2012年05月20日

洛神風雅

藤 水名子   朝日新聞社   1955.11

 発行されてもう16年にもなるのに知らなかった。
   rakusinfuga.jpg
 唐の終わりころの洛陽が舞台。稀代の大泥棒で盗跖公とあだ名される項郎とその相棒(ほうゆう)が、洛陽に来て狙うのは「洛妃の宝珠」。
 三国志の時代、魏の文帝曹丕の妻の甄夫人(洛妃)と曹丕の弟曹植の悲恋。そのとき、反乱を企てた曹植が、財宝を隠したという伝説があった。その手がかりは洛妃と曹植の悲恋が語られる「洛神の賦」。そして洛妃の宝珠が揃うと謎が解けるという。
 平凡な少女楊明珠は偶然に項郎と知り合い、項郎の宝探しについていく。
 その宝を狙っているのは他にもいる。楽天の玄孫という白睦蓮・白翠蓮、悪徳官僚李衡佶と彼と組む大商人の陶恭。
 さらに項郎を捕まえようとする恵武。李衡佶を仇と狙う金冲列は部外者だが、タイミング良く登場する。
 楊明珠を中心に話は進む。明珠は初め地獄に落とされるが、そこから逃げだし、幸せをつかむまで。わたしはこちらの方が印象に残った。
posted by たくせん(謫仙) at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270738085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック