2009年11月01日

三師三様

02.8.20記

 私も一通り三師の指導を受けた。もちろん三師が本気になれば、井目でも歯が立たないが、一応五子で指導をお願いしている。
 以下は、現在の棋力から感じたことである。もう少し強ければ、師も違う教え方をされ、違った感想になるだろう。

千寿先生
 千寿さんの手は柔らかい。一手一手は難しい手とは思えない。この場面ならば、おそらく私でもそう打つだろうと思う手を打つ。それならば互角のはずなのに、五子の碁が百手超えるころに碁になってしまっている。
 どの手が悪かったのか、師に指摘されないと気がつかない。こちらがこの一手と思い込んでいても、方向が違う、手筋から外れていると、指摘される。
「相手が2線を這って逃げたら、逃がしたと思わず、謝ってきたと、喜びなさい」

健二先生
 一区切りがついて、さて次の展開は、というとき、よく予想外の手を打つ。打たれてみると、私が考えていたより一段上の手である。一段上の手であって、理解できないほど難しい手を打つわけではない。私が動揺して、思わず反発してしまうと、
「全体を見渡して黒が圧倒的なのだから、こんなとき、わざわざ紛れる手を打つ必要はないでしょう。反発したため、こことここが弱くなってしまった。反発することが、いつも悪いわけでありませんが」

ハンス先生
 いつも、もう少しだ、おしい、と思わせる。
「あそこでうち欠いておけば、1手勝ちだったのに」
 もしそうしたならば、そこでハンスさんは手を変えて、決してこちらの考えたようになるはずがないのに、そう思わせて、ゲームを楽しませる。大石を取りあげ、
「マイッタですか、あっはっは」
 まるで互先を打っているような感覚にさせられる。だから、私が勝ったとき、千寿さんや健二さんには、「勝たしていただいた」と思うのに、ハンスさんには「勝った」と思う。
posted by たくせん(謫仙) at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131382531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック