2007年03月06日

恩返し

06.2.11記
   
 今年二回目の千寿会である。指導棋士は釼持丈七段と千寿先生。
 わたしは千寿先生に小目4子局の指導碁をお願いした。考えて見ると去年の「週刊誌の碁」以来であり、その時できなかった小目の碁を打ってみたのだ。これはうまく打てたようで勝たせて頂いた。
 その後、会員と2局打って休んでいたら、かささぎさんが手空きだった。
「一手ご指南願いたい」
 かささぎさんにはわたしが二子置くのである。しかし何度も打ったが勝ったことがない。
 あるときは眼を潰され、あるときは手足をもぎ取られ、こちらがようやくしっぽを取っているうちに首を取られたり、さんざん煮え湯を飲まされ浴びせられているという大恩がある。何とかして恩を返したい。
「貴殿にはさる年に瀕死の重傷を負わせられた恩がある。今日は是非恩返しをしたい」
 江湖の仁義を切って、二子局を始めたのであるが、中盤で大石を取られてしまった。ところがこれで白は読みが甘くなったらしい。またもや黒の急所の石を取られそうになったとき、“打狗棒”で足をはらうと、身軽に避けられたが、一路着地を間違えたため、黒はその石を連れ戻すことができた。そうなると白は眼形が乏しく、黒はここで必死の“降龍十八掌”を繰り出して中央に向かい、白の大石を取るか死んでいた黒石を生き返らすか、ということになった。
 結局黒の大石を生き返らせて、ついに恩返しができたのだ。
posted by たくせん(謫仙) at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック