2011年05月11日

04年山形の旅 山寺

 04年夏の旅 HPからの引っ越しです。当時は紹介だけで詳しい説明はしていませんでした。いまさら必要もないと思うので、ほとんどそのまま移します。
写真は入れ替えて追加もしました。

 新幹線で山形まで。
 ホテルはインターネットで予約しておいたので、そのまま山寺に直行。
 和尚さんが猫をかんぶくろに押し込んで蹴ったという、山寺ではない。
 奥の細道で有名な立石寺(りっしゃくじ)である。

04.8-01.jpg
 時間によってはこのトロッコ電車に乗ることができる。山形〜山寺間。
  
04.8−02.jpg
 山寺駅でおりて、山寺に向かう。

04.8−03.jpg
 上の写真の中央上部
 左が五大堂 右が開山堂

04.8−04.jpg
 こんな岩壁があちこちに、その中でも一番大きいかな。岩は雨水で浸食されて、おもむきのある模様ができている。

04.8−05.jpg 04.8−06.jpg
 ここより山寺
 力こんにゃく(100円)を食べて上り始める。

04.8−21.jpg
 はじめの階段を上ると根本中堂
 この前を左の方に行くと鐘楼をえて、奥の院に行く。

04.8−19.jpg
 鐘楼、この図の右下あたり根本中堂から近い。

04.8−08.jpg
 松尾芭蕉 像
閑かさや岩にしみ入る蝉の声(芭蕉)

04.8−18.jpg
 少しのぼると弥陀洞。
自然に岩壁が削られ弥陀の姿を現したとか。

04.8−09.jpg
 弥陀洞あたりから見た仁王門。少し登った山の途中にある。

04.8−11.jpg
 八百余段の階段を上り詰めると奥の院

 下りは景色を楽しみながら。

04.8−13.jpg
 納経堂
 開山堂の脇にある。

04.8−14.jpg サムネイルにした。横800ピクセル。
 五大堂より一望する。絶景の展望台である。

04.8−17.jpg
 このあたりは緩やかな坂道。振り返って名残を惜しむ。

04.8−20.jpg
 下に下りれば、登りの時には気づかなかった、境内のこけし塚。
 それから真っ直ぐ駅に行ったわけでなく、遠回りしてどこかによった記憶があるのだが、どこか思い出せない。駅の向こう側だったかな。
posted by たくせん(謫仙) at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙台から山形へ傍を通って仕事に行きました。
有名な立石寺、寄ってみたいなと・・・

いまだに行っていませんがいつか行ってみたいところです。
岩と山寺は雰囲気がいいですね。

でも、「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の芭蕉のころと
違い今はいつ行っても賑やかなのでしょうね。
Posted by オコジョ at 2011年05月13日 17:50
オコジョさん
7年前の記録なので、今はどうなっていますか、それほど変わってはいないと思います。平日だったので、賑やかという感じはしませんでした。それでもそれなりに人はいて、有名な観光地だなと。まわりの土産物店が繁盛しているようでしたね。
8月の終わりころなので、芭蕉が行ったころと同じですが、岩にしみ入る蝉の声は聞こえませんでした。
あちこち行ってみたいところはありますが、なかなか行けませんね。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年05月14日 07:34
懐かしいです。
だいぶ前ですが夏の旅行で行きました。
階段、結構ありますがスンナリ登って下ってきた記憶があります。

7年前を振り返って思い起こしながら素敵な時間を過ごされたでしょう。

旅先でバッタリたくせんさんに出会ってみたいなって気がします(^^♪
Posted by 千春 at 2011年05月14日 22:24
千春さん
緩やかな階段なので、歩きやすかったと思います。
途中に休憩所もありましたね。高齢の方がけっこう利用していました。
懐かしい思い出です。
近ごろでもないかな、「思い出づくり」なんて言葉がありまして…、思い出をつくるためにするのではなく、何かをした結果が印象深く思い出として残るものですよね。
下りの景色が印象に残っています。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年05月15日 06:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200422431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック