2010年08月30日

脳みその研究

阿刀田高   文藝春秋   04.5

 表題作を含む短編集である。阿刀田高の短編は、いつも不思議な雰囲気を持っている。 オチがハッとさせられる。ああそうか、と思うのだが、それが予測がつかなかった。ところが、この本ではある程度こうなりそうだという予測がつく。的中するわけではないが、まるっきり外れるわけでもない。
 わたしが読み慣れたのか、著者のペンが変わったのか。
「小説ウイスキー教室」では、その不思議な酒場にきたのは、一度目はうれしいとき、二度目は悲しいとき、そして今夜は三度目。バーテンダーの後ろには今夜の教訓が書かれている。
酒を飲む三つのタイミング
一つは、うれしいときに
二つは、悲しいときに
その他の全てのとき
 ボトルがからになり、夢が消え、現実だけが残った。

 これだけでは独特のオチは判らないが、雰囲気だけはなんとか伝わらないか。
 読み終わったあとはさわやかな感じがする。しかし中身はほとんど憶えていない。ストーリーを憶えていないのは、阿刀田小説に共通しているので、気にはならない。上品なユーモアやオチを楽しめればいい。
posted by たくせん(謫仙) at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、樽井です。
 回復の挨拶回り書きこんだつもりでしたが、できていなかったようで失礼致しました。
 さて。阿刀田さん、そういえば「〜を知っていますか」シリーズを二冊ほど読んだだけで、読んでおりません。印象もあんまり残っていません。今回書かれている話からすると、星新一とかそんなくらいのタッチですか? それともわたせせいぞうくらい? かな。記憶に残らないのがもちあじなのか、それとも私の記憶力が悪いのか。

 ところで、沖方丁さんのSF最新文庫のほうを読み始めました。
 また読んだら感想アップいたします。
Posted by 樽井 at 2010年08月31日 23:14
樽井さん
無事退院して、日常生活に戻ったのですね。
「〜を知っていますか」は小説ではないので、参考ですが、文は判りやすい文ですね。難しいことをやさしく解説する本でした。
星新一は出だしからオチの面白さを狙っていますが、阿刀田高は小説として読みがいがあり、オチは付け足しのようで意味が深い。わたせせいぞうは知らないので…。
別な本ですが、次のような話があります。

元学生と恩師が集まって、怪談百話で、幽霊を呼ぼうという。
主人公が食べているものの味がなつかしい味がする。幽霊は出なかったが、主人公はあの味は幽霊ではないかと思う。
 オチだけでは話が持ちませんので、そのストーリーも味があります。

どうでしょう。
沖方丁さんのSF最新文庫ですか。広告を見たことがあります。感想が楽しみです。
そうそう、前に古語の話の本がありました。読みましたが、ひとに勧めるような本ではないので、感想は書きませんでした。
Posted by 謫仙 at 2010年09月01日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161006721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック