2010年08月11日

冲方氏のインタビュー

七日の千寿会(後) 冲方氏のインタビュー

 フランス少年との碁を打ち終えてから、週間碁を広げる。
 7月14日に行われた、天地明察の著者冲方丁さんのインタビューが載っているのだ。
 出席者は現役最高年齢の杉内雅夫九段(大正九年生まれ)・依田紀基九段・小林千寿五段。それに司会として秋山春秋子。
 内容は当然ダイジェストであろう。実際にはもう少し濃い話があったのではないかと思われる。
 著者がこの本を書いた動機のような話が続く。
 わたしは算知道悦六十番碁(小説では二十番碁)の話に興味を持った。二十番碁を算知が持ちかけたのは囲碁界の常識にないので、どこから…という問に、春海の天文の資料の中に有ったと言う。
 これが本当なら囲碁史上に於ける大発見なんだが、続きがない。若いころ囲碁の神様と言われた杉内雅夫九段も知らない話。その資料は何か。どのように書かれていたのか。その信憑性はどうか。などなど細かい話があったと思えるのだが…。碁方と碁所の区別もできない著者なので、誤読していないか気になるところ。
 ただし、本物の資料にそう書かれていた可能性はある。一門の資料なら一応体裁を繕えるだろう。「師は本因坊の挑戦から逃げ回っていて、六十番碁を二十番しか打たなかった」とは書けないからだ。はじめから二十番碁であったかのように書くだろう。師から本因坊へ持ちかけたかのように書くだろう。
 客観的な資料になりうるかどうかが問われる。それでいままで知る人がいても無視されていたのかもしれない。
 千寿師父に訪ねたかったが、ぐっとこらえて口には出さない。千寿師父は7月30日に日本棋院の海外室と出版部を担当の常務理事に就任している。内容を勝手に漏らすわけにはいかない立場なのだ。
 碁ワールドではもう少し細かく出ると思うが、読む機会があるかどうか。
 天地明察に対して、わたしはかなり手厳しいことを書いているが、基本は褒めている。間違いを正して、安心して推薦できる本にして欲しいのだ。
 専門家の監修を入れて漫画化できれば、ヒカルの碁につぐ面白い囲碁マンガになるだろう。本因坊という名も世界に知れ渡ったところだし、世界が待ち望んでいると思う。

関連記事: 天地明察  天地明察(続き)  江戸の碁  名人碁所
posted by たくせん(謫仙) at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159138664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック