2012年10月23日

保津峡下り

 乗船を待つ間にかけうどんを食べ、お茶と団子を買って舟に乗った。
 舟は三十人乗り。漕ぎ手が三人で乗客は二十七人。満員だった。思ったより大きな舟だった。

P8095363.JPG
 櫂の雫も花と散る。川幅は広く、なんの危険もない。
 わたしのまわりは十人ほど白人のグループ。

P8095366.JPG
 トロッコ電車の線路。
 まだ団子を食べる余裕がある。

P8095367.JPG
 先頭の青年は、進路を見据えて、流れに棹をさす。

P8095369.JPG
 この狭い急流を通る。
 今まで前を一切見ないで説明をしていた船頭も、櫂を休めて先を確認。
 一番前の席は、しぶきを被るため前に防水コートをかぶせることもある。

P8095370.JPG
 一頭のみ。

P8095372.JPG
 どこを通るのか心配になる(^_^)。

P8095376.JPG
 白鷺一羽、コサギかチュウサギであろう。


P8095378.JPG
 通る所があるのかと思える狭い急流。

P8095379.JPG
 こどもたちが上から飛び降りていた。

P8095382.JPG
 狭い水路が前方に見える。

P8095387.JPG
 これは鵜か。

P8095391.JPG
 千光寺の下あたりか。渡月橋も近い。

P8095392.JPG
 十六キロ、二時間の川下りであった。日本最長という。
 昔は荷物の移動に利用されていた水路である。
 この舟はトラックで、亀岡まで運ぶ。

野暮ながら、
トロッコ電車 600円
バス     300円
舟     3900円
合計    4800円

 京都旅行は今回で終わり。まだ陽の高いうちに東京行きの新幹線に乗った。
posted by たくせん(謫仙) at 10:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご心配をおかけしました。
こうなると中腰の姿勢はしたくありませんね〜怖いです。
仕事も復帰です、ま、ボチボチ頑張ります(^^)


日本最長な船下り、さすがに乗り出がありましたでしょうね!
やはりチョッとしたオヤツなど口にしながら揺られたい気分になりますよね〜お茶に和菓子イイデスね♪

そうそう、木に登っている動物は?熊ですか!?

紅葉の頃も格別でしょうね、でも水しぶきは冷たいかな。。
Posted by 千春 at 2012年10月23日 20:55
千春さんーーーー
とても千春さんのコメントとは思えない(^。^))
猿ですよ、尾が短いので日本猿ですね。紅葉のころ新緑のころ、それぞれに美しいところと思いました。その頃は混んでいて乗れるかどうか。

いやそれより、仕事ができるまでに回復してよかった。腰は時間がかかるというイメージがありましたから。
わたしもそれなりに身体が利かなくなっていますが、いまは、歩くことを心がけています。1日1万歩。今日は仕事の帰りに、一駅前で下りて歩きました。

Posted by 謫仙 at 2012年10月24日 20:22
ありゃりゃ〜お猿さんでしたか(笑)
熊だなんて、、そんな筈ありませんよね、どう考えてもね^_^;
スミマセン・・・。

1日1万歩、それは凄いですね。
出来る範囲で日々の努力はしなくてはいけませんね。

急性腰痛、再発が怖いですね〜前かがみの姿勢とか出来るだけ避けてボチボチ働くしかないです。。なるべく楽しながら頑張れるようにガンバリマス!

いつもありがとうございます(^^)
Posted by 千春 at 2012年10月26日 00:03
千春さんなら
1日1万歩は軽いのでは。
ヒマワリまた咲きますよね。
Posted by 謫仙 at 2012年10月27日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック