2012年03月18日

北京故宮博物院展

HPから加筆訂正して転載

西部美術館 朝日新聞社   1982

     kokyuu1982.jpg
 比較的新しい明清時代の芸術品を中心にしている。
 日中国交正常化十周年記念の展覧会であった。このとき、国民党が台湾に持っていったものは、一部分であることを実感した。
 三希堂のこともこの時知った。この本の存在をすっかり忘れていたが、ことし(2012年)に開かれた「北京故宮博物院200選」で再び三希堂の説明があったので思いだした。品物は違っても内容は「北京故宮博物院200選」によく似た紹介である。
 九十年代に北京を旅行した。そのとき、故宮に行ったが、ここにあるような宝物をほとんど見ることができなかった。故宮そのものは素晴らしかった。その故宮の説明はすでに読んでいたことになる。十年以上たって忘れていた。
参考:北京故宮博物院200選
posted by たくせん(謫仙) at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258374502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック