2011年02月11日

03年青森の旅 青森「ねぶたの里」

 21日、郊外のねぶたの里を見物に行く。なお弘前はねぷたという。ふの字が「ぶ」と「ぷ」の違いである。

03-8-5-01.jpg
 こんなねぶたが十数基並んでいる。サムネイルにしておく。
   
03-8-5-02.jpg  03-8-5-04.jpg  03-8-5-05.jpg  03-8-5-07.jpg  03-8-5-08.jpg  03-8-5-09.jpg  03-8-5-11.jpg

 ここはわざわざ見物に行くにはすこし物足りない。ただ、通りかかったら見ておきたいところ。
 午後は市内に帰り、棟方志功記念館に入る。小さいが質はいいのでお勧め。

 駅前にアウガという百貨店があり、そこの四階にパソコンが並んでいた。無料でインターネットを使えるのであった(^_^)。当時はインターネットの出始め。こうして広めていた。
 ここで目星をつけ、青森駅で五能線の時刻表を見て、ついでに24日秋田からの新幹線東京行きの切符などを購入。
 禁煙席が絶対条件なのでなかなか空席が見つからない。第4希望でやっと空席があった。
 なお、十二湖を目指す五能線は本数が少ない。

 川辺発 6:09  6:57  9:38  11:31

 この中で深浦まで行くのは 9:38 の一便だけ。深浦で乗り換えて十二湖を目指すことになる。
 海岸に行く。青森県観光物産館アスパムの展望台に上がる。
 展望台の景色を。

03-8-5-13.jpg

03-8-5-14.jpg

03-8-5-15.jpg  03-8-5-17.jpg
posted by たくせん(謫仙) at 08:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
 青森には、いつか、桜が豪奢という形容が似合うほどに咲き誇る季節か、そうかこの「ねぷた祭り」の凄みのあるエレクトリカルパレードが見れる季節に行きたいと思っています。寒がりだから、北のほうにはなかなか足が伸びないのだけれど、いつかもっと仕事に余裕が出来て、暇ができたらのんびりと日本のあちこちをぶらぶらしたいなと思っています。
 
Posted by 樽井 at 2011年02月12日 00:15
樽井さん
わたしも寒さには弱いので、暖かいときに行きたい。
でこの旅はもう一度行きたい旅です。
よい思い出・記憶のあるところは、もう一度行きたいですね。
例えば、中国には、「中国だけは二度と行きたくない」という人と、「また行きたい」と言う人と極端に別れるそうです。
その意味では、日本はどこへ行ってもまた行きたくなりますよ。たたその力が弱く、行きたいなあ、で終わってしまうことが多い。
気持ちだけではなかなか動けませんね。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年02月13日 10:01
私の長男夫婦は青森市に住んで3年、まだ、一度も
ねぶたを見ていないそうです。
もったいないと思うのですが、いつでもと思うと
そういうものなのかもしれません。
私も、わりと近い祭りも、定年になってから見に行ったことが多いです。

海外はあまり行きたくないですね。
中国は何度も行きましたが、仕事ですから、良いも悪いも無いですね。
でも、海外に行くよりも、日本を見たいです。
でも、今は、母親の介護で、一泊の旅行もなかなか・・・

長男夫婦の青森も行きたいと思いながら、いけません。
Posted by オコジョ at 2011年02月18日 20:37
オコジョさん
たっぷり時間があると、なかなか行けませんね。
旅行も仕事をしたころ、なんとか休みを取って行ったころの方がよく行きました。
わたしも日本国内でも行きたいところがあちこちあって、とても見切れる物ではありません。
故郷でさえ、なかなか行けないで苦慮しています。時間はあるはずなんだが……。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年02月19日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック