2007年03月03日

水間師読み違う

 05.6.5記
    
 昨日、6月4日の千寿会、千寿先生はまだ帰国せず、健二先生と水間先生が指導。
 最近、院生は土曜日も研修があって来ないことが多く、風太郎君が仕事の都合で来られないため、ゲストの女子大生も来なくて、おまけに千寿先生もずっとヨーロッパに滞在中で、出席者が少ない。それでも昨日は久しぶりに多かった。
 このところ、対局のあとの千寿先生の講座の代わりに、二チームに分かれて連碁をしている。相変わらず、わたし一人が愚手を連発していて、負けてしまった。
 そして二次会。篠つく雨の中を近くの「北の家族」へ。そこで、座興で水間先生に我々の棋力を評価してもらう。
「Aさんは、三手先をきちんと読みなさい」
 Aさんはメンバーの中で一番強い人なのだ。遠慮はしない。
「Bさんは、優しすぎる。相手が手を抜いたりしたら、きちんととがめなさい」
 これは棋風であろう。
「Cさんには、ここ2連敗、たいしたもの、いうことなしです」
 Cさんには、わたしは二子で、勝てそうで決して勝てないのだ。
「Dさんは、打ったことありませんが、なかなかしっかり打っていますよ」
 連碁の手に対する感想である。
「謫仙さんは、序盤で間違えてしまったので今日は仕方ないですよね。本当はもっと力があるんでしょうが、ムニャムシャ」
 と慰めのお言葉。
 いたずら心で、水間師に問う。
「わたしが、Dさんには何目ぐらい置いて打っていると思いますか」
「4目くらいでしょう」
 Dさんが言った。「わたしの方が黒ですよ」
 今まで、三局打ったが、握りでわたしの黒、白・白で三連勝なのだ。この時の水間先生の驚いた顔。
 許されよDさん。決して棋力が劣るわけではないものを。
posted by たくせん(謫仙) at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136842922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック