2011年03月14日

京都・陰陽師の殺人

鯨 統一郎   中央公論新社   09.6
副題は、「作家 六波羅一輝の推理」
 陰陽師という文字に引っかかり読んでみた。
 安倍晴明のゆかり地に現れた鬼。京都に住む女性の婚約者が鬼に殺されたという。その謎を解く、ミステリ作家の六波羅一輝と出版社の担当の北山みなみのコンビ。
 シリーズの三作目であるという。わたしは前二作を読んではいない。
 できはと言うと、これはなんとも言えない。前二作を読んでみようという気が起こらないが、好みではないからで、できが悪いとはいえない。
 鯨 統一郎らしい、斬新なアイディアがない。それだけに欠点も見つからない。

 興味を引いたところは言葉の解釈。
 独壇場これはなんと読むか。「どくだんじょう」と読む人が多い。正しくは「どくせんじょう」と言う人がいるかも知れない。
 しかし「どくせんじょう」は独擅場と書く。だから独壇場は「どくだんじょう」なのだ。そして、本来独壇場という言葉はない。独擅場を「どくだんじょう」と誤読されて、文字も独壇場と書かれるようになった。
 先を越される。これは本来「せんを…」と読む。
 ヘエーそうなんだ、と関係ないところで、この本を高評価している。

 安倍晴明は本来有名人ではない。昭和50年に帝都物語で取り上げられ、名前が知られた。夢枕獏の陰陽師で美形に書かれて以来、美形の青年というイメージが定着した。そして晴明神社や一条戻り橋が観光地となる。
 そこで殺人事件が起こり、残された言葉が、「美女が鬼に変化した」。そして六波羅一輝に事件の解明を依頼する手紙が届く。
 京都に関して、それなりの洞察はあるが、わたしにはそのレベルは判らない。途中で読むのをやめる気にはならなかった。と付け加えておく。
posted by たくせん(謫仙) at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック