2012年08月19日

比叡山延暦寺 続き

比叡山延暦寺 東塔

 西塔から来た入り口は裏口のようなもの。
 最初の建物は回廊、そこを横切る。右は朱に塗ったばかり、左はまだ工事中。

P8055031.JPG
 東塔エリアの東塔(昭和62年建立か)

P8055032.JPG
 東塔に並んで阿弥陀堂(昭和12年建立)

 石段を下りて根本中堂に向かう。山の中腹なのでいたるところに階段がある。
  
P8055038.JPG
 戒壇院

P8055039.JPG
 大講堂。前回きたときは、入り口から入ってすぐに国宝殿に入った。そしてこの戒壇院の前を通り、この大講堂に上がった。今回は素通り。

P8055040.JPG
 鐘楼。打っている人もいたが…。道の端にある。

P8055043.JPG
 鐘楼の裏(普通の参拝なら表側)に菩提樹。ここから石段を下る。
 下には小さな天満宮があり、牛の像も。

P8055048.JPG
 少し先を90度曲がって、また緩やかな石段を下る。この下の左側が国宝の根本中堂。
 中は暗く、気持ちが悪くなるほど抹香のにおいが強い。いわゆる千年の法灯が中心に点っている。

P8055050.JPG
 根本中堂の向かいは文殊堂、急な石段を登る。

P8055052.JPG
 文殊堂、親しみの持てる堂だ。

 来た道を戻り、戒壇院前から出口に向かう。駆け足の見学だったが、もう夕刻、国宝館には入れない。お寺の門の閉まる時刻だ。バスにのり、ガーデンミュージアム比叡の入り口まで。

P8055060.JPG
 ガーデンミュージアム比叡に入る。

P8055061.JPG
 いろいろな花が咲いているが、同時に模写絵(陶板画というのか)でも有名なところ。

P8055070.JPG
 このような絵があちこちにある。

P8055065.JPG
 睡蓮も多い。絵は…なかったような。

P8055068.JPG
 レストランで、琵琶湖を眺めながら軽食できる。
 わたしはコーヒーとパンを頼んだ。涼しいとは言っても比較の問題。暑いので部屋の中ですます。
 園を出ると、ケーブルで帰途につく。

P8055072.JPG
 京都北部が一望できる。
posted by たくせん(謫仙) at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
比叡山は、高校の修学旅行でバスで登りましたが、琵琶湖を見下ろしただけ・・・
延暦寺はまったく見ていません。
もっとも、高校生が見ても何を感じたかはわかりませんが・・・
境内広そうですね。
琵琶湖を見下ろすのも気持ちよさそうですね。
夏の京都は仕事で何度か行きましたが暑いですね。
祇園祭は別ですが、観光は春か秋なのでしょうね。

『愛宕山』のかわらけ投げ・・・
小判の飛んでいく姿を思い浮かべましたが、
比叡でなくて、愛宕山でしたね。
Posted by オコジョ at 2012年08月19日 11:41
オコジョさん
わたしたちの旅は、京都の空いている時を狙って(^_^)。
お盆になると混むのでその前にと。まあ先様も忙しいときはかまっていられないということになりそうで、暑さを我慢しての旅でした。
純粋に観光となると春か秋でしょうけど、それ以外にも魅力はありますよと言うことになりそうです。
修学旅行は、見なかったことにも判らなかったことも含めて、社会体験の場なんでしょうか。
延暦寺は建物が散っていて一カ所ではないことで、広く感じますね。正しくは細長いと言うべきなんでょう。次はいつになることでしょうか。
Posted by 謫仙 at 2012年08月19日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287295558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック