2011年12月30日

阿蘇山(後)

熊本 阿蘇山(後)
 バスに乗り、草千里阿蘇火山博物館前まで行く。

PB074543.JPG
 地図でも判るように道はヘアピンカーブのように回り込んで、博物館の裏側を通る。そこは高く、展望台になっている。
 まずは博物館を見学し、昼食。

PB074562.JPG
 博物館の前は牧場であり、柵の間から自由に入ることができる。短い距離であるが、馬に乗ることができる。

PB074565.JPG
 展望台に行く。博物館の前は駐車場であり、その向こうに阿蘇の中央火山が見える。

PB074567.JPG
 牧場には二つの池がある。手前に小さく一周する馬道がある。

PB074568.JPG
 あちこちに観光客がいる。わたしも池の脇の高みまで行った。

PB074569.JPG
 噴煙は見る度に形が変わっている。

PB074571.JPG
 こちらの池には観光客がいない。

PB074573.JPG
 展望台から見た池の反対側。これも形の整った小さな火山。山を真っ二つにするような真っ直ぐな線があるが、この写真では判らない。牧場の境目だ。そして向こうの低いところが、阿蘇の街かな。その向こうが外輪山。

PB074572.JPG
 上の写真の右の方、ヘアピンカーブの反対側。

PB074575.JPG
 外輪山が途切れるあたり、熊本から来た電車はここを通るだろう。

PB074582.JPG
 展望台をおり、牧場へと入る。
 博物館や土産物屋が並ぶ。左の方が先ほどまでいた展望台。

PB074578.JPG
 池の向こうには火口から噴煙が上がっている。

PB074581.JPG
 火口とは反対側の池。

 火口が覗けず残念だったが、ここにいても仕方ないので、戻ることにした。

PB074585.JPG
 バス停留所
 日本語・韓国語・英語・中国語。通るバスは少ない。
 中国語の巴士(ba1 shi4)はバスのこと(南方語、普通話なら公共汽車だが今でも言うのかな)。
 二つ並んでいるが、あちこちに簡体字と繁体字の二種で説明などが書いてある。ただここではどちらも同じなので、二つ並んだ。同じなら一つでいいと思うが。
 バスは2時13分ごろ出た。降りた人はいたが、乗ったのはわたし一人。バス一台を借り切りになってしまった。阿蘇駅に着いたとき、ちょうど熊本方面行きが停まっていて、14:43発、すぐに出てしまう。間に合わなかった。
 1時間後の15:47の特急に乗ろうとしたが、これはこの日は運転なし。駅で1時間半待つ。14:13の肥後大津行きに乗ることになった。
 駅前の土産物屋を見る。文字通りの土産の物。とりたての野菜などが多い。饅頭を食べたりして時を過ごす。熊本に着いたのは6時近い。
posted by たくせん(謫仙) at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阿蘇は一度は行って見たい場所です。
こちらの浅間山とは同じ活火山でも感じが違いますね。
噴火口あたりは割りと可愛らしい感じがします。
カルデラの中に池や牧場とスケールの大きさを感じました。
楽しませていただきました。

今は車で、バスに一人などということが多くなりました。
いつも申し訳ないような気がします。
もっと使わないと、本数が減り、やがて廃止・・・

今年も、あとわずか、素敵な記事をたくさんありがとうございました。

良いお年を、そして、来る年が佳き年でありますように・・・
Posted by オコジョ at 2011年12月31日 14:12
阿蘇山の場合、噴煙が上がっていても爆発するようなことはないのでしょう。
外輪山の内側に市があり、安定していますから。
この牧場もカルデラというより中腹のイメージですね。
観光客も、バスを連ねた団体や、自家用車が多く、路線バスは客が少ないですね。登る時は三十人ほどいたかしら。下りはひとり。時間にもよります。
廃止になると、わたしには行けなくなります。

今年もよろしくお願いします。

元旦
Posted by たくせん(謫仙) at 2012年01月01日 07:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243358446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック