2007年03月02日

越後湯沢の千寿会

   04.11.1記
    
 10月23日は越後湯沢で千寿会を開いた。この日、あの「新潟中越地震」があった。震源地はすぐ近くだ。地震の様子は、「山荘筆記−新潟県中越地震」に書きましたので、そちらを参照して下さい。こちらにはそれ以外の話を。
 当日、午後一時に現地集合であった。わたしは七時東京発新幹線で出たので、八時半過ぎに湯沢に着いた。国境の長いトンネルを抜けると、そこは雨だった。予定はケーブルで近くの山に登って、山上を一周(約三時間)するはずだったが、雨では取りやめ。近くの「民俗資料館−雪国館」へ行く。一時間後も雨は降り止まず、予定を変えて、近くの秋葉山に登る。上下一時間半。わたしの体力ではこのあたりが適当か。
 会場に行くと、すぐに碁会の部屋に案内されたが、荷物だけあって、誰もいない。盤石の用意をしていると、人が集まりだした。盤石は、かささぎさんが棋院から借りて、自動車で運んだのだった。
 先生は千寿さんと健二さん。
 わたしは最初は濱野さんと対局した。棋力はほぼ拮抗しているのだが、どういうわけかわたしがほとんど勝つ。相性の善し悪しってあるものですね。

 その後O・Nのおばちゃまとも。この方はアマの女流棋戦では全国大会で何度も優勝していて、棋力はわたしが四子ではないかと思うのだが、二子しか置かせてくれない。手合い違いで負けてしまった。
 中学生の少年とも打った。千寿先生は二子置かせてと言ったが、棋力は互い先だった。先生には「二子はこなせません」と報告した。
 その後、あの地震。強烈な揺れが何度も、人体に感じる揺れは二百回を超えたらしい。夜七時前には、もう非常灯の下で棋戦を再開した人たちがいた。食事後、わたしも再開、その後は集まって真夜中まで雑談。多士済々というか、一国一城の主の集まりというか、思わぬ話に興味津々。
 日本の原子力の話、パリであった強盗の話。わたしは中国の結婚式における鏡の話。何でそんな話をすることになったのか。いつも思うが、知識のある男が大勢いるとき、聞き上手な女が中心にいると話が盛り上がる。千寿さんは聞き上手で、話し上手でもある。真夜中の散会が惜しいほど。
 翌日、朝食後、朝の新幹線で帰ろうとして玄関で用意していたら、亜Qさんが浴衣姿で引き留め、碁を打とうと言う。
 一度かささぎさんの車に戻した盤石をまた持ち込んで、六人で昼近くまで碁会。その時間にも、ときどき揺れたが、小さい揺れは無視。
 その後二台の車に分乗して東京に帰る。
 その折、Aさんの話。
 先日、千寿先生と三子で打った。(注:これは某誌に発表される。アマにとっては公式手合いである)
 千寿先生に3手目に予想外の手を打たれ、頭の中が真っ白。何もできず負けてしまった。その後、道場の竹刀勝負だけでは駄目だ、野試合にも勝てるようにと、修行の旅に出たそうだ。たくましくなって、戻ってくることだろう。
posted by たくせん(謫仙) at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136683708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック