2006年05月17日

花筏

 5月3日、柳原千草園で花筏(ハナイカダ)の花を見つけた。
 初めて見た。目立たない小さな花だ。
 花筏を見たのは戸倉三山に登ったときだ。その日は上り始めたときに雨になった。その最初の山「戸倉山」の中腹にあったのだ。それは葉の中央近くに小さな豆粒のような実がなっていた。面白い形と思い記憶していたが、後に花筏と判った。その花を見たのだ。

hanaikada1.jpg

hanaikada2.jpg

 花筏の名前はかなり前から知っていた。落語に「花筏」という話がある。
ある歳時記に、花筏は弱い木で簡単に折れる。それで弱い相撲取りをおもしろおかしく語っている。と解説していた。
 しかし、落語の花筏は弱い力士ではない。強くて人気のあった力士だ。ところが病気になって、体型の似た提灯屋が代わりを務める、というのが落語だ。落語の花筏に言及するのなら正確に、少なくとも間違わないように言及してもらいたい。
posted by たくせん(謫仙) at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック