2007年03月06日

訃報・愚戦・名人戦

06年記、月日不明

 Cさんの訃報が届いた。
 Cさんはわたしより十歳ほど上であった。わたしが千寿会に入ったころ、Cさんも千寿会に入った。棋力はほとんど同じ、棋風もよく似ていた。そのため千寿先生も指導碁の解説をするとき、勘違いしたことがある。棋風が似ているので、そのままわたしにも当てはまるのだ。
安倍吉輝九段がスイス青年のD君を巣鴨の本妙寺に案内してくれたとき、わたしと亜QさんとCさんも、一緒に行った。
(本妙寺 本因坊家の墓)
いまは冥福を祈るのみ。合掌。

 さて指導碁のあとMパパと対局。二子を置く。パパといっても大学を卒業したばかりの青年。
     06.10.14.jpg
 黒4は当然ハネだが、なぜか急に図の黒4がいい手に思えた。悪魔の誘惑だ。あとは地獄へ一直線。2目とられ、後手をひき、ここですでに二子の有利さが消えている。これからの勝負とはいえ、もともと三子の棋力差があるのだ。ここで勝負がついてしまった。
 この後は打ってみたにすぎない。m(__)m。

 水間さんと小林健二さんが名人戦の解説。
     06.10.14-2.jpg
右の数字のない黒石、69手目を打ったところ。
その前の白68で、これでは一団の白が生きていないから、苦労したので、1路右に打ったらどうか。という質問が出た。
 水間さんは「それは立派な手です。普通はそう打ちますが、実戦では打ちにくい。こう白68と打ちたくなります」と言い、健二さんも賛同した。
 これが半目を争うプロの感覚らしい。すんなり生きたら1目得。この時点で明らかに1目損な手は打ちにくい。
 白38がこの碁の岐路になるらしく、いろいろ意見が出たが、この説明はわたしの手に余る。
posted by たくせん(謫仙) at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 千寿会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34786370
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック