2007年03月07日

棋友

06.4.22記
     
4月15日は千寿会。その話題を。
 小林千寿先生は、週間碁(新聞)に毎回エッセイを寄稿している。最新号では、欧州に集まった素粒子理論の学者の集まりの話。欧州に巨大な加速器があり、素粒子の研究には欠かせない。この中に千寿会会員の小林教授(東大)がいて、小林教授に加速器の話を聞いたとか。
 昨日はその小林教授と対戦。前回まで三子置かせて一勝一敗であるが、今回は二子で白がコミ出しにした。それが勝利が決まったと思った瞬間に大失着をして稲葉ウアー。打った瞬間に失着に気がついた。
 そのあと、Aさんに三子置かせて大勝利。A教授も原子力の大御所なのだが、もちろん碁を打っているときは、そんなムードはない。
   
 それから元アマ女流チャンピオンのOさんに2子局で教えて頂く。今回かなりうまく打てて、もう少しという所までいけた。わたしの力ではそうなることはありえないと、油断をしていたらしい。もっともOさんは細かいながら勝ちか見えていたので、ムリをしなかったということもある。
 これは名局だとお褒めの言葉を頂いた。Oさんがお世辞を言うのは初めて聞きました(^_^)。かささぎさんに言わせると、Oさんには碁で負けて、その後の感想戦でも負かされる、一局で2回負けるそうだ。
 二次会では、ちかちゃんの苦労話やお色気話を聞いた。挿絵画家で一世を風靡した人である。小説を書く人は判らないときは、その描写を避けたりして、逃げることができる。だが、絵は逃げられない。そのため膨大な資料を集めた。
 たとえば、帯一つでも家康の時代と家光の時代は違う。女の帯の締め方も、江戸時代は胴に巻いたが、戦国では男と同じく腰に巻いた。島田(ゲイシャワルツで揺れた髷)でさえ時代によって変わっているので、時代小説は確認しなければならない。
 松本清張の小説で旅行の話があって、そこへ旅行して、絵を描いたところ、松本清張が大変喜んでくれたとか。作家によっては、その苦労が全然判らない人もいるとか。出版社でも判らない場合が多く、しかし読者の目は鋭いので手が抜けないとか。作家にはいい加減なものがいて、描くのに困ったとか。
 江戸時代は月代(さかやき)を剃っていたが、これは本来兜を被るためで、実際に兜を被った戦国時代は大きく剃って坊主に近かったが、江戸時代は形だけになり、細くなった。
 女にしてもチラリと見えるから色っぽいのであって、大胆に見せてしまっては色気がない。それは下着の着用による。昔は下着を穿いていなかったので、大胆なポーズはできない、隠すことに注意した。そこが色っぽいのだという。洋装でも中国服(満清服)でも同じ。(そういえば、ミスユニバースなどのドレス姿では下は穿いていないという)
 ガングロに至っては色気もなにもない。
 わたし(謫仙)はガングロは色気を拒否した姿ではないかと思う。今まで男の観賞物とされていて「士は己を知るもののために死に、女は己を愛するもののためにかたちづくる」といわれたが、それを拒否したのがガングロであると。
 思わぬ話をいろいろと聞くことができた。
posted by たくせん(謫仙) at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141080826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック