2011年06月27日

グイン・サーガ・ワールド1

グイン・サーガ・ワールド1
栗本薫ほか   早川書房   2011.5
 2009年に亡くなった栗本薫の代表作、グインサーガは未完のままになってしまったが、そのグインワールドを書き継ごうという人たちの、その外伝集の第一巻だ。

     guin11.6.27.jpg
 表紙の絵を久しぶりに加藤直之が描いている。初期辺境編は加藤直之だった。懐かしい。
 グインの豹頭が、なんとなく人らしい表情なのだ。呪縛が解けると人頭に戻る感じがする。他の人の豹頭は豹の頭をくっつけた感じで、(豹頭の)人らしい感じが弱い。

 ドールの花嫁 栗本薫
 遺稿発掘とある。若き日に途中まで書いて止めてしまった。若き日のナリス。
 その当時書いていた本編とはずれが生じたらしい。わたしには判らない微妙な差だ。
 文体が少し古く、初期のグインサーガを彷彿させる。

星降る草原 第1回  久美沙織
 草原の鷹スカールの、出生の秘話である。その母の数奇な運命を語る。
 小説道場で著者の名を知ったが、投稿は記憶にない。異常な愛を語ることができる。わたしには苦手な話だ。

リアード武侠傳奇・伝 第1回  牧野 修
 今日は特別な日だ。
 出だしの第1行がこれだった。これだけで栗本薫ではない、と思ってしまう。
 栗本薫なら、「今日は特別な日であった。」であろう。たったこれだけで、違和感が生じる。
 講釈師のような立場の語り手は、講談調でリアード武侠を語るが、いきなり現代口語が挟まってしまう。わざと入れたと思いたいが、読んでいて、いきなり調子が崩れてしまうのだ。その前に、講談調の文も調子が悪い。そのためいまひとつのめり込めない。そしてミステリー事件が起こるが、このミステリーは成立するのか。違和感が消えない。

宿命の宝冠 第1回   宵野ゆめ
 三話の中でこの小説が一番栗本薫に近い。栗本薫を詐称したら気がつかないであろうと思うほど。できは判断できないが、わたしの好みに合う。
 沿海州の男装の姫が中原を巡ってから、故国の危機を知り帰ってくる。しかし、素直には帰れない事情がある。語り手はパロからきた世間知らずの青年。
 これだけは続けて読みたいと思う。

日記より
 夫君今岡清さんが発表した、栗本薫の日記の一部だ。
 最初は中学一年。それから作家としてデビューするころまで。異様な精神状態を感じさせる不思議な文章である。

エッセイ
 そして今岡清さんが栗本薫を語る。
 文を書くことにとりつかれ、死の瞬間まで書き続けた、栗本薫のすさまじいと思える精神状態。これでよくあの大人の物語を書けたと思う。特に死の床に伏してからの、精神も病んでいたのではないかと思えるほどの異常な行動や言語。それを暖かく包む今岡清さんの感性。これで栗本薫は大人なのかと思えるほどだが、妙に納得できる話だ。
posted by たくせん(謫仙) at 08:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
 宵野先生がきいたらむちゃくちゃ喜びそうですね。
 メールで伝えておきますです。
 先日第二話も脱稿したとのことでしたが、僕も楽しみにしております。
 
Posted by 樽井 幸雄 at 2011年07月01日 13:20
樽井さん
設定といい、物語の進め方といい、語調といい、わたしの好みにぴったりでした(^。^))。
グインの世界が判っている、という気がしました。先が楽しみです。
宵野ゆめというペンネームは問題。栗本薫は、ペンネームくらい魅力的な名を考えられないのか、といっていました。当時とは名前のセンスが変わっているので、言いにくいのですが、わたしはこのネームに不満なんです。(^。^))。
不満ですが、ダメと言うほどではない。
わたしのセンスがずれているんでしょう。 
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年07月01日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック