2012年03月06日

釜石

岩手 釜石

 2001年夏、釜石はいろいろ写真を撮ったような記憶があるのだが、僅か十コマほどしかない。
 駅前が釜石製鉄所、高い屏に囲まれていて中は見えなかった。1989年に高炉は休止した。生産規模は小さくなっている。

01-8-3-01.jpg
 港はもちろん製鉄所の荷物が中心だっただろう。
 
01-8-3-02.jpg
 観光船はまゆりは双胴船。

 歩いて、鉄の博物館まで行く。暑い日だったので、距離の割に大変だった。それでいながら博物館の写真がない。博物館を出て、近くの観音像を見に行く。

01-8-3-07.jpg
 釜石大観音、わたしは「魚籃(ぎょらん)観音」と憶えていた。胸が膨らんでいるので女体なのか、抱いているのは魚。像の高さは48.5メートル。
 中に入った。どのあたりが展望台なのだろう。
「魚籃(ぎょらん)展望台」は海抜120メートル。
 当然だがお寺の境内。花の多い庭園があった記憶がある。

01-8-3-04.jpg
 眼下を見下ろす。

01-8-3-05.jpg
 釜石港と市街。
 この海辺の街は1年前3.11の津波で大被害を受けた。だが当時学校にいた三千人ほどの生徒は地震が収まると一斉に高台に向かって駆けだし、学校は壊滅したのに、一人の被害者も出なかった。 釜石の奇蹟 と言われている。
 度重なる津波の歴史から、何度も合同訓練をして常に備えていたので、避難できたのだ。
 ただ市民にはかなり(千人くらいか)の犠牲者が出ているので、無条件で褒めるのも問題ありそう。
 いまグーグルアースで見てみると、津波の跡が生々しい。陸に上がった船まである。

01-8-3-06.jpg
 海へはこのように開けている。
 
 釜石には宿泊した。大きな橋を渡り、商店街をかなり歩いて、高層のホテルに泊まった。
駅のすぐ山側にも大きなビルがあった。そこに行った記憶はあるのだが、何だったのか思い出せない。観光センターのような記憶。昼食に立ち寄っただけかな。
posted by たくせん(謫仙) at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は高崎の白衣観音にいってきました。
ここは白衣観音より高そうですね。
釈迦が観音に「善男子よ」と言ったという話もあり、
本来は男性のようですが、中国では女性と見るように
なったようですね。
観音菩薩はは変化観音と言われて色々な姿が形の像が
あるそうですから、女性であったり、男性であったり
するのかも知れませんね。

釜石は1年前の津波で大被害を受けていますね。
町は飲み込まれ、大きな被害を受けました。
一日も早い復興を願っています。
Posted by オコジョ at 2012年03月09日 11:32
オコジョさん
観音像はもともといろいろあったのに、さらにそこここで付け加えたので、わたしには観音の分類名なのか固有名なのか、わけが判らなくなっています。(^。^))
明日が津波からちょうど一年、まだ復興にはほど遠いようです。この像は安全を確認して、展望台まで登れるようになっています。
わたしたちはニュースで知るばかりですが、復興には時間がかかりそうですね。
Posted by 謫仙 at 2012年03月10日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255948677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック