2009年11月15日

米国テロ事件−9月11日

01.9.15記

 9月11日、ニューヨークの超高層ビルに、ハイジャックされた2機のジェット機がぶつかり、巨大ビルが崩れ落ちるという大惨事が発生した。犠牲者は1万人にもなりかねない。(09年記:死者2993、負傷者6291以上といわれる)
 そのニュースを見ていると鳥肌が立ってくる。ところが、ブッシュ大統領が、
「アメリカと民主主義への攻撃……」
などというと、まだ救助活動も続いているのに、多少不謹慎かも知れないが、
「冗談じゃない、アメリカへの攻撃であって、民主主義への攻撃ではない」
と言ってしまう。こういう牽強付会的な発言を聞くと、反発を感じてしまう。現実には日本や韓国も攻撃される可能性があったらしい。しかし、アメリカの友好国だからであって、民主主義の国だからではない。
『両国は民主主義だから攻撃する、民主主義をやめれば攻撃しない』ということには、ならないと思うのだ。こういう事件には、民主主義でない国も怒りを覚えるのが、普通であろう。
 大統領の発言中に翻訳文を見ながら、そんなことを考えてしまった。アメリカではこれほどの大惨事まで政治的に利用するのか。日本の政治家にはとてもできない。
   
 それにしても、アメリカの対応は早い。神戸の地震の時の日本政府の対応は比べものにならない。危険と隣り合わせで生活しているせいか、自覚が違うのか。政府は何のためにあるのかという、根本に差があるかも知れない。
 ただし、犯人も特定できていない段階で報復攻撃を表明するのは首を傾げてしまう。もしかすると発表しないだけで、裏では特定できていたのかも知れない。
 もし報復攻撃が許されるとすると、この事件が、どこかの組織の、たとえば湾岸戦争のときに誤爆で死んだ20万人の家族による、アメリカへの報復攻撃であった場合、許さねばならなくなる。
 
 わたしも、家族や仲間が攻撃されたとき、わたしへの攻撃ととる気持ちは持っているが、報復と称して無関係な人を代わりに殺めることは許しがたい。それゆえに、このたびの事件に憤りを感じるのだ。これは民主主義国家であろうとなかろうと同じである。
 なお、報復すべしという意見には、「なにもしないと犯人が喜ぶ」という趣旨が目に付く。「何もしない」と「報復爆撃」の間にはもっといろいろな選択肢があることを、故意に無視している。いわゆる平和ボケで、戦争をゲーム程度にしか考えられないからである。
 どうやら報復先はアフガニスタンのようだが、もし犯人の本拠地がサンフランシスコ市ならば、サンフランシスコ市を爆撃するのだろうか。おそらく報復爆撃をやめて、犯人逮捕に切り替えるのではなかろうか。
 今、わたしにできることは、犯人と同じ民族あるいは同じ国に住むというだけの理由で死ななければならない人の、冥福を祈るのみである。

09年:このアフガニスタンへの爆撃は今でも続いていて、戦争状態になっている。
 陸続きのソ連さえ軍事的制圧をできなかった地域。遠いアメリカからではさらに難しい。すでに9月11日以上の犠牲を出し、財政的にもアメリカを圧迫している。
 オバマ大統領もこれを継続する意志を示した。本当に継続する意味があるのか。
 アメリカの軍事産業が繁栄する以外の意味でだ。
posted by たくせん(謫仙) at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
 ちょっと趣旨というか話がずれるんですが、ゲリラ戦を相手にいつも苦戦するアメリカ。制圧しきることはいつもいつもできないわけですが、これが日本だったとしたらどうなんだろうと思ってしまいます。日本がなんらかの理由でアメリカに占拠、占領された場合、果たしてこんな風に何千人もアメリカ兵にも犠牲がでるようなゲリラ戦がずーっと続くことや、アメリカ軍でさえ制圧できない地域みたいなものが生まれることはあるだろうか。どうしても、日本だとそういうことはなくてあっさりと一年くらいで隅々まで制圧されてレジスタンスなんてものは生まれないような気がします。この差はいったいどこからくるのでしょうかね。
 ふと思った事でした。
 
Posted by 樽井 at 2009年11月15日 23:46
樽井さん
日本の場合、ゲリラが可能なのは、戦国時代まででしょうか。それ以降は統治機構に組み込まれ、独立組織が存在しない。
現在では、民生は安定し、失うものが大きすぎる。もちろん、食料の確保が不可能でしょう。アフガンなどは、密かな援助が陸路で入っていると言われていますが、海洋国家ではそれは無理。
人口が2千万くらいになって、自立できるようにならないと可能性はないでしょうね。

現在のアメリカの苦戦の原因は、もともと内戦状態にあったところの一部を援助したため。幕末に薩摩に援助するようなものでしょうね。
そして、たてまえでは、「民衆を守るためにテロと戦う」として、たとえば無差別殺りくができない。何らかの名分がいるため、方法に制限が入る。

いずれにしても、日本の防衛に関して考えさせられますね。
某ブログでは、アメリカが日本から引き揚げると、すぐに韓国に占領されるとか。(爆)
屁理屈を考える人がいるものです。
Posted by 謫仙 at 2009年11月16日 16:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132976969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック