2010年07月30日

竜舌蘭(リュウゼツラン)

竜舌蘭(リュウゼツラン)・青の竜舌蘭(アオノリュウゼツラン)

 竜舌蘭は100種以上が知られている。いわゆる蘭とは違う。
 竜舌蘭の代表的な種がアオノリュウゼツランだ。南北アメリカの熱帯が原産地で、広く世界で栽培されている。
 大きな葉は先が鋭く尖り縁にトゲを持つ。茎は太く短い。一般に成長が遅く、俗に百年に一度咲くと言われている。英語名はセンチュリー・プラントと言われているという。実際には30年程度で咲く。
 生態が似た植物にプヤ・ライモンディがある。パイナップル科でこれも百年に一度咲き、センチュリー・プラントと言われているとある。ちなみにセンチュリー・プラントで検索すると竜舌蘭ばかり。日本にはプヤがないのでそうなるのかな。
 アオノリュウゼツランはなかなか咲かないので、日本での開花例は珍しい。わたしの知る限り、両方の指で数えられるほど。
 2003年に浜離宮で咲いている。このアオノリュウゼツランは55年かかったという。
 葉が人の背丈より高くなるが、花はさらに珍しい。
 花茎が伸び出すと10メートル近くなる。まるで電信柱だ。そこに枝を張ったように花が咲く。
 1996年に夢の島熱帯植物園で咲いた。この時は30年くらいで咲いた。
 2006年に新宿御苑で咲いた。
 2008年に北区赤羽台で咲いた例がある。撮影者が、写真の利用を許可しているのでここに載せさせて貰う。
   
  aonoryuuzeturan-1.jpg
 数十年に一度このように花茎を伸ばし、花が咲くと一生を終える。

 ほかに、テキーラリュウゼツランは蒸留酒テキーラの原料になる。
 フクリンリュウゼツラン(覆輪竜舌蘭)は青の竜舌蘭の斑入り。

 いま、夢の島の熱帯植物園で青の竜舌蘭が花茎を伸ばしている。熱帯植物園のHPで6月10日に、花芽が付き開花に向けてぐんぐん生長中、というニュースがあった。これから花茎を8メートル近くまで伸ばし、8月頃に開花予定、とある。
 その後に追加のニュースがないのでどうなったのだろう。そのうち見に行こうと思っている。

 わたしは1982年に台湾の台東の近く小野柳に行ったことがある。

 ryuzeturan2.jpg
 ここで見たのがこの花茎である。当時は竜舌蘭を知らず、この花茎がそんなにも珍しいものとは思ってもいなかったので、チラッと見ただけだった。

 ryuzeturan3.jpg
 台湾−蘭嶼は竜舌蘭が多い。知らなかったので、そのつもりで見ていないので、同系統の似た植物かも知れない。葉の棘を利用して家畜を囲い込んだり畑を囲ったりしている。あとであれは竜舌蘭だった、と思った次第である。いろいろ調べてみたが、確認できなかった。

参照: 台東   小野柳   蘭嶼7−イラタイ(漁人村)

青の竜舌蘭(アオノリュウゼツラン) に続く
posted by たくせん(謫仙) at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157882500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック