2011年02月04日

03年青森の旅 八甲田山

 蔦温泉からまたバスに乗り、八甲田山ローフウェイの駅前で下りる。このあたりで雨は止んだ。ホテルは満員だったが、そこには山小屋風の宿があって、ここに入った。「山小屋八甲田山荘」二食付き1万円。ベッドがなく布団で寝る以外はホテルと同じ。ベッドがない分部屋が広い。気に入った。
 ここでは一つだけ問題。食事の時、肉や野菜を流行のあの小さなコンロで焼くのだが、蝋燭の炎のような固形燃料では焼けず、全てが生のママ燃料が燃え尽きた。おそらく炎に直接肉などを当てるのだろう。全て残した。まあ、これ以外にも食べるものはあったので…。

 20日は山小屋でおむすびを作ってもらい、九時始発の空中ケーブルで一気に標高1300メートルを超える山頂公園駅にいく。
 そこから少し歩くと田茂萢(たもやち)湿原。
  
03-8-4-01.jpg

    
03-8-4-03.jpg
 ここまでは歩きにくくても、普通の観光コース。これから先は、登山コースになり、易しいとはいえ、全く準備なしで行くのは避けねばならない。途中で歩けなくなっても、逃げ道はない。

 山の様子は 八甲田山 を参照。

03-8-4-27.jpg  
 酸ヶ湯(すかゆ)温泉に下りたのは二時ごろ。バスで山小屋まで戻り荷物を受けとって、またバスで青森まで。バスは一時間に一本程度で通る。
posted by たくせん(謫仙) at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック