2012年06月04日

もやしもん 続き

書庫−もやしもん の続きである。

もやしもん3
 1と2は前に紹介した。 もやしもん
 今回は本の紹介ではなく、中身の気になったこと。
 3の前半は各種の酒と発酵食品について。
 納豆のような発酵食品があちこちにある。一番臭いのはシュールストロミング、スエーデンのニシンの缶詰。テレビで見たことがある。
 一番ではないが、欧州のうじ入りチーズも。
 酒の消費について(この本は2006年発行)。ビールがダントツ。雑酒がそれに次ぐ。焼酎が酒(日本酒)を追い抜き、酒(日本酒)はさらに減って、リキュールに追い抜かれようとしている。
 この中に日本酒風味のリキュールが、日本酒として売られているという。合成酒(味付けアルコール)などだ。初めにこれを日本酒と思って飲んだ人は、日本酒とは不味いものだと思ってしまう。それで日本酒離れを起こす。
 日本酒離れの話は、もやしもんから離れるため稿をあらためる。

 後半は沖縄の泡盛と熟成について。
 熟成とは、長く保存していることによって、口当たりが良くなる現象。
 海中だと陸上の五倍の早さで熟成していく。微弱超音波を当てると百倍の速さで熟成していく。そんなことがあるんですねえ。

6ではフランスワインの蘊蓄。フランスでは格付けの基準が産地によって違う。ぶどう園によるか。葡萄の品種によるか。ブランドによるか。土地によるか。統一基準はない。
 葡萄は甘くて美味しいのに、それを酸っぱいワインにすることに抵抗を感じる葡萄園主がいる。(^_^)。

7では、醤油や味噌やみりんや酢などの話。これらも酒と同じような発酵食品だ。

8では、ビールの蘊蓄。単純な酒だと思っていたビールも案外奥が深い。恐れ入りました。
 煮た麦芽が糖化した発酵前の麦芽汁は甘い。それを発酵させホップを加えて苦いビールに変える。
 地ビールの意味は、本来その土地でできた、という意味。それが少量生産という意味になっている現実。

9では、食糧自給率の話。日本農業の危機だという説と、自給率が低くてどこが問題という説。家畜のエサまで輸入に頼っているが故に低い自給率。この本には書いてないが、日本の農業は石油に頼っているので、それも入れたらもっと低くなろう。農薬の話もある。
 それと食品廃棄。コンビニの弁当などの廃棄が問題になることが多いが、家庭の廃棄食糧はもっと多い。統計の元が判らないが、輸入三千万トンで廃棄が一千万トンとか。

10では、アメリカ情報。これはアメリカの食べ物の話で、菌類の話ではない。冷凍食品に頼り、家庭ではほとんど調理しない話は衝撃的。わたしがいかに情報不足かを認識させられた。
 それと知識不足なのかな。「太らない」というウリで砂糖の入っていない飲料を売り出すと、山のようなハンバーガーを食べて、太ったと抗議するひとたち。
 ルポ貧困大国アメリカ を思い出す。

 日本酒離れについては、話がずれるので次回。
posted by たくせん(謫仙) at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック