2009年12月02日

箱根の関所

 10月の末に囲碁大会に参加するので、箱根に行った。その帰りに箱根峠でバスを下りて、関所まで歩いた。
 箱根峠は、箱根から三島側へ下りる時通る峠だ。山下りなので、三島まで四里の間坂道が続く。
 箱根峠から箱根へは、挟石坂・風越坂・明石坂と三つの坂を下って湖畔の芦川に下りる。

PB012700.JPG
 こんな坂が四百メートルほど続いている。三つの坂がどこで区切られるのか判らなかった。朝のうちは霧が深かったので、石がしめっていて滑りやすい。石の上に乗らないように気を付けて歩く。
 東海道でも、このように石を敷き詰めてあるのは坂道だけであった。この坂は、1680年に石畳になった。
 芦川は旧箱根宿の一つであった。知らなかったが、関所の向こう側にも宿があって当然だ。
   
 PB012704.JPG
 坂道を下りたところ。この日見た紅葉らしい紅葉はこの一こまだけ。かがやくススキがきれいだった。ここから、観光の中心になる海賊船乗り場もある箱根は近い。

 PB012707.JPG
 京口御門。二年前箱根の関所が再現されたと聞いた。
 箱根の関所跡は様変わりしていた。建物内の見学は有料だが、真ん中の道を通り過ぎるだけなら無料。
 ここに関所が設けられたのは1619年、関ヶ原の戦いから19年後だ。
 俗に「入り鉄砲」と「出女」を取り締まったと言われるが、箱根の関所は入り鉄砲は取り締まらず、出女だけを厳しく調べたという特徴がある。

PB012709.JPG PB012710.JPG
 こんな像が、ならんで当時の様子がうかがえる。着物の模様などは判っていならしい。

 PB012713.JPG
 鉄砲と弓がならんでいる。使った例はあるのか。

PB012718.JPG
 小高いところには見張所がある。右の門が江戸口御門。左の門が先ほどの京口御門。
 箱根八里に次のように歌われている。一番は誰でも知っているが、二番はけっこう知らない人がいる。わたしも正確には知らなかった。

1.
箱根の山は天下の嶮
函谷關もものならず
萬丈の山千仞の谷
前に聳へ後方にささふ
雲は山を巡り霧は谷を閉ざす
昼猶闇き杉の並木
羊腸の小徑は苔滑らか
一夫關に当たるや萬夫も開くなし
天下に旅する剛氣の武士
大刀腰に足駄がけ
八里の岩根踏みならす
かくこそありしか 往時の武士

2.
箱根の山は天下の岨
蜀の桟道數ならず
萬丈の山千仞の谷
前に聳へ後方にささふ
雲は山を巡り霧は谷を閉ざす
昼猶闇き杉の並木
羊腸の小徑は苔滑らか
一夫關にあたるや萬夫も開くなし
山野に狩りする剛毅のますらを
猟銃肩に草鞋がけ
八里の岩根踏み破る
かくこそあるなれ当時のますらを


 ウイキで歌詞を調べた。ふりかなは省いた。
 「岩」の字は異なるが新JISにないので岩で代用した。
「ささふ」は「支う」
「一夫関に当たるや万夫も開くなし」にしては、こじんまりとしている。戦の設備でなく、通る人を調べるだけなので、これだけで十分なのだろう。
 函谷関では実際に戦いをしている。スケールが違うが気持ちとしては、「ものならず」と言いたい。
 箱根では、いわゆる関所破りは数件しかなかったようだ。ただし、関所を避けて山の中を通ろうとする人は、藪入りと称して、道を間違えただけの扱いにして、不問にしていた。

PB012722.JPG
 門の外側には広場がある。ここに一時とどまり、順番を待つ。
 江戸口御門を出て数分歩くと、箱根関所資料館がある。そこは前からあった。

両方共通券 500円
こどもなどの割引もある。
見学時間午前9時〜午後5時(冬季は4時半)
posted by たくせん(謫仙) at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵な石畳ですね。
昔の道は人だけではなく、籠や馬も通った道、歩きやすいですね。

碓氷の峠でも関所を避ける女道が妙義の大遠見峠を越えています。
難路でしたが越える人は多かったようです。

関所を避ける道はたくさんあったようですね。
上信の峠道は沢山あり、関所はあっても通行税の荷物中心で、
人のチェックは甘かったようです。

箱根八里は2番まで、合唱で歌ったことがあります。
この編曲はCDが出ていて持っていますが、
ほかでは聞くことは少ないですね。
Posted by オコジョ at 2009年12月07日 10:25
オコジョさん。
よく封建制の厳しさを説かれますが、現実はけっこう甘く緩やかだったようですね。
初期の戦国の名残りの時代の建前も、平和な時代には意味がなくなったと見るところ。
戦の心配のない時代の関所は、取り締まりの重点がかわって来たのでしょう。
箱根八里は学校で習いましたが、友人が二番のあることを知らないのでびっくりした記憶があります。
気宇壮大な明るい詞なので、是非伝わって欲しいと思います。同時にその背景の文化や地理も知って欲しいと思いますね。
Posted by 謫仙 at 2009年12月07日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134484142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック