2014年11月04日

浅草寺の菊花展1

06.11.24 記

 浅草寺の境内で、毎年秋が深くなると菊花展が開かれる。11月の9日(1日だけではない)、暦の上ではもう冬だが、菊は旬である。
 九月九日、重陽の節句が菊を愛でる日で、中国では菊酒を飲み長寿を願った。日本では新暦の九月九日はまだ夏日。旧暦の九月九日になって明らかに秋だが、まだ菊の花には早いだろう。
     k-045.jpg
このように花を並べてあるため撮しにくいが、代表的な三種を撮ってみた。ご笑覧願います。
 株毎に○○壱等などという名入りの札がかかっている。

     k-049.jpg
     厚物
 大きく盛り上がるのがよいとされている。これにも変種というか、下の方が広がっているのがある。黄色だが、白も多い。
 
     kk-044.jpg
     管物
 園芸種の極みと思える。長い花びらは支えがないと形を保てない。太管・細管など、これは細管。

     k-053.jpg
     懸崖
 小菊を大量に咲かせ、形を整えた物。今回は見るほどのものはなかった。

    ????D????D??41.jpg
 これは2年前の浅草寺の菊花展での懸崖。

     k-059.jpg
 ちょっと離れたところに、庭園ふうにそろえている。意外に見る人は少ない。

     k-056.jpg
 五重塔、浅草で見たという証拠写真です(^。^))。
 この五重塔と本堂は地下で結ばれているが、地下道はどこを通っているかは秘密。
posted by たくせん(謫仙) at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 探花・探鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28164659
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック