2009年11月06日

2009ファンフェスタin箱根(上)

 10月30日から11月1日まで碁会で三日間箱根にいた。

 07年の6月に「第11回ふれあい囲碁大会」があり、この会はこの後中断していた。
 今回、孔令文さんなどの努力が実って、あらためて「2009ファンフェスタin箱根」として、再開したのだ。
 参加のプロ棋士はいつもの孔令文六段・倉橋正行九段・下島陽平七段・瀬戸大樹七段・万波佳奈四段と、特別ゲストとして清成哲也九段。そしてその息子の清成真央(まお)初段。
 いつもの小林覚九段・笠井浩二七段やインストラクターの木下かおりさんなどがいなかった。このあたりにふれあい囲碁大会とは変わったことを感じる。
 人数は百人を越えた。前は一段あたり、2部作ったが、今回はほとんど1部。
   
 天龍八部の旅6 天龍八部影視城2で紹介した「大理旅游杯」の写真を万波さんに渡して、この時の様子を聞くことができた。
 大理旅游杯は一回キリで終わってしまった(開催者にとっては1回で目的を果たしたというところだろう)。お城の中で、民族衣装を着て開会式をしたとか。おそらくペー族の民族衣装だろう。成績は残念ながら……だったと言う。思わぬ所で(?)天龍八部影視城の話をしてしまった。

 わたしは一日目は二局で二連敗。二日目は四局で盛り返して四連勝。三日目は手空きだった。結局4勝2敗で三位。同成績がもう一人いたが、直接対局でわたしが勝っていたので、わたしが十人中の三位となった。
 入賞は、今回は三位まで(^。^))。ありがたく賞を受けた。ふれあい大会の時は二位までだったのだ。
 Kさん、つまりわたしと同成績だったが四位となった方は、わたしに勝っていれば、優勝だった。5勝1敗が三人並び、直接対局で勝ったので優勝。それがわたしに負けたばかりに同成績ながら、四位に沈む。
 わたしとの勝負もKさんが圧倒していた。それがひょんなことから種石が落ちて逆転。
K「取れている石を、もう一手かけるのもしゃくで」
謫「一手遅れることになりますからね。周りの状況で手段が生じてしまった」
 オトトさんが別なクラスで優勝したのを記してもよいだろう。

   碁仇をくやしがらせて山紅葉   謫仙

 一日目と二日目はきれいに晴れたが、三日目は深い霧の中。雲の中と言ってもいいかも知れない。手空きだったのを利用して、函南原生林まで歩いた。
posted by たくせん(謫仙) at 05:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
11月6日になってますが、今日は11月5日ですよね。明日からクロアチアに出かけてきます。お土産ではなくおみやげ話しを期待してください。
Posted by ototo at 2009年11月05日 20:47
オトトさん。今度はクロアチアですか。大学で講義ではなく、遊びなんでしょうね。
11月6日というのは、先日付なんです。ある記事を次の記事より上に置きたいときのやりかたです。5日付で古い記事の加筆訂正を入れるための措置です。
行ってらっしゃい。
Posted by 謫仙 at 2009年11月06日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132003236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック