません」
 信じておくことにしよう。
 今日はBSの取材があったが、中心は15歳の少年オンドラ君である。日本語で堂々と受け答えしていた。
 さて、師はフランス各地を回ったが、ここで子供たちの全国大会が開かれ、小学生・中学生・高校生の各優勝者を日本に招待することになった。
 来年はこのメンバーでツアーを組んでフランスに行きませんか、なんていう話の後で、こう言った。
「フランスでは碁の話ばかりしていてはダメです。それでは立派な大人とは認めてもらえません。少なくとも自国の文化を説明できなくては」
 山道を自動車で上っているとき、スリップしてバックし、車の尻が崖の上に突き出て、あわやという時があったという。
 一瞬、新聞の死亡記事が頭に浮かんだと、笑いながら言っていたが、聞いているわたしも思わずヒヤリとする。いろんなことがあるものです。

 そもそも日本の文化とは何だろうか。
 碁や将棋以外では、歌舞伎・茶道・和楽器・舞踏・日本画。
 これらは、わたしにはすべて知らないことばかりである。
 だが潘陽の日本総領事館の不手際は説明できる。野球それから酒の話なら少しはできるかも知れない。

 陰の声があり −その前に言語はどうするんだ。−
 これが最大の問題だった。
posted by たくせん(謫仙) at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131382239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック