2009年11月05日

WWGo

02.4.14記
       
 インターネットに加入したが、わたしの使い方の中心は、ネット碁である。ネット碁には各種のサイトがあるが、現在(02年当時)加入しているのは、WWGoであり、会費が一月500円のコースに入っている。無料のコースもある。
 人気漫画「ヒカルの碁」でネット碁が行われるが、そのサイトはこのWWGoである。
 今まで碁会所に行っていたが、問題があり、やめて、ネット碁にした。
 碁会所の最大の問題はタバコの煙である。形勢が悪くなるとタバコの煙を相手の顔に吹き付けるなどは、論外であるが、そこまで行かなくても、けっこう無神経な人が多い。かといって、禁煙の碁会所は知らないし、困っていた。
 もう一つは時間である。無制限であることがほとんどなので、時間を駆け引きに使う人がいる。10分・20分と相手がいらいらするまで時間を使って打つ人もいれば(長考ではなく、いらいらさせるため故意に)、大差の碁で2目のヨセを15分考える、なんて人もいる。
 これらの問題が、WWGoのネット碁で、すべて解決してしまう。
 なおそこでも、ハンドルネームは takusen のままで、掲示板によく投書している。最初は言葉の問題であった。全て英語、会話まで英語使用という規約であるが、「日本人にも判るようにしてもらいたい」
 現実には日本語で会話する人がかなりいて、わたしもそうしている。
 今のところ規約違反の苦情はない。
 操作ミスないし故意の悪質な行為があり、それに対する意見、最近ではルールに関する問題など、議論のうちに認識を高めることがある。
 なお、匿名で投書する人も多い。ハンドルネームは匿名みたいなものだが、それさえ出さないのだ。わたしは意見を述べるとき、署名するつもりで、必ずハンドル名で投書している。

注:後にWWGoをやめて、日本棋院「幽玄の間」に加入した。09年の現在は「幽玄の間」で打っている。
 WWGoの最大の問題は日本人だけ有料という制度だ。囲碁普及のため外国人は無料というたてまえだが、現実味がなかった。現在(09年)はどうなっているだろう。
posted by たくせん(謫仙) at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132155720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック