2013年03月23日

月とにほんご

月(ゆえ)とにほんご

   yuenihongo.jpg
井上純一   2013.2
 中国嫁日記の続きのようなものである。月(ゆえ)が日本に来たころ、純一と月は池袋に住んでいた。しばらくして月(ゆえ)は日暮里にある日本語学校に行くことにする。そのときの、戸惑いや教室内のドタバタなどの話だ。カバーの裏には

ジンサン
「〜するものだ」と
「〜することだ」は
どう違いマスカ?


とある。
 このように、日本人なら考えることもなく使いこなしている差を、月が素朴な疑問にして問いかける。
 その問いに国語学者の矢澤教授が丁寧に答えている。
 国語学とは、言葉がどう使われているかを考える学問であって、正誤を考えるのではない、と言う意味の言葉がある。
 それで「一万円からお預かりします」。この「から」の使い方は、おかしな使い方であるので、違和感から「一万円」を強調する効果があるとか。
 もっとも、これが正しいと思っている人には効果はなくなることになる。
 ひらがなカタカナは片方だけにしてください、と言う意見が外国人に多いとか。
 この楽しい学校生活も3月11日を以て終わりとなる。

 わたしは、よく「◯◯◯、その言葉の使い方は間違っている」と言ってしまう。しかし、一部の人はそう使っていてそれで意味が通るので、間違っていると断定するのは考えねばならない。その一部が、一千万人か十万人か千人かは知らないが。
 もちろん、マスコミがそのような少数派、例えば千人しか通じない言葉を使ってはいけない(いや、いけなくはないが売れない)。
 そんなふうにして、考えさせる本だった。

参考 中国嫁日記

わたしがベストセラーを紹介するのは初めてかな。
posted by たくせん(謫仙) at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/350309745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック