2012年12月09日

大勝のあと

 いつも負けた話ばかりなので勝った話もしてみます。
 インターネット碁「幽玄の間」での対局、わたしの黒です。
 巨大魚を仕留めました。数えたら160目勝ちでしょう。
12.11.27go.jpg

 もちろん相手が足りないので無理をしたからであって、逆の体験もあります。久しぶりでした。痛快ではありますが、それは一瞬のこと。

 その前の別な人との対局でも大勝しました。
12.11.27go-2.jpg

 数えれば90目勝ちでしょう。ここで相手は5分も考えるので「終局にしませんか」と持ちかけたのですが、そのまま3分後に秒を数えて時間切れ勝ち。
 悔しいのは判りますが、常に勝敗のあることなので、一呼吸おいて、気を静めて投了することも大切です。
 こういう勝ち方で連勝すると、このあと「またも負けたか八連敗」になりそう。
 実際2連敗をしたところで、パソコンを切りました。翌日さらに4連敗。
 奈落の底へ落ちるのかと思いましたが、なんとか3日目に踏みとどまって、降級せずに済みました。

12月5日の朝日新聞天声人語で言っていた。
 勝ち負けにも、程度に応じて大中小がある。ワーテルローの戦いでナポレオンを退けた英軍の指揮官によれば、大敗の次に恐るべきは「中敗」ではなく、大勝だという。兵士らは望外の戦果に狂喜、陶酔、慢心し、戦いの目的までを忘れかねない… 
posted by たくせん(謫仙) at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305966848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック