2011年06月15日

見沼代親水公園(上)

 毛長川に少し離れて見沼代(みぬまだい)親水公園がある。恰好の散歩コースだが、少し遠い。
 下の地図、右下の古千谷橋まで、竹ノ塚駅から1.6キロある。散歩なので、もちろんそこまでも歩く。
 もし鉄道で行くなら日暮里舎人ライナーの終点、見沼代親水公園駅まで行くのが早い。終点のふたつ手前が何度も紹介している舎人公園の真ん中にある、舎人公園駅である。

 minumadaichizu1.jpg P4254136.JPG 横800ピクセル

 左上から右下への太く青い線が毛長川。東京都と埼玉県の境の川になる。細く青い線が見沼代親水公園の水路だ。
 古千谷橋は名ばかりで橋はない。

P4254132.JPG
ここが公園の始まり。
  
P4254137.JPG
 公園と言うより水路沿いの道と言うべきか。この時は大地震がら間もなくで、電力不足から水流がない。いつもは毛長川の水を汲み上げ浄化してこの水路に流している。

P4254142.JPG
 八重桜と、躑躅が満開だった。

P4254144.JPG
 古千谷小学校の学校農園。植えられているのはジャガイモか。

P4254149.JPG
 所々に休憩場所がある。高齢者が集まっているのを見る。
 ここは左側にスペースがある。

P4254150.JPG
 トイレがあるのがありがたい。トイレ以外に利用している人を見たことがない。

P4254155.JPG
 公園らしくなってきた。いつもなら、ザリガニ釣りのこどもたちで賑わっているところ。

P4254156.JPG
 水車のある遊び場。ここではいつもこどもたちを見かける。この日は8人ほどいた。
「カメラマン?」
「違うよ、今日だけのカメラマンだよ」
「撮って」
「いつもここで遊んでいる?」
「今日だけ」
 撮したが、写真を上げようがない。

P4254161.JPG
水車も止まっている。

P4254168.JPG
 少し歩くと、舎人諏訪神社の境内になる。水路は右側。
 鳥居の位置が不自然だが、昔の姿を残しているのか。神社はこの建物の中にある。

P4254173.JPG
 本来のお宮は小さい。この金網の中だ。

P4254171.JPG
 はっきり見えないのが残念。右が前である。

setumei.jpg  横800ピクセル
 わたしには半分も意味が判らないので、説明文をそのまま載せる。

P4254181.JPG
 水流がなくなっていた。

P4254182.JPG
 このように何度も道路が横切る。

P4254190.JPG
 ここまでくると、見沼代親水公園駅はすぐだ。

P4254193.JPG
 古千谷橋から見沼代親水公園駅まで1.3キロ。一応水路は途切れるが、尾久橋通りを渡ると、そちらにも水路が続く。

P4254196.JPG
 駅は高架。

P4254195.JPG
 鉄道はここで終わる。
posted by たくせん(謫仙) at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水路沿いの散策路、水の流れを見ながら、これからの時期は気持ち良さそうですね。

見沼代というくらいだから、ここら一帯は沼地というか湿地だったのでしょうかね?
Posted by 千春 at 2011年06月17日 00:54
千春さん
詳しいことは判りませんが、この流れは本来農業用水です。辺り一面田圃だったと思います。だから沼地などもあったでしょうね。
他にも近くに前沼という地名があります。いくつかの神社などでは出水に備えて舟を用意していました。それの名残を今でも保存しています。
もう水流れも戻ったと思いますし、夏の散歩には快適です。そこに行くまでが大変ですけど。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年06月18日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック