2012年12月04日

小菅から堀切

カメラ散歩 小菅から堀切
 小菅駅は荒川のそばにある。駅のホームからみると目の前に小菅拘置所(正しくは「東京拘置所」で小菅は通称)がある。
 1948年に小菅拘置所ができたが、1971年に廃止して、巣鴨にあった東京拘置所をここに移した。今の姿は2006年に完成。
 
 駅を降りて右へ行けば荒川土手。左は少し歩くと小さな堀割がある。古隅田川の名残という。今では隅田川と古隅田川の間に大河荒川がある。江戸時代の河川工事によって、流れが大きく変わった。古隅田川に沿って歩く。

P9245694.JPG
 振り返って突き当たりの左が小菅の駅。
 水路が古隅田川で、柵の中が東京拘置所。
    
P9245693.JPG
 昔は大河であったという、その面影もない古隅田川沿いのテラス状の道を歩く。
 遠く空中に高速道路がある。

P9245695.JPG
 こんな所にも拘置所ならではの囲い。

P9245696.JPG
 新しい橋ができていた。グーグル地図にはまた載っていない。

P9245697.JPG
 高速道路の下は綾瀬川、この橋を渡り、初めての道を歩く。

P9245698.JPG
 気になる店が。この後知らない道に入ってどこを通ったのか判らない。

P9245699.JPG
 荒川の土手にたどりつく。途中で綾瀬川を渡ってかなり戻った。東京拘置所を4分の3周した。

P9245700.JPG
 荒川土手からは東京スカイツリーが目立つ。

P9245704.JPG
 小菅水再生センター。屋上庭園には人影がない。

P9245708.JPG
 堀切橋の下を通り、この土手を上って、橋の上に出た。

P9245707.JPG
 堀切橋を渡る。

P9245711.JPG
 荒川沿いの道を歩いて、右はスカイツリーラインの堀切駅。歩道橋の下は鉄道と川があり、川の向こう側に出る。

P9245712.JPG
 右は川で、隅田川の方向に歩く。川は昔の綾瀬川というが短く、水門で荒川に通じる。綾瀬川は荒川の向こう側。
 コンクリートの堤防が続き、隅田川は見えない。東白鬚公園をとおり浅草に向かう。
posted by たくせん(謫仙) at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 山房筆記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック