2012年03月27日

パソコン VALUESTAR G W

   2011.7.1 記
   2011.7.9 追記
   2011.8.27追記
   2011.10.22追記
   2012.3.27追記
   …………………………

2011.7.1記
 新しいパソコンを買った。
 いま住んでいるアパートにテレビアンテナを入れてくれたので、テレビを買うことにした。いっそのことテレビ付きパソコンにした。
 NECの「VALUESTAR G W」。
 注文したのは6月9日、入るまで2〜3週間の予定だったが、予定日を聞くまでもなく一週間で届いた。
 今までのパソコンはXP機で2004年購入。7年使ったことになる。去年内蔵HDを追加しバックアップした。このままあと5年は使うつもりでいた。いまでも問題ないが、交代のタイミングであろう。
 液晶の場合ドット抜けの問題がある。訊いたところ、工場で検査し、間違いありませんという話だった。もしあったら返品になる。
 それでも説明書には、「ドット抜け返品には応じません」と書いてある。
 七年前には、某店ではドット抜けは返品には応じないとあり、そのため、提示価格より数千円余計に払い交換の保険に入ることになったのだ(保険に入ったのでドット抜けのない物を回してくれたのかな)。
 ソフトはオフィスを断り、ATOKを入れる。旧パソコンの一太郎をバージョンアップした。これも7年ぶりのバージョンアップ。アドビ製品はそのまま。もう仕事で使うことはないだろう。趣味で使うには全く問題ない。写真のレタッチソフトはついている。

6月16日
 入荷した。23型、店頭で見たときはさほどとは思わなかったが、部屋に入れてみるとかなり大きい。
 説明書はいつもの如く分冊されていて、あっちを読んだりこっちを読んだり。ある程度は仕方ない。
 一冊の中にタイプの違うパソコンを一図で示し、Aは…、Bは…、Cは…。とするので要らない部分もかなりある。これは仕方ない…かな。これをやる限り初心者の問い合わせが続くだろう。
  
6月17日
 初期設定をする。
 ネットはコード接続だけで繋がった。
 windowsの更新。
 javaの更新。
 ATOK11をインストール。一太郎は最後の予定。今は旧パソコンで使うため。
 テレビを見る。アンテナに繋いだだけで見える。設定は何もない。
 F型コネクターは、箱型とネジ型があり、「ネジタイプを取り付けよ」と指示があるが箱型でも問題なかった。どこが違うのだ。
 データの引っ越し。新パソコンには専用ソフトがついている。それをUSBフラッシュメモリに移し、旧パソコンにインストール。両方をLANケーブルでつなぎ、データの移動。これは、「お気に入り」や「メールアドレスとメールデータ」が中心。2時間半かかった。

6月18日
 ジャストシステムの案内によって、登録単語の辞書をコピー。
 winXPとwin7 のエクスプローラーでは辞書ファイルが表示されないようになっているので、表示するようにする。またwin7の拡張子を見えるようにする。
 XPの辞書をコピーして、外付けのHDに移す。それを新パソコンの該当する位置に貼り付け(ペースト)。
win7 のエクスプローラーがどうなっているのか、全体像がつかめず使いにくい。
アイコン表示を詳細表示に切り替えたりして、ようやく一部が見えるようになった。

デスクトップのカスタマイズ。
 要らないショートカットを捨てる。
 背景を薄い緑にして、画面上の文字を125%表示にする。アイコンは小アイコンにする。書体を変更する。ようやくデスクトップの文字がきれいに見えるようになった。店頭説明ではできないと言われたが、試してみたらできた。できるはずだとは思っていた。
     xinpaso.jpg

ソフトのインストール
 Chinese Writer9をインストールしたら、32ビット版で使えない。
 こうなると、一太郎以外のソフトは使えないンだろうな。思わぬ所に落とし穴。
 当分文章やブログは旧パソコン使用となる。そういえば去年は32ビット版と64ビット版の両方のパソコンが出ていた。このときはこの問題を知っていた。今年は64ビット版のみなので、忘れていたのだ。もっとも判っていても選択肢は無い。
 テレビとDVDは新パソコンで見られるので、棲み分けになる。

6月23日
 パソコンのバックアップ作成
 外付けHDをフォーマットして、新パソコンのバックアップ。
 旧パソコンはHD二台にして、システムとデータのバックアップ。
 Windows7のサービスパック1をインストール。

6月24日
 BDにシステムのコピー。
 テレビのことでNECに電話した。買ったところはヨドバシ秋葉原だがNECダイレクト。問い合わせはヨドバシでは一切受け付けず、直接NECに電話しなければならない。インターネットを探したがネットの受付は無いようだ。
 わたしの電話はダイヤル式、心配したがなんとか通じた。受付では「ダイヤル式の場合は『何とかの』ボタン押してください。」という。ダイヤル式電話に釦はない。
 あとはプリンターとスキャナーの設定だが、まだ試していない。

 旧パソコンは処分する予定でいたが、当分の間、二台とも使うことになった。

   …………………………
7月9日 追記
 コメントにもあるように、CW9をインストールすることができた。それで一太郎もインストールした。この時、びっくりしたことがある。
 XP機でカスタマイズしたことがそっくり移動したのだ。
 わたしはワープロ機能はあまり使わない。例えば自動的に括弧を閉めるとか、連番にするとか、インデントとか、とにかく「自動的にこれこれをする」という機能は原則として使わない。そのような機能は全て動かないようにしてしまう。
 さらにツールボックスもほとんど入れ替えてしまう。全角と半角の変換などがある。

 問題が発生した。数字やローマ字などを全角で入力しても半角になって出てくることがある。XP機ではなかったことだ。
 ブログの文字など、半角だと逆に強調されてしまう。これが醜いので、普通半角で表現するところもわざと全角にすることがある(年など)。このために自動的に半角にされると困るのだ。そんな時、ツールの「全角」の出番ではあるが、それでも面倒。

 プリンターは、キャノンのHPからドライバーを入れることができた。
 ところがスキャナーが使えない。エプソンのHPを見てもwin7用のドライバーがない。
 アドビCSはコメント欄にもかいたが、アップグレード版なので、その前のHSを要求してくる。ところがこれを認識しない。これは高等技術が必要。webで対処の仕方を探したが、難しすぎるm(__)m。
 アドビCSとスキャナーが組で問題か。これでXPを処分できなくなった。

 キーボードを買ってきた。付属の品はノート用のようで、打つ感覚がない。沈み込みが少なく反発の手応えがない。ボードに触れた感触も平で釦の境目が判りづらく、ミスタッチが多くなった。買ってきたのはLogicoolK270、2480円。釦の位置が手触りで判り、適度に反発し、急にカタッと沈み込む。この感覚がいい。
 マウスも、付属のマウスは小さく、指だけで触っている感じで疲れる。さいわい古いマウスが使えたのでそれを使うことにした。これはUSBのコード付き。掌がマウスに乗るので、掌全体で包むような感じになる。手を持ち上げていなくても良い。

 電話したテレビの問題とは、左辺にある釦で画面を暗くしてしまうと、自動的にテレビが立ち上がったとき、画面が見られなくなってしまうのだ。NECサポートでは、そのような現象が生じないので、再インストールしてみてくださいと言われた。使い方に間違いがあるかも知れないので、もう少し様子を極めてからと思っている。
 テレビ用のリモコンがついているが、これは使ったことがない。

   …………………………
8月27日追記

 メモリー(RAM)は8G(ギガ)を入れてある。
 win7の説明書を読んでいたら、32bit機では最大4Gで、そのうち約1Gはwindowsが使ってしまう。実際に使えるのは3.25Gだという。計算が合わないのはともかく。
 XP機には512メガしか積んでなかった。そのままwin7のソフトだけ買ってもアップできないことを実感。もっともわたしの使い方では、XPでも充分間に合う(^。^)。
 だから3Gあれば充分なようだが、次に書くSSDの為に8G。
 CドライブはSSD。これで立ち上がりが驚くほど早くなった。SSDはフラッシュメモリーを集めてHDとして使うようにしたもの。寿命が短いため、できる限り読み書きはしないようにする。ここでメモリーの8Gが生きてくる。スワップ(Cを一時的にメモリー代わりにする)をしないようにするためだ。
 SSDは電子的に動くので、デフラグの必要性がない。HDでデフラグをするのは、HDは機械的に動いているので、デフラグをすると読み込みが速くなるのだ。

 わたしのパソコン知識は、跋行的に入る。今回もwin7の説明書(七百頁以上)を読んでXP以降の知識を吸収した。実際に理解できたわけではなく、様子が見えたという程度。
 説明書を読むと、できるのかできないのか判らないということが少なくなるのだ。結局は、今までやっていたことからそれほど外れるわけではない。少なくとも「わたしは使っていないが、win7ではこんなことができるはず」という知識を得られるのが大事なところ。
 週刊紙など読んでいる人は、そういう知識を少しづつ手に入れている。わたしはそれがほとんどないので、10年遅れになってしまっていた。
 最近気づいたのだが、わたしはハード的に「このようになっているのでこうできる」という知識がないと安心できない。一般的に女性は「こうやればこうできる。理由はどうでもいい」のではなかろうか。仕事をしていたころにそれを悟っていればよかった(かな)。

 懸案のテレビのことは、どうも使い方が間違っていたらしい。釦を押す順序を正しく、「釦を軽く押して」を強く押すで問題なさそう。

…………………………

10.22追記
 このパソコンを検索してみると、音が静かであることを強調している人が多い。
 しかし、わたしは冷却の風切り音が大きくて困っている。店頭ではまわりがうるさいので気がつかなかった。
 冷暖房の音や雨風の音がしているときは消されてしまうが、静かなときにこうして文字入力をしていると、音が気になってくる。おそらくこれでも静かな機種なのであろう。そばにもう一台タワー型のXP機がある。XP機も音が気になっていたが、このパソコンと比べると無音に等しい。XP機は本体とモニターは別れているので、それだけ音源が遠くなるし、本来の音も静か。
 その風切り音だが、5〜10秒程度で、静かになったり音がしたりを繰り返している。だから逆にいらつく。XP機は音が小さくほとんど変わらないので、音が消えてしまうのだ。
 このパソコンは、スピーカーの音がいいのがウリだ。しかし、この風切り音ではそれも空しい。DVDドラマやテレビを見ているときは、あまり気にならないので、一般的基準では静かなんだろう。
 OSをHomeからProにアップしてXP機のソフトを集約しようとしたが、そんなわけでXP機を処分しづらくなってきた。二台あればそれなりに使い道はあるので、XP機が使えなくなるまで使う気になっている。
 インターネットが速いのに驚く。そればかりでなくすべてに反応が早い。だから中心になるのはこちらになる。

…………………………
2012.3.27追記

 一応NECに送り冷却ファンを調べてもらったが、この程度では通常の音量だと言われた。それでも念のためと冷却ファンを交換してくれた。
 そして返ってきたら、音はほとんどしない。部屋の中は冷暖房と空気清浄機が動いているので、ある程度の雑音がある。だから冷却ファンの音は消されてしまう。また、寒くなったので、冷却ファンの回転が弱くなって聞こえないのかも知れない。今年の夏になってどうなるか。

 今年になって、光回線をファミリータイプからマンションタイプに変更してもらった。1年前にも話はあったのだが、工事費がかかると言われた。三万七千円だったかな。それで保留にしていた。今年は無料になった。室内配線は済んでいて、屋外配線を変えるだけなので、工事はあっという間に済んだ。屋内配線をしたときとは雲泥の差。
 ただし、インターネットに繋げるのは自分でやらなければならない。これが説明書とは全く異なる。説明書は「案内に従って…」、というのだが、CDを入れても案内書のような説明が出てこない。エクスプローラーを開けて、自分でそれらしきファイルを探し出し開いて操作。いろいろな場合に備えて複数のやり方があるのだろう。繋がるまで2時間ほどかかってしまった。
 新しいルーターには雷対策が着いた。万一雷で切れてもパソコンには影響ないはず。もっとも光回線にしてから4年になるが、一度も切れたことがない。

 最後に、アドビのCSがインストールできないので、「Corel Paint Shop Pro Photo X2」で写真の処理をした。使ってみるとかなり使いやすい。CSより色が華やかになる。ネット画像向けか。CSは7年も前であり、今ではバージョンアップされてCS5.5になっており、使いかっても違うであろう。切り替えの時期と思い「Corel Paint Shop Pro Photo X2」に写真処理を委ねることにする。
 古いパソコン(XP)はそれなりに使い道があって処分できない。
 特にイラストレーターをいろいろ使いたい。

 この話はこれで終わりにします。
posted by たくせん(謫仙) at 07:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パソコンを替えるといろいろと大変ですね。
それも楽しみかもしれませんね。

快適な環境でなりそうで楽しみですね。

我が家は6年目・・・
もう5年使うつもりなのですが・・・
年々、動作が遅くなるような。
5年我慢できるか・・・(笑)
Posted by オコジョ at 2011年07月02日 20:19
オコジョさん
なんか不思議なんですが、年々動作が遅くなるような気がしますね。(^_^)。
新機能がつくと、それをこなすために時間を食っているようです。
わたしもテレビのことがなければもう五年は使うつもりでした。結局ワープロ用として使うことになりました。
写真処理も、新しい使い方に慣れるまで相当時間がかかりそうです。
マウスもキーボードも新しいのはデザインはいいのですが、使いにくいので買い換えたい。
いろいろありますね。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年07月03日 10:41
Windows7のHomeにはありませんがPro以上のエディションでは、XP以前のソフトをWindows7で動かせるようにする「XPモード」という機能があります。
Chinese Writer9については、メーカーのサイトで64bit用の修正モジュールが出ていますのでインストールすれば問題なく使用できます。
テレビのF型コネクターは、ネジ型だとはずれにくく接触不良を起こさない利点があります。
Posted by 八雲慶次郎 at 2011年07月04日 19:17
八雲さん
わたしのWindows7はHomeなので、xpモードはできませんが、修正モジュールがあるなら明日試してみましょう。
そうなると、問題はアドビCSだけになります。
もっともフォトショップはなくても代わりがあるし、イラストレーターはフリーがあるので、ほとんど移行完了で、XPが要らなくなります。(^。^))。もったいないけどスペースの問題があるので、処分ということになります。
とにかく明日(^_^)。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年07月05日 21:20
うちはAdobeのPhotoshop6.0を入れていますが、ほぼ問題なく使用できます。
Adobeのは対応すると明記されていなくても、64bitでも普通に動くものが多いようですが環境によって差異がかなりあるので一度ためしてみることをおすすめします。

http://www15.atwiki.jp/win7/pages/30.html
http://w7.vector.jp/
↑でいろいろなソフトの動作報告が載っていますので、お手持ちのソフトを調べてみてください。
使えるものは使わないともったいないですからね。
Posted by 八雲慶次郎 at 2011年07月05日 22:43
cw9は動きました。それで、一太郎も載せました。これは組ですから、片方だけでは、効果が半減しますので。古いパソコンからはアンインストールするよう要求がきたら、そうせざるを得ませんね(^_^)。
さて、問題のアドビcs、これがくせ者(^。^))。アップグレート版なので、その前のHSを求めてきます。そのCDを入れても認識してくれません。
こちらはサポートに問い合わせと思っていますがどうなりますか。
その他はこれと言ったソフトはないので、問題は一つだけになりました。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年07月06日 15:10
>32bit機では最大4Gで、そのうち約1Gはwindowsが使ってしまう。
正しくはOSが3G以上を認識しないということで、残りをグラフィックのメモリとして使うなどをしなければ約1Gはどこにも使われないままということになります。

>寿命が短いため、できる限り読み書きはしないようにする。
SSDはまだ出来てから日が浅い為、寿命というのが実使用では想像でしかありません。
しかし、初期製品ならともかく現在市場に出ているSSDは、メーカーで5年保証がついているものも多く10年というところもあります。これはHDDと同じかそれ以上のものです。
HDDに比べて物理的な故障がほぼ無いこともありますが、ウェアレベリングという書き換えを分散させて寿命を延ばす機能が今のSSDには付いているからです。
またSSDは容量が多いほど寿命が長くなり、128GB以上になるとまずPCそのものの寿命よりはるかに長持ちするでしょう。32GB以上でも普通に使ってもHDDと同じくらいは持つと思われます。

またWin7では、最初からほぼデフラグが必要がないように記憶されるようになっているため、HDDでも余程のことがない限りデフラグはしないほうがよいです。
Posted by 八雲慶次郎 at 2011年08月27日 11:01
八雲さん
SSDについては、「寿命は短いとはいえ、デフラグなどしなければ普通に使っていて、問題はありません」と言われました。データー類はすべてD(HDD)を使うようになっています。だから、実際には気にすることはありませんよ。と。
まだデフラグはしたことはありませんが、XPでもデフラグは数回しかしていないので、HDDでもデフラグの必要性が小さいなら、もうそのことは考えることはなくなりますね。万一のHDの交換程度かな(^。^))。
Cは見てみたら60Gで、すでに51Gを使ってしまっています。けっこう使っています。

32bit機ではOSが3Gしか認識しない。やはり64bit機でよかったのかな。
まだまだ知らないことがいっぱい。奥が深いものですねえ。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年08月28日 13:00
実はPCのファンというのは当たり外れが多いパーツです。同じ製品でも、買った最初から音が大きいものや、しばらくすると劣化で音が大きくなるものもあります。

また音が大きくなったり小さくなったりというのは、CPUの温度上昇によりファン回転数が変わる為です。
ただこのPCは水冷式で全体をひとつのファンで冷却する特殊なタイプなので、全体的に温度が上がるとファンの回転数が上がります。
そして、普段使っている時の温度が、ちょうどファンの回転数が変化する基準付近のため気になってしまうのでしょう。残念ながら温度の基準をこのPCではいじれないようです。
これから寒くなると音は大きくならなくなる可能性は大きいです。夏場はPCが排熱しやすいようにする必要がありそうですね。
もし必要以上に音が大きいと感じるようでしたら、ファンの異常の可能性もありますのでメーカーに問い合わせるのをお勧めします。
Posted by 八雲慶次郎 at 2011年10月22日 11:47
今日の調子はずっと音が続いている。昨日より気温が高いのかな。
今まで気にならなかったのに、最近気になり出しました。冷房の音がなくなったためか、音が大きくなったのか。
今も雨かと思って窓を開けてみたら降っていない。パソコンの音でした。
そのうちメーカーに問い合わせてみましょう。
いま大幇会のあとに九州を旅行する予定でいます。帰ってきて落ち着いたらすることにします。
自分で箱を開けて様子を見ることもできないようです。これは自分で組み立てたパソコンをいじる感覚ですね。全部任してしまった方がよさそうです。
Posted by たくせん(謫仙) at 2011年10月23日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック